SUSEサポートサブスクリプションと購入方法

SUSEサポートサブスクリプションは、お客様が最も必要とされるもの、つまり世界初のLinuxおよびオープンソースサポートプロバイダーが提供する、受賞歴を誇るテクニカルサポートをお届けします。Linuxおよびオープンソースの最古参のエキスパートとして、お客様のニーズに対応する複数のサブスクリプションレベルを用意しています。

SUSEサブスクリプションの内容は、以下のとおりです。

セキュリティの強化:SUSEではセキュリティパッチを平均して毎月9回ほどリリースしており、年間では100回以上に及びます。これによりセキュリティ上の脆弱性を未然に回避し、リスクを軽減できます。

セキュリティの強化:SUSEでは、平均的な製品ラインについてセキュリティパッチを毎月9回ほどリリースしており、年間では100回以上に及びます。これによりセキュリティ上の脆弱性を未然に回避し、リスクを軽減できます。

豊富な機能へのアクセス:安定性の向上、新機能の追加、既存機能の強化を可能にするアップデートとサービスパックのアップグレードをご利用いただけます。

豊富な機能へのアクセス:安定性の向上、新機能の追加、既存機能の強化を可能にするアップデートとアップグレードをご利用いただけます。

優れたサポートサービス:選択したサポートレベルに応じて最大365日24時間、専属サポートチームにアクセスできます。

サブスクリプションのコンプライアンス確約:エンドユーザーライセンス契約(EULA)の同意済みコンプライアンス条件、またはインストールされたSUSE製品またはサービスサブスクリプションの契約条件に矛盾するようなサブスクリプションのギャップを回避します。

コスト削減:高コストのライセンス料を支払う代わりに、必要なもの、つまりサポートを選んで購入できます。

信頼性:SUSE製品はご利用のハードウェアおよびアプリケーションとシームレスに運用できます。

長期のライフサイクル:サポート期間は10年間で、必要に応じて3年間延長できます(特定製品のみに適用)。

豊富なサブスクリプションオプションの中から、ニーズに最適なサービスレベルを選択できます。

SUSE CaaS PlatformのSUSE Priority Supportのメリットを受けるためのサブスクリプションは、1年間、3年間、または5年間からお選びいただけます。

SUSE Linux Enterprise Server Priority SupportサブスクリプションをCaaS Platformサブスクリプションに転換していただける場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

スタンダード
ソフトウェアのアップグレードとアップデート はい
テクニカルサポート 無制限
アクセス方法 チャット、電話、Web
対応時間 12x5
レスポンスタイム 2時間(重大度1)
4時間(重大度2)
翌営業日(重大度3)
翌営業日(重大度4)
Priority
ソフトウェアのアップグレードとアップデート はい
テクニカルサポート 無制限
アクセス方法 チャット、電話、Web
対応時間 24x7
レスポンスタイム 1時間(重大度1)
2時間(重大度2)
4時間(重大度3)
翌営業日(重大度4)

SUSEサブスクリプションの購入場所は?

直接SUSEに問い合わせる場合

チャットウィンドウをご利用いただくか、お電話によるお問い合わせをご利用ください。

ソリューション構築のためのSUSEパートナーをお探しの場合

パートナー検索機能で、パートナーのタイプ、場所、専門分野別に検索できます。

パブリッククラウドでのローンチ

ご希望のクラウドサービスプロバイダーをお選びください。

SUSEサブスクリプションの更新が必要な場合

サブスクリプションの更新は、以前にご利用いただいた購入ルートからの再注文が最もシンプルです。ただし、ニーズに応じて別のパートナーまたはデリバリールートを自由にお選びいただけます。

サブスクリプション購入後:

SUSEは即日デリバリーに対応しています。ご注文の請求処理後、更新されたサブスクリプションが提供され、サポートが継続されます。ただし、パートナー経由でご注文の場合、パートナー側でご注文を処理するため、時間を要する場合があります。このため、時間に余裕をもってご注文ください。

サブスクリプションキーは自動的に延長されます。サブスクリプションの再インストールは不要です。

SUSEサブスクリプションの管理、SUSEサポートまたはナレッジベースへのアクセスが必要な場合

サポートおよびナレッジベースへのアクセスを取得するSUSEカスタマーセンターでSUSEサブスクリプションを管理する

ここからログイン