CentOSからopenSUSEに移行すべき10の理由 | SUSE Communities

CentOSからopenSUSEに移行すべき10の理由

Share
Share

Migrate from CentOS to openSUSE

ワークロード用に信頼性が高く強力なLinuxディストリビューションを選択する場合、CentOSとopenSUSEはどちらも人気のある選択肢です。しかし、最近の CentOS プロジェクトにおける変更により、多くのユーザが別の選択肢を求めています。このブログ記事では、CentOSからopenSUSEへの移行が賢い選択である10の理由を考えてみます。

1. 安定性と信頼性

openSUSEは、その安定性で知られる、揺るぎないエンタープライズグレードのオペレーティングシステムです。SUSE Linux Enterprise(SLE)をベースにしたopenSUSE Leapリリースは、長期的なサポートもあり、安定した基盤を提供します。この信頼性は、中断のない運用を必要とするワークロードにとって極めて重要です。

openSUSE Leapに満足され、エンタープライズグレードのSLEへの移行を検討されていますか? パッケージをひとつインストールするだけで、openSUSE Leap環境がSUSE Linux Enterprise Serverに変換されます。

常に最新のものをお探しですか? ローリングリリースモデルをご希望の場合は、再インストールすることなくopenSUSE Tumbleweedに切り替えることができます。

2. openSUSEに対するSUSEの付加価値

openSUSEへの移行は、いくつかの重要な分野でSUSEの強みを活用できます:

ハードウェアの互換性: 同様に、SUSE Linux Enterpriseのユーザは、包括的なハードウェア認証の数々を利用できます。これにより、openSUSEのユーザは、他のコミュニティLinuxディストリビューションと比較して、よりハイレベルなハードウェアサポートをがあります。

  • 品質保証: openSUSEは、openQAの広範なテスト自動スイートに加えて、SUSEの厳格な内製のQAを継承しており、信頼性とパフォーマンスを実現します。

  • EAL4+認証: SUSE Linux Enterpriseの素晴らしいEAL4+セキュリティ認証実績は、openSUSEにも表れており、コミュニティLinuxディストリビューションの中でも最高のセキュリティ基準を満たしています。

  • ハードウェアの互換性: 同様に、SUSE Linux Enterpriseのユーザは、包括的なハードウェア認証の数々を利用できます。これにより、openSUSEのユーザは、他のコミュニティLinuxディストリビューションと比較して、よりハイレベルなハードウェアサポートをがあります。

  • クラウドとの統合: SUSEは、AWSAzureGCPなどの主要なクラウドプロバイダと提携しているため、openSUSEのクラウドへのシームレスな展開が容易です。

3.オープン・ビルド・サービス(OBS)

openSUSEのオープン・ビルド・サービスでは、さまざまなディストリビューション用のソフトウェアを作成してパッケージ化できます。OBSを使用すると、特定の要件に合わせたパッケージを簡単にカスタマイズしてビルドできます。この柔軟性により、ワークロード全体でソフトウェアの保守とデプロイが容易になります。

OBSはソフトウェア・パッケージだけに限らず、openSUSE Leap自体のカスタマイズ・バージョンの作成にも利用できます。これは、さまざまなアーキテクチャやプラットフォームをターゲットとした、カスタマイズされたディストリビューションを必要とする場合に特に便利です。

4. YaSTコントロールセンター

openSUSEのYaST(Yet another Setup Tool)コントロールセンターは、1996年(!)から提供されている、強力で使いやすいシステム管理ツールです。システム設定、ネットワーク設定、ソフトウェアのインストールなどを管理するための直感的なグラフィカル・インターフェースを提供します。YaSTは、ワークロードの管理を簡素化し、時間と労力を節約します。

5. Btrfsファイルシステム

openSUSEはBtrfsファイルシステムをサポートし、スナップショット、サブボリューム、RAIDサポートなどの高度な機能を提供します。これらの機能により、データの整合性が強化され、バックアップとリカバリが簡素化され、システム全体のパフォーマンスが向上します。

BtrfsをSnapperと組み合わせることで、システムの完全なロールバックが可能になり、強力な「タイムマシンのような」機能が提供されます。

6. トランザクションOSのサポート

openSUSE Leapは、インストール時にTransactional Serverシステムロールでインストールすることで、トランザクションモデルで動作するように設定することもできます。Transactional Serverロールは、システムをリモートから更新や管理をしなければならない環境向けに設計されています。これは、メンテナンスウィンドウを最小限に抑え、高可用性を確保したいシナリオで特に役立ちます。

7. コンテナと仮想化のサポート

openSUSEは、コンテナと仮想化を幅広くサポートしている点が特長です。コンテナ化にはDocker、containerd、Podmanを、仮想化にはKVMとXenを使用することで、openSUSEはワークロードを合理的かつ効率的に処理します。さらに、コンテナ向けに最適化し、Kubernetesを統合したopenSUSE MicroOSは、コンテナのオーケストレーションに特化したオプションを提供します。このような幅広いサポートにより、openSUSE Leapとその派生製品は、さまざまな導入戦略に適応し、汎用性があります。

8. 豊富なパッケージリポジトリ

openSUSEは、膨大なパッケージリポジトリを誇り、何千ものビルド済みソフトウェアパッケージが用意されています。開発ツール、データベース、または特殊なソフトウェアなど、その様なものが必要になってもopenSUSEのリポジトリには必要なものが揃っている可能性が高いです。この豊富なコレクションにより、ソフトウェアのインストールと依存関係の管理が簡素化されます。

9. 柔軟性とカスタマイズ

openSUSEは、豊富なパッケージに加え、高い柔軟性とカスタマイズ・オプションを備えています。KDE PlasmaやGNOMEなど、さまざまなデスクトップ環境から選択できるため、ユーザーエクスペリエンスを好みに合わせてカスタマイズできます。さらに、openSUSEではシステム構成をきめ細かく制御できるため、ワークロードを最適化できます。

さらに、openSUSEはAnsibleSaltの両方をサポートしており、設定を簡単に自動化できます。

10. 活発なコミュニティ

最後になりましたが、openSUSEには、ユーザと貢献者による活気に満ちたコミュニティがあります。コミュニティでは、フォーラムメーリングリストなど、知識を共有したり支援を求めたりするためのプラットフォームが提供されています。このコミュニティに参加することで、膨大な専門知識を活用し、同じ志を持つ人々と協力することができます。


CentOSからopenSUSEへの移行は、安定性、コミュニティに対するSUSEのサポート、強力なシステム管理ツール、先進的なディストロ機能、豊富なパッケージリポジトリへのアクセスなど、数多くのメリットをもたらします。openSUSEの活発なコミュニティと使い易い移行ツールは、移行プロセスをさらに強化します。ワークロード用に堅牢で信頼性の高いLinuxディストリビューションをお探しなら、openSUSEをご検討ください。

SUSEとopenSUSEで実現できることについて、さらに詳しくお知りになりたい方は、このシリーズの他のブログをご覧ください:

 


今すぐopenSUSE Leapをダウンロード!

Download openSUSE Leap Now!

Share
Juan Herrera Utande
7,860 views