Share with friends and colleagues on social media

数か月前に私はSUSEのCEOを辞任し、その結果SUSEを離れる決断をしました。 私はSUSEの仕事と従業員の皆様をとても深く愛しているため、この難しい決断は完全に個人的な理由によるものです。私はSUSE CEOから8月5日に正式に辞任します。

私の決断はSUSEにとって前向きな時期に行われました。独立したビジネスになるための道のりを終え、独立企業としての成功と成長を加速し続けるための確固たる基盤を築き始めています。

個人的には、これは私が私の人生にとって重要な事柄に自分自身を捧げるための時間ができたことを意味します。

SUSE事業は、2018年度に過去最高の売上を記録しました。 このめざましい成長は、SUSEチーム全体が大きな成果をもたらすために一致団結して取り組んだことによってのみ実現されました。 私は過去8年間で私たちがチームとして達成したことを非常に誇りに思っています、そして私はSUSEが今後すべての期待を上回って成長すると確信しています。 私は会社を離れてもSUSEを見守り続けるでしょう。私は会社の成長をいつまでも祈り続けます。

SUSEの将来を見据えて、CEOのバトンをメリッサ・ディドナートのような才能と実績のあるリーダーに渡せることに安堵しています。 メリッサは、SAPの最高執行責任者(COO)と最高収益責任者(CRO)として大きな成功を収め、ハイテク分野における成長、リーダーシップ、変革の卓越した実績を持っています。 SAPに入社する前は、Salesforceで上級管理職を歴任し、2018年デジタルマスターズ賞でコマーシャルマネジメントの優秀賞を受賞し、成長を続けるグローバル組織への貢献が認められました。

ここ8年間の継続的な成長は、SUSEが世界最大の独立系オープンソース企業になるまでの大きな冒険でした。 しかし、この卓越した成果は、SUSEの暖かさとフレンドリーな文化、そしてチームが協力したことで達成できたのです。 ありがとうございました!

 

(このブログはhttps://www.suse.com/c/the-first-of-many-goodbyes/の抄訳です。)

Share with friends and colleagues on social media

Category: Announcements, News, SUSE News
This entry was posted 火曜日, 30 7月, 2019 at 1:51 pm
You can follow any responses to this entry via RSS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No comments yet