記事

プライベートクラウドの普及が進む理由とは?

今すぐお読みください

記事

飛躍を遂げる前に:
プライベートクラウドを導入する前に考慮すべきこと

詳細はこちら

ホワイトペーパー

LinuxとOpenStack: 仮想化とクラウドの最適なパートナー

詳細情報

記事

プライベートクラウドへの移行にはストレスがつき物という俗説

詳細はこちら

ビジネスは変化し続けている

あらゆるものがスピードアップしている現在、ビジネスもそのスピードに追随しなければなりません。目まぐるしい変化に対応するのは容易ではありませんが、そこから無視できないビジネスチャンスが生まれます。

課題に対処し、チャンスを最大限活用するにはどうすればいいのでしょうか?

その答えが、OpenStackプライベートクラウドです。このプライベートクラウドはデータセンターにIaaS (Infrastructure-as-a-Service)をもたらし、アプリケーションやワークロードを実行するためのITリソースの自動プールへのアクセスを可能にします。また、新たな需要にすばやく容易に対応できる柔軟性ももたらし、開発やイノベーションを促進するための理想的なプラットフォームとして、コストの管理と削減に貢献します。

ストレスフリーのクラウドエクスペリエンス
信頼性が高く、本番環境に対応
最高の価値をもたらすプライベートクラウド
ストレスフリーのクラウドエクスペリエンス

価値を実現する時間の短縮

ほとんどの企業は、独自のOpenStackプライベートクラウドを構築して維持するのは複雑で時間がかかると考えています。設計サイクルが速くなり、OpenStackコードの新たなリリースが定期的に公開される中、お客様は複雑で混乱を招くアップグレードにも対処しなければなりません。

導入、維持、管理が最も速く最も簡単なOpenStackソリューションであるSUSE OpenStack Cloudは、プライベートクラウドの導入に伴うストレスを排除し、ビジネスメリットを迅速に現実化します。

65%の企業が、OpenStackクラウドの導入を困難な作業だと感じています。

出典: Dynamic Markets、「Private Cloud Research 2015」

信頼性が高く、本番環境に対応

ダウンタイムは許されない

今日の24時間365日の環境では、サービスの機能停止はビジネスの広範囲に影響を及ぼします。成熟し、堅牢で、信頼性の高いITインフラが必要です。世界で最も大きな成功を収めているグローバル企業の多くは、OpenStackクラウドをビジネスクリティカルなワークロードのプラットフォームとして信頼しています。

SUSEは、ビジネスクリティカルな環境に対応する高品質で堅牢なオープンソースソフトウェアソリューションを20年以上にわたって提供してきた経験があります。

SUSE OpenStack Cloudは、計画外のダウンタイムを回避し、ビジネスが必要とする重要なリソースに常にアクセスできる体制を確保します。

幅広いハードウェア認証や最高の相互運用性とともに、あらゆる分野を網羅したアプリケーションサポートもご用意しています。

91%のシニアITプロフェッショナルが、プライベートクラウドによってデータセキュリティ問題を簡素化できると期待しています。66%の企業が、OpenStack Private Cloudへの移行を検討しています。

出典: Dynamic Markets、「Private Cloud Research 2015」

最高の価値をもたらすプライベートクラウド

IT予算を最大限活用する

商用のプライベートクラウドソリューションとは異なり、OpenStackはオープンソースのソフトウェアコードで構築されています。つまり、ベンダーの囲い込みを回避できるので、最適なパートナーを自由に選択できます。また、コストを管理し、最高の価値をもたらすソリューションを利用できます。

SUSE OpenStack Cloudは、Bring Your Own Hypervisor (BYOH)に対応しています。このBYOHは、KVM、XEN、Microsoft Hyper-V、VMware vSphereなど、最も幅広いハイパーバイザサポートを提供することで実現しています。仮想化された既存のワークロードやインフラをプライベートクラウドに組み込むことで投資を保護し、新たなクラウドベースのアプリケーション開発によってビジネスイノベーションを加速できます。

出典: Dynamic Markets、「Private Cloud Research 2015」

IaaSソリューションオブザイヤー
オランダITチャネル賞