Share with friends and colleagues on social media

コンテナテクノロジーを採用している、または採用を検討中ですか?コンテナベースのデプロイメントを管理するために必要な追加の管理機能について考えたことはありますか?

コンテナインフラの設定と管理のための新機能を備えたSUSE Manager 3.1により、コンテナおよびクラウドVM のコンプライアンスを確保し、システムやインフラのデプロイメントの可視性を向上できます。

  • コンテナインフラの設定と管理を単一のツールで行うため、DevOps の効率性向上と運用の最適化が実現。DevOps の継続的な統合/ 継続的なデプロイメントモデルをサポートしているため、IT 運用チームやDevOps チームが、デプロイ環境、テスト環境、本番環境全体でコンテナイメージ作成を自動化し管理できるだけでなく、SUSE Manager リポジトリに基づいてコンテナベースイメージを迅速に作成およびデリバリーできます。
  • 社内セキュリティポリシーに基づき、DevOps 環境全体のコンテナおよびクラウド仮想マシンで、強化されたプロファイル/ テンプレートへのコンプライアンスを確保。ハイブリッドクラウドおよびコンテナインフラにある開発環境、テスト環境、本番環境にデプロイしたワークロードが、社内のセキュリティ要件およびコンプライアンス要件に準拠していることを確認できます。
  • システムおよびインフラのデプロイメントについて可視性が向上し、IT アセットの簡素化と管理の改善が実現。IT システムとその関係性を視覚的に表示するグラフィックが向上したため、インフラの依存関係を詳細に把握して、簡素化を図ることができます。また、システムを細部まで確認できるようになったため、IT アセットの管理がさらに改善され、システムの状態やパッチの問題を迅速に特定および解決できます。

 

※この記事はContainers Adding Complexity? SUSE Manager 3.1 Can Help の抄訳です。


Share with friends and colleagues on social media

Category: Containers, Digital Transformation, IT Infrastructure Management, News, Server, SUSE Manager, Virtualization
This entry was posted 水曜日, 1 8月, 2018 at 4:40 am
You can follow any responses to this entry via RSS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No comments yet