選択は重要です。SUSEは選択肢を提供します。

Share
Share

企業の努力や革新は常にお客様の利益に繋がると考えがちですが、常にそうとは限りません。今まさに、エンタープライズ・オープンソース・ソフトウェアの世界がそれを見せようとしています。

オープンソースは、「広範で多様なコミュニティが共有の成果に対して共同で所有権を持つ」という原則が、常に最も迅速な革新方法であるという事を示しています。それはまた、アウトプットについても同様です。あなた自身が個人のアマチュアのコーダーであっても、またはFortune 500の企業のために解決策を探している場合でも、公平に、最適な選択をする自由があります。

 

 

しかし、カジノの賞金のように、現金化したいという強い誘惑に駆られる人もいるようです。利益を得て、その場から立ち去りたいのです。しかし、実世界は「勝者がすべてを手にする」場所ではありません。人類の進化の歴史にはそのような瞬間もありましたが、しかし大部分は互いに協力し、オープンな共同作業のもとで進化してきました。それがなければ、私たちは星に到達する事はおろか、海を渡る事すらできなかったでしょう。

しかし、私たちは現在、オープンの名の下で利益を得るか、相互に利益を得続けるか、の戦いの真っ只中にあります。それは一方は垂直統制であり、他方では信頼と価値に基づいてベンダーを選択する自由です。

これは綱引きです。ロープの一方では、ベンダーがお客様の選択肢を減らしています。デファクトスタンダードのプラットフォームがイノベーションを食い荒らし、透明性のない消費が行われ、商業的に決断を迫っています。

2024年、お客様は自分たちの選択範囲が狭まっていると感じているのは当然です。しかし、それに従う必要はありません。ロープの反対側では、イノベーションを追求する規模とリソースをもち、加えてエコシステムとオープンソースモデルがイノベーションの最大の原動力であるという信念を持ち続けているパートナーがあります。

今こそ、これまで以上に、選択できる権利のために立ち上がることが重要なのです。私たちは、選択できる事の重要性を再認識しています。

SUSEでは、世界が頼りにする多くのコードを構築しているだけでなく、新しいワークロードのためのモダンなソリューションをオープンな形で開発し続けられているという幸運に恵まれています。そして、SUSEはオープンな姿勢を維持することを選択しています。

コンソリデーションはオープンソースや顧客の選択の自由に対して正反対のものであり、顧客とベンダーの相互の利益を乱します。

重要なのは、オープンソースの開発モデルの根本的な真理は、「競合する企業が協力することもできる」、というものです。顧客が複数のベンダーから選択するという事に市場の流れが逆らうならば、それは後退です。私たちはオープンな倫理を信じています。最小のものが最大のものと共に働き、そして顧客はパートナーを選択し、移行する自由がある状態です。

オープンなコードが知的財産ではなく顧客価値で競争を推し進める、それがカスタマーファーストです。

選択できる事は重要であり、だから選択肢を提供するのです。それこそが、私たちが支持する倫理であり、それを誇りに思います。30年以上にわたり、SUSEのこのコミットメントは強固なものであり、今も実践しています。

SUSE Liberty LinuxでLinuxの自由を解放し、未来を自分の手でコントロールしましょう。

 

Share
(Visited 1 times, 1 visits today)
Avatar photo
1,086 views