IDC社の調査ホワイトペーパー

SUSE Manager 3 Features Salt Configuration Automation (Saltの自動設定機能を搭載したSUSE Manager 3)

今すぐ読む

ホワイトペーパー

SUSE Managerをお勧めする5つの理由

今すぐ読む

成功事例

GESIS社、システムアップデート中のダウンタイムを83%削減

詳細情報

PDF

SUSE Managerでコンプライアンスを確保

詳細はこちら

ビデオ

SUSE Manager Introduction (SUSE Managerの概要)

視聴

インフラの維持がどんどん難しくなってきていませんか。

モノのインターネットとデジタル経済の発展により、クラウドなどの新しいITインフラや、コンテナなどの新しいテクノロジーを活用する機会を得るため、データセンターの迅速な変革が求められています。しかし、これらの新しいアーキテクチャやテクノロジーにより、ITインフラがますます複雑になり、管理と保守が困難になることも少なくありません。最新のForrester調査によると、IT予算の2/3~3/4が既存環境の維持のためだけに使われているとのことです。

こうした複雑な環境を簡素化していくためには、どうしたらよいでしょうか。多様なリソースの管理と保守という課題を抱えている企業は、どこに助けを求めるべきでしょうか。SUSE Managerがその答えです。

SUSE Managerは、Linux向けに設計された、Software-definedインフラにおける最高レベルのオープンソースITインフラ管理ソリューションです。企業のDevOpsチームやIT運用チームが複雑なITアセットを簡素化して制御できるように設計されており、一元管理された単一のソリューションを使用して、Linuxシステム、VM、コンテナを包括的に管理できます。

運用の最適化と
コストの削減
コンプライアンスを苦もなく実現
SUSE Managerで
運用の最適化と
コストの削減

重要なのは自動化

小規模なデータセンターであっても、サーバーのアップデート、パッチ適用、環境設定などの作業を手動で行っていたのでは、時間とコストがかかるばかりか、コスト増につながるようなミスが発生するリスクが高くなります。ビジネスの規模にかかわらず、ITにおけるこうした時間とコストの無駄を削減することが求められています。

SUSE Managerでは、Linuxサーバーのプロビジョニング、パッチ適用、環境設定の自動化によって次のことを実現できます。

  • 高速で一貫性のある反復可能なサーバーデプロイメント
  • 物理環境、仮想環境、およびクラウド環境全体にわたってLinuxサーバーを管理
  • DevOpsとIT運用の効率を向上
コンプライアンスを苦もなく実現

コンプライアンスについて誰もが知っておくべきこと

コンプライアンスとセキュリティの対応にお困りですか?SUSE Managerを使用すると、システム、VM、コンテナのモニタリング、トラッキング、監査、レポーティングを自動化して、社内のセキュリティポリシーや社外規制へのコンプライアンスを簡単に確保できます。実現できることは次のとおりです。

  • 環境設定と変更を自動でモニタリングおよびトラッキング
  • すべてのLinuxワークロードについてコンプライアンスを確保および開示
  • コンプライアンス違反のシステムを迅速に特定および修正することで、リスクを軽減して時間を短縮
SUSE Managerで

簡素化と制御を実現

現在のITインフラは、クラウドやコンテナなどの新しいテクノロジーやトレンドが活用するために変化し続けています。新しいトレンドにはメリットも多くありますが、ITインフラがますます複雑になり、管理と保守が困難になることも少なくありません。

SUSE Managerを使用すると、多様なハードウェアアーキテクチャ、ハイパーバイザ、クラウドプラットフォームにまたがるLinuxシステムを単一のツールで管理できます。結果的に、次のことを実現できます。

  • ネットワークに接続されたすべてのLinuxサーバー(場所を問わない)を単一のツールで管理し簡素化を図る
  • インフラのステータスやITシステムの関係性の表示を改善
  • ITアセットの管理を簡素化して制御を実現