Share with friends and colleagues on social media

Wipro社は、SUSE Cloud Application PlatformとAmazon EKSを使用して、お客様のアプリケーションデリバリーに対する課題を解決しました。

この興味深いケーススタディをこのたび公開しました。

WiPro社の顧客には、アプリケーション開発とデリバリープロセスのモダナイズを検討しているFortune 500の小売企業が存在しています。このようなお客様は、従来型のインフラストラクチャ、アプリケーション開発サイクルの遅延、カスタマーエクスペリエンスを大規模にカスタマイズできないという課題に直面していました。WiPro社はSUSEおよびAWSと協力して、よりスケーラブル、アジャイル、そしてシームレスに運用できる小売顧客向けの新しいプラットフォームを構築しました。デプロイメントの時間は最大40%削減され、デプロイメント数は全体で30%増加させることができました。さらに、自動化によって、アプリケーションのリリースのパイプラインを最大40%まで向上させることが可能になりました。また、サービスごとのリソースの使用率が約30%近く向上したことにより、コスト削減に大きく寄与しました。

Wipro社は、SUSE Cloud Application Platformを活用したデジタルトランスフォーメーションサービスをお客様に提供できるようになりました。マイクロサービスとコンテナを活用した、拡張性と高い自己修復性を備えたモジュール型アプリケーションと組み合わせることにより、お客様にクラウド環境の素晴らしい価値をご認識いただくことが可能になりました。これにより、ITリソースを追加することなく、よりスピーディかつカスタマイズ性に優れたアプリケーションのデリバリーを実現しました。

ケーススタディの全文はこちらをご覧ください。

 

このブログは How Wipro Modernizes Application Delivery for the retail industry with SUSE and AWS の抄訳です。

Share with friends and colleagues on social media
(Visited 1 times, 1 visits today)

Category: Cloud and as a Service Solutions, Cloud Computing, Containers as a Service, CSP, Partners, Software-defined Infrastructure, SUSE Cloud, SUSE Cloud Application Platform
This entry was posted 水曜日, 22 4月, 2020 at 7:11 am
You can follow any responses to this entry via RSS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No comments yet