変化し続ける市場の状況に迅速に対応しながら、可用性を最大化

システムやハードウェアのアップデートのための計画的なダウンタイムでも、障害や災害による予期しない計画外ダウンタイムでも、ダウンタイムはビジネスに損失を与えます。企業やデータセンターのアップタイムを増やして、競争力を維持し、ミッションクリティカルなコンピューティングの需要に応える必要があり⁠ま⁠す⁠。

テクノロジは絶えず変化しており、ビジネスの世界で後れを取らないためには日々素早く動かなければなりません。セキュリティとシステム管理の要求が高まるにつれて、システムの効率的な稼動とコスト管理を可能にするSUSE Linux Enterprise、計画外ダウンタイムをほぼゼロにするSUSE Linux Enterprise High Availability Extension、競争の優位性を維持するためのSUSE Linux Enterprise Real Time Extensionが注目されてい⁠ま⁠す⁠。

SUSEは20年以上にわたり、信頼性が高くコスト効率に優れたデータセンター製品およびサービスをさまざまな業界に提供してきました。SUSEのソリューションでサーバのダウンタイムを最小化しまし⁠ょ⁠う⁠。

Forrester社のWebセミ⁠ナ⁠ー

ダウンタイムが許されない⁠場⁠合

ビデオの再生

成功事例

ダウンタイムゼロを目指す⁠6⁠社

ホワイトペーパーを⁠読⁠む

調査ペーパー

ダウンタイムゼロという目標の追求と⁠達⁠成

調査ペーパーを読む
ミッションクリティカルなアプリケーションのダウンダイムを⁠防⁠止
ミッションクリティカルなサービスの可用性を最⁠大⁠化
ミッションクリティカルなコンピューティングの応⁠答⁠性
ミッションクリティカルなアプリケーションのダウンダイムを⁠防⁠止

信頼性の高い基盤を選択しましょう

データセンターの構築は家の建設と似ています。重要なのは信頼性の高い基盤の選択です。特に、ミッションクリティカルなコンピューティングのワークロードに対応できる必要があります。最近の調査によると、ダウンタイムの原因の31%はハードウェア障害*で、55%はハードウェアアップグレードのためにお客様が計画したもの**です。適切なオペレーティングシステムを選択すれば、複数のクラスタにデータをレプリケートしてアプリケーションのダウンタイムを防ぐことにより、可用性をさらに高めることができます。SUSE Linux Enterpriseは、各種ハードウェアプラットフォームで問題なく機能し⁠ま⁠す⁠。

*出典: Forrester Research, Inc.、『The State Of Business Technology Resiliency, Q2 2014』。グローバルディザスタリカバリの意思決定者および関係者94人を対象にした調査に基⁠づ⁠く⁠。

**出典: TechTarget、『Achieving Zero Downtime with Modernized Operating Systems』

ミッションクリティカルなサービスの可用性を最⁠大⁠化

ダウンタイムを削減しましょ⁠う⁠!

最終的にはワークロードとサービスの可用性が重要になります。また、サービスの可用性を高めるためや、ミッションクリティカルなコンピューティングのワークロードを保護するために、テクノロジに関して決断できることが3つあり⁠ま⁠す⁠。

  1. 高可用性(HA)の実現
    • 仮想サーバと物理サーバの両方を一緒にクラスタリングすることで、高可用性を仮想ワークロードから物理ワークロードに拡張し⁠ま⁠す⁠。
  2. Geoクラスタリングの展開
    • Geoクラスタリングをセットアップすると、地域災害から受ける影響に対処することができます。距離を問わないサービスフェールオーバーをセットアップでき⁠ま⁠す⁠。
  3. ライブカーネルパッチ適用の活用
    • システム再起動の必要性を回避することで、ダウンタイムを削減でき⁠ま⁠す⁠。

計画的であろうと予定外であろうと、ダウンタイムはコスト損失を招きます。SUSE Linux Enterpriseは、業界をリードするオープンソースの成熟したクラスタリングテクノロジとサービスに割り込むことなくカーネル修正をオンザフライで適用するLive Patchingを通じて、優れたアップタイムとパフォーマンスを安定して提供します。システム全体のロールバックにより、1回クリックするだけで、サービスパックを含むシステムアップデートを取り消して以前の状態を回復でき⁠ま⁠す⁠。

ミッションクリティカルなコンピューティングの応⁠答⁠性

変化し続ける市場の状況に迅速に⁠対⁠応

スピードが速い今日のビジネス環境では、変化し続ける市場の状況に迅速に対応することが重要です。SUSE Linux Enterprise Real Time Extensionによってプロセスディスパッチのレイテンシが短縮されるため、収益を高め財政的損失を回避する体制を素早く整え、さらにはミッションクリティカルなコンピューティングのワークロードを保護することができ⁠ま⁠す⁠。

SUSEのチームが支援
経験豊富な専門家によるサポートを24時間365日体制で受けることができ、IT投資効果を最大限に拡大できます。Dedicated Support Engineer (DSE)が割り当てられ、状況の複雑度に応じたサポートを受けることができ⁠ま⁠す⁠。