ビジネスのスピードに対応したインフラ

市場やテクノロジーの要求によってデータセンターの限界が押し広げられていませんか?

コンピューティング、ストレージ、ネットワークリソースを各ソフトウェアアプリケーションのニーズに基づいて共有インフラから割り当てるSoftware-Definedインフラを導入すると、パラメータを定義してシステムに次のことを実行させることができます。

  • アプリケーションのパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性の要件に基づいて、リソースをプロビジョニングする
  • 要件の変化に基づいて、リソース割り当てを拡張または縮小する
  • パフォーマンス、可用性、コンプライアンスを維持する

ホワイトペーパー

Enabling Innovation in the Digital Economy

詳細情報

ホワイトペーパー

The Path to a Software-defined Data Center

詳細情報

Webinar

Starting to Build Your Software-defined Data Center

詳細はこちら
運用の機敏性を向上
イノベーションの予算を回収
リスクをコントロール
運用の機敏性を向上

ビジネスサービスの提供を迅速化

SUSEは1つの内部インフラを構築して、アプリケーションごとに固有の要件に基づいてリソースを素早くプロビジョニングできるようにするソリューションを提供します。このインフラは、物理および仮想システムの既存投資を活用し、多様なサプライヤのソリューションからの選択を可能にするほか、貴社のサービスの実装とライフサイクル管理の方法に適合します。

オープンソースソフトウェアはよりアジャイルなサービスデリバリーに向けた進化を牽引しており、SUSEはその着手を支援します。

イノベーションの予算を回収

使用率の最大化とコスト削減

SUSE Linux Enterpriseは、IntelとIBMの最新のテクノロジーをベースとしたサーバーでクロスプラットフォームをサポートします。

新しい資産だけでなくすべての資産のリソース使用率と生産性の両方を最大化し、アプリケーションを商用OSからアプリケーションに最適なプラットフォームに移行できます。SUSEと他のテクノロジーリーダーとのパートナーシップにより、商用ソリューションへの囲い込みを回避しながら、ソフトウェアアプリケーションを効率的に提供および管理できます。

SUSE Managerにより、コンプライアンス管理とアップデートに必要な時間と作業負荷を削減します。運用の効率化により、組織の成功を促進する次のソリューションへの投資により多くの予算を回せます。さらにIT部門が保守にかける時間と作業不可が削減され、より多くの時間をイノベーションに費やすことができます。

リスクをコントロール

業務の維持

SUSEはオープンソースコミュニティとパートナーと協力して、マルチプラットフォーム環境向けの実用的なベストオブブリードのソリューションを提供しています。

既存のシステムと共存するLinuxベースアプリケーションにエンタープライズ品質の信頼性と最適なパフォーマンスを提供することを専門とし、システムのダウンタイムが業務に与える影響が抑制されるようソリューションを拡張しています。