デジタルトラストの構築: クラウドネイティブの世界のビジネスの保護に向けた総合的なアプローチ | SUSE Communities

デジタルトラストの構築: クラウドネイティブの世界のビジネスの保護に向けた総合的なアプローチ

Share
Share

デジタル化が進む現代において、デジタルトラスト(デジタル上の信頼)は新たなゴールドスタンダードです。この信頼は、ただ与えられるものではなく、厳格なサイバーセキュリティの実践と堅牢なデータ保護対策を通じて、獲得されるものです。ビジネスのクラウド化が進むにつれ、デジタルトラストを構築し、維持する能力は、ビジネスの成功に不可欠なものとなっています。

デジタルトラストの核心は、お客様やパートナー、また利害関係者の方が御社のデジタル業務に寄せる信頼の度合いを意味します。この信頼は、個人データとビジネスデータの両方が細心の注意を払って取り扱われ、安全に保管され、責任を持って使用されているという信念の上に築かれます。これは単なる約束ではなく、コアインフラからお客様向けアプリに至るまで、ビジネスのあらゆる側面においてのコミットメントなのです。

では、御社のお客様は御社のことをどう思っているのでしょうか?顧客データは安全ですか?デジタル業務は安全ですか?顧客の情報は尊重され、慎重に扱われていますか?本当に信頼されていますか?

SUSEは、このような質問に自信を持って答えられるよう支援します。潜在的な脅威に先んじて対応し、すべての環境にセキュリティを統合し、自動化を活用してギャップを埋めることで、重要なデータを保護するお手伝いをします。私たちの最終的な目標は、弊社のお客様と御社のお客様との間にデジタル上の信頼を育み、あらゆる機会を通じてその信頼を強化することです。

しかし、デジタルトラストというデリケートな問題に正しく対応するには、それ相応の困難が伴います:

 

  • 新たなセキュリティの脅威: サイバーセキュリティでの脅威は進化し続け、私たちのデジタルランドスケープに迫っています。一歩先を行くことは非常に重要であり、脅威に対するインテリジェンス、脆弱性管理、継続的な監視を含めてプロアクティブな戦略が求められます。

 

  • インシデントレスポンスと復旧: 最善を尽くしても、サイバーセキュリティ・インシデントは発生します。強固なインシデント対応計画はセーフティネットであり、事業継続性を担保し、おかしな事態に陥ってもデジタルの信頼を担保します。

 

  • セキュリティ予算とセキュリティ人材の不足: サイバーセキュリティへの取り組みは複雑であり、十分な人材がいるわけではありません。サイバーセキュリティへの投資と他のビジネス上の優先事項とのバランスに悩む企業にとって、サードパーティの専門知識と手頃な価格のセキュリティソリューションは不可欠なものとなっています。

 

  • セキュリティの統合: コアからクラウド、エッジまで、多様な環境で事業を展開する今日の企業では、機密データを保護し、デジタルの信頼を担保するために、セキュリティをスタック全体で統合することが不可欠です。

 

  • コンプライアンス: GDPRやCCPAのような規制を遵守することは、単に罰則を逃れる目的ではありません。顧客データを保護し、これらの基準を満たし、それを上回る強固なセキュリティ体制を構築していくための基本的な方法になります。

 

現代の破壊的なビジネス環境では、デジタルトラストを確立し、成長させ、維持するための総合的なアプローチが必要です。ここで、SUSEの一連のソリューションが威力を発揮します。ここで、SUSEが提供する、デジタルトラストを強化・統合する機能をいくつかご紹介します:

 

  • SLES(SUSE Linux Enterprise Server)は、適応性の高いオペレーティングシステムとして組織が重要なアプリケーションを安全に実行する環境を提供します。

 

  • Rancherは、最新のクラウドネイティブスタックをどこでも安全に管理するシンプルで包括的なプラットフォームを提供します。

 

  • SUSEのコンテナセキュリティソリューションであるNeuVectorは、高度な可視化、脅威の検出とその緩和を提供し、コンプライアンス対応をシンプルにします。

 

  • SLE BCI(SUSE Linux Enterprise Base Container Images)は、企業にコンテナワークロードの安全な基盤を提供します。

 

  • SUSE Managerは、各種Linuxの混在環境の管理を簡素化し、自動化し、そしてその環境をセキュアに維持します。

 

デジタルトラストは一過性のものではなく、継続的な取り組みです。お客様はSUSEと共にデジタルの世界に対応していくだけでなく、デジタルの世界を共に定義・実現していきます。

SUSEのデジタルトラストの詳細については、こちらをクリックしてください。

Share
Avatar photo
3,797 views
Ivo Totev   A 25-year veteran in the IT industry, Ivo Totev is the Chief Innovation Officer of SUSE. He is responsible for helping customers reimagine their businesses through clear, user-centric product roadmaps; as well as building brand equity and customer engagement focused on business outcomes via creative marketing strategies. Prior to SUSE, Ivo was President, LoB Marketing at SAP where he defined the marketing vision and execution for all of SAP’s lines of business, including ERP, Digital Supply Chain, Analytics and Platform Technology. Ivo was also the CMO and Head of Cloud Business at Software AG, as well as the CMO of Unit4. Ivo is an active coach and mentor who enjoys sharing his experience with his teams to help them professionally evolve. He is a passionate believer in the power of teamwork – having rowed in a coxed four in his student years, he recognizes one parallel in rowing and in life: that great achievements are accomplished by teams, less so by individuals. Outside of work, Ivo loves spending time with his wife and three children. He also enjoys the great outdoors and can frequently be found on his bike, on skis or in his running shoes.