クラウドとコンテナ化におけるデジタル・トラスト: セキュリティ環境の変化 | SUSE Communities

クラウドとコンテナ化におけるデジタル・トラスト: セキュリティ環境の変化

Share
Share

今日のデジタル環境では、信頼の重要性が重要視されています。多くの企業が従来のデータセンター・インフラからクラウドやコンテナ環境に移行するにつれ、デジタル・トラストは単なるバズワードではなく、絶対に必要なものとなっています。

デジタル・トラストの必要性

デジタル・トラストへの旅は、データセンターなどのレガシー環境からクラウドへの大幅なパラダイム・シフトから始まります。企業がコスト効率を達成するためにパブリッククラウドやプライベートクラウドに業務を移行する傾向が強まるにつれ、セキュリティの問題が重大な懸念事項として浮上してきます。

もはや、侵害が起こるかどうかではなく、いつ起こるかが焦点となっているのです。この認識により、インシデントレスポンスとリカバリーが重視されるようになりました。今日のデジタルの世界では、リスクを迅速に特定して軽減するだけでなく、顧客、パートナー、利害関係者とのデジタル・トラストに必要な事業継続性のレベルを維持するためにも、組織は業務に対する継続的な可視性を必要としています。

完全に管理された環境からパブリッククラウドへの移行は複雑です。魅力的なコスト効率にもかかわらず、企業はセキュリティパラメーターのオーナーシップと管理に関する問題に悩まされます。この変更に伴い、環境を継続的に可視化し、現在および将来の脅威を無効化するためにどのような緩和要因が必要かを理解する必要があります。

重要な課題の一つは、特にコンテナ化に関しては、セキュリティ対策が後回しにされがちであるという事実にあります。しかし、このシフトが避けられなくなるにつれて、関連するリスクを理解し、潜在的なセキュリティインシデントに対する計画を立てることが最優先事項となっています。

効果的な計画の重要性

顧客との会話で繰り返し話題になるのは、計画の重要性です。「計画を怠ることは失敗を計画することである」という格言は、デジタル・トラストとクラウドへの移行の文脈では特に当てはまります。潜在的な脆弱性を理解し、データを監視し、不審な活動に迅速に対応する能力を持つことは、すべてこの計画プロセスの重要な要素です。

重要なポイント

これらの洞察を振り返ると、3つの重要なポイントが見えてきます:

  • リスクを理解すること: 自社の環境に関連する特定のリスクを徹底的に理解することが不可欠である。コンテナ化は、費用対効果や効率的なアプリケーション開発という点では有益ですが、新たなセキュリティ上の課題をもたらします。強固なリスク管理を確実にするためには、環境内の潜在的な脆弱性をピンポイントで把握し、理解することが極めて重要です。
  • ネットワークの可視性: 継続的なネットワークの可視性を確保することは、単にデータを追跡するだけでなく、ネットワークの挙動をリアルタイムで監視することです。この監視は、潜在的な脅威を特定して緩和し、継続的なデータフローの中で環境のセキュリティと完全性を確保するために不可欠です。
  • 最悪の事態を想定した計画: 組織は不測の事態に備える必要があります。これらの計画は、軽微な侵害から重大なセキュリティ侵害まで、さまざまな潜在的インシデントに対処できる柔軟なものでなければなりません。詳細で包括的な計画を立てることで、被害を最小限に抑え、迅速な復旧を実現し、事業の継続性を維持することができます。これは、サイバー脅威が増加し、進化しているこの時代において極めて重要です。

NeuVectorソリューション

SUSEが提供するNeuVectorソリューションは、これらの課題に独自に対応します。このソリューションは、コンテナ環境におけるレイヤ7のライブトラフィックに基づく可視性を提供し、自動化された行動学習を採用して「良い行動」と見なされるものを識別し、ホワイトリストに登録します。その結果、このソリューションは、疑わしい、または悪意があると識別された動作をブロックまたは拒否することができる。要するに、リスク管理に必要なプロアクティブ・アプローチを提示しているのだ。

要約すると、クラウドとコンテナ化へのシフトをナビゲートするには、リスクを深く理解し、継続的にネットワークを可視化し、効果的な計画を立てる必要がある。これらの側面をマスターできる組織は、潜在的なリスクを軽減し、今日のビジネス環境で重要なDigital Trustの基盤を構築することができます。

SUSEのデジタル・トラストについては、こちらをご覧ください。

Share
Avatar photo
1,531 views