SES 7 と SUSEグローバルサービス

Share
Share

データがあなたが持っている最も価値のある商品であることは当たり前になってきています。結局のところ適切なデータを使用すれば、お客様の正確なニーズを満たすようにサービスを最適化することができ、競合他社に対して優位に立つことができます。データの増加率を考えて、Software Defined Storage (SDS) ソリューションに投資してみませんか。SDSは、ビジネスに優れた柔軟性、効率、およびより高速な拡張性を提供すると同時にコストを抑えて実現いたします。

SUSE Enterprise Storage 7 の発表

最近リリースした SUSE Enterprise Storage (SES) 7 により、SUSEはSDSソリューションを強化し、配信速度、耐久性、信頼性を向上させた、管理が簡単で機敏なコンテナ化されたストレージインフラストラクチャを企業へ提供します。 SES 7を導入することで、SUSEのお客様は技術革新を加速して、コストを削減しながら、独自のハードウェアロックインを軽減できます。また、SES 7は、広く利用可能な業界標準のハードウェアを用いて様々な用途で活用でき、柔軟性があり安定したソフトウェアデファインドストレージソリューションです。

以前のバージョンのサポート終了予定が近づいています

SES 7のリリースに伴い、SUSEは来年1月に SES 5.5のサポートを終了します。SES 5.5を使用している場合、どうすればよいか、いつどのように移行するか尋ねるお客様もいるかと思いますが、2つの点よりご安心ください。まず第一に、SES 7は、現在SES 5.5でサポートされてない機能や対応などはるかに上回る利点を提供し、第二に、SUSEグローバルサービスには、すみやかに移行できるように支援する技術チームがおります。具体的な利点についてご紹介しましょう。

SES 7 のメリット

SUSE Enterprise Storage 7のリリースにより、クラスタの展開や運用がこれまで以上にシンプルになりました。移行した方がよい理由は次のとおりです。

  • シンプルなクラスタ導入と管理 コミュニティのベストプラクティスに従って新しい導入プロセスを使用しています。新しいツールはDeepSeaに置き換わって運用管理を向上し、サイト間でクラスタ構成を簡単に複製してインストールできます
  • Rookを介したコンテナ化された導入 SUSE Con​​tainer as a Service Platform (CaaSP) 上にクラスタを構築できます。これにより、CaaSPクラスタと一緒にSESクラスタを利用および管理が行えます
  • WindowsでRBDに直接アクセスする機能 WindowsRBDサポートを介して実現します。ゲートウェイを作成せずにWindowsクライアントがブロックストレージにアクセスする必要がある場合に効果があります
  • シンプルで強化されたCephダッシュボード 直接監視することや管理機能を可能にします

SUSEサービスが支援します

検討する準備はできましたか?SUSEグローバルサービスが支援いたします。あなたのパートナーとして、私たちのチームはこの新しい拡張バージョンへの移行を実現します。

ディスカバリサービスセッションから始めましょう。このセッションでは、現在のアーキテクチャを確認し、ビジネスとITの目標について話し合います。次に、SES 7がビジネスに最適なメリットをもたらす方法について説明します。 SES 7に移行するための明確な技術的およびビジネス上の道筋があることを知って安心できるように、私たちはみなさんと協力して高レベルのロードマップを作成します。

たとえば、Windowsでブロックストレージを使用している場合、新しいRBDモデルに移行することでパフォーマンスが大幅に向上する方法について説明します。または、SES 7の新機能を最適に組み込んで、「Day 2」オペレーションで自動化の観点からSES 7のすべての機能を実際に活用する方法についてお話しすることもできます。現在 SES 5.5をどこで利用しているかに関わらず、SUSE ディスカバリサービスは次のことを行います。

  • ビジネス目標を確認する
  • ビジネスとITの目標を連携する
  • 求める結果を得るための高レベルのロードマップを提供する

Discoverセッションの後、SUSEコンサルティングは、残りの対応が必要な点と私たちがどのように支援できるかについて話し合うことができます。検討から設計、展開、最適化まで、SUSEと連携していただくことにより、自信を持って導入を進めることにつながります。

始める準備はできましたか?

SUSEサービスをお客様に提供することによって、安心した構築や導入を導きます。 SUSE Select ServicesSUSE Premium Support Services などの追加のサービスは、ソリューションを引き続き健全に保ち、パフォーマンスの高い環境を実現します。

SUSE Customer JourneyやSUSE Global Servicesについて詳しくは, www.suse.com/services をよりご覧になれます。

サービスメニュの対応など詳細は、SUSEまでお問い合わせください。

**このブログは Steve Becht の支援による投稿です**

このブログは SES 7 and SUSE Global Services: Perfect Pairing の抄訳です

Share
(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No comments yet

Michiko Nogi
217 views