AIをトレースするためのオープンアプローチ | オープンソース AI | SUSE Communities

AIをトレースするためのオープンアプローチ

Share
Share

生成AIの恩恵は実際に広がっています。ビジネスの場や日常生活で、時間の節約、専門知識の取得、新しいアイデアの発見、さらには新しいメディアを通じた創造性の表現が可能になり、自らの能力を向上させることができます。現在、ITの世界に身を置いている私たちにとって非常にエキサイティングな事です。なぜなら、私たちはコンピューティングを便利な道具として使うだけでなく、その影響を自ら広げることができるからです。アベンジャーズのトニー・スタークのように、誰もがジャービスのようなアシスタントにアクセスできる日が来ることを想像してみてください!

強力なプラットフォームを使って膨大な情報源にアクセスできることは、人生を変えるものです。と、同時に、その情報の出所を知ることが同様に重要であることが、ますますはっきりしてきました。AIが完全に成熟するためには、AIによって生成された情報やアウトプットがどこから来たのか、どのような問題が引き継がれるのかを、AIを利用する人々が明確に理解し、安心して利用できるようにする必要があります。トレーサビリティ、セキュリティ・バイ・デザイン、アカウンタビリティは、組織がこれらのリスクを管理するために不可欠です。

オープンソースとAI

オープンソースは正に、これらの問題の多くを解決するためのパートナーであり、プラットフォームです。最近の Deep Dive: オープンソースイニシアティブ(OSI)によるAIレポートでは、オープンソースの視点と理念に基づくことが有益となるAI政策設定の重要な分野として、以下の3つがあげられています。それは(1) オープンデータセット、(2)規制のガードレール、(3)倫理的AIの法的枠組みです。これは、コミュニティ主導の開発、エンゲージメント、ルール設定、共同での作業や問題解決を意味するものです。2月にブリュッセルで開催されるEUオープンソース政策サミットでは、SUSEがプレゼンスを持って議論に参加する予定です。

SUSEのお客様は、AIを使って何をすべきか、そして何をすべきでないかについて、すでに頭を悩ませています。例えば、品質と効率を維持しながら、AIを高性能ワークロードに組み込む方法、オープンソース上でAIを実行する方法、オープンソースをAI環境に組み込む方法や、できるだけ透明性の高い方法で、法的な安全性と確実性を保ちながら、AIの利点を最大限に活用する方法などです。これは、AIに対して法的な観点での注目が高まる中、生成AIのアウトプットにトレーサビリティとアカウンタビリティを求める規制が導入されることが予想されるため、特に重要となります。

SUSEのアプローチ

これらは、弊社も同様に取り組もうとしている課題です。もちろん、弊社は他の数々の組織と同様にAI技術の恩恵を受けていますが、もっと具体的な役割も担っています。私たちは、企業向けオープンソーステクノロジーの主要でかつ古参のベンダーとして、オープンソースポリシーの発展に大きく寄与しています。商用の生成AIを安全かつセキュアに使用するために、コミュニティベースの基準の開発に貢献することを約束します。当社のお客様は、当社が提供する製品やサービスにおいて、イノベーション、使い易さ、セキュリティのバランスを継続してとることを期待しています。 AIへのアプローチも同様です。 そのため、弊社は現在、コントロールされた環境の中で生成AIツールをテストしており、企業ベースでどのように安全に展開できるか、を評価するのに役立てています。

当社のお客様は、自動化することと人的資本で行う巨大な価値のバランスを取るように私たちに期待しています。AIの能力には確かに大きな潜在的可能性がありますが、SUSEでは、その能力を活用しつつ、人々のスキルと専門知識の深さに投資し、最大限に活用したいと考えています。私たちは、AIの潜在能力と人材の可能性を互いに補完的に扱い開発していくことで、大きな恩恵が得られると考えています。

私たちは、AIを活用した継続的なテストの成果を用いて会社の経営に貢献すると同時に、お客様にもその経験から得られたポイントを共有し、新たな世界へ乗り出していくサポートをします。さまざまなユースケースにおいて、コスト、利益、リスクについて既に多様な結果が出ています。広範囲のコミュニティにAIを使用するタイミングとそうでないタイミングをガイドすることは、非常に重要になるでしょう。

オープンソースの会社として、当社はAIへの参画方法について透明性を保ちたいと考えています。過去30年以上にわたり、私たちのお客様は、自らがリスクを負い、自ら開発するという事なく、オープンソースの急速なイノベーションから恩恵を受けてきました。私たちは、お客様がこのAIという旅において、リスクを回避し最新のマイルストーンからメリットを享受できるよう、サポートを続けていきます。

御社の取り組みをご共有ください

本ブログでは弊社のアプローチについてご紹介しました。オープンソースにおけるAIのユースケースをどのように検討されているか、ぜひお聞かせください。ぜひご連絡ください。

Share
Avatar photo
1,190 views