SUSE Edge 3.0をリリース:高度に検証されたエッジ最適化スタック

Share
Share

エッジ:イノベーションのニューフロンティア

企業は常に最前線に立つ必要があります。そのため、イノベーションを加速し、エッジで差別化を図ろうとしています。企業は現在、課題に直面しています。その中でも最も克服が困難なのがスケーラビリティです。リソースの制約や既存のテクノロジー負債の重荷を乗り越えなければなりません。顧客体験を最大化しながら、業務革新の要求に応えなければなりません。

IDCのアナリストは、エッジインフラ市場の成長について非常に好意的であり、エッジロケーションに展開されるインフラは2027年まで年平均成長率(CAGR)16.8%で成長すると予測しています。2024年3月14日付のIDC Research「Edge Worldwide Spending Guide」によると、エッジへの支出総額は2027年までに3500億ドルに達すると推定されています。

本日、オープンソースのパワーをエッジにもたらす新しいSUSE Edge 3.0プラットフォームを発表します。SUSE Edge 3.0の高度に検証されたスケーラブルで緊密に統合されたスタックを使用することで、企業はエッジでイノベーションを実現できるだけでなく、競合他社に対する持続可能な競争優位性を構築できます。

スケーラビリティ、セキュリティ、そして運用の一貫性は、SUSEが最新リリースで取り組む3つの最重要課題です。SUSE Edge 3.0により、お客様は、SUSEの30年にわたるLinuxソリューション提供の経験に基づき構築されたデータセンターグレードのセキュリティを使用して、現場の膨大な数のエッジデバイスを自信を持ってエッジ規模で導入・管理することができます。

優れたエッジ体験を提供するために、顧客の要求は急速に高まっています。

1995年の設立以来、Danelec社は航海データ記録装置(VDR)、シャフトパワーメータ、船舶性能監視システムに特化し、海事技術のパイオニアとして頭角を現してきました。

同社は、顧客のニーズを満たし、それを上回ることを目指し、SUSE Edgeを採用して海事エッジコンピューティングを刷新しました。その結果、運用効率の向上、コンプライアンスの強化、大幅な拡張性の確保、データレポーティングの改善により、エッジデバイス1台あたり月額3万ドル以上という、これまでにないコスト削減を実現しました。同社の革新的なKubernetesベースのソリューションは、今後Danelecの製品提供の要となるだけでなく、グローバルな海上オペレーションに革命をもたらすと期待されています。

SUSE Edgeとは?SUSE Edge 3.0の新機能とは?

簡単に言うと、SUSE Edgeは、エッジデバイスのライフサイクル全体を大規模に管理する目的で構築されたクラウドネイティブなエッジコンピューティングプラットフォームです。開発当初から、SUSE Edgeは製造業通信事業者小売業ヘルスケアなど、さまざまな業界で採用されてきました:

  • 完全に統合されたクラウドネイティブのエッジプラットフォーム: エッジインフラ全体の効率を高めます。
  • スケーラビリティ: 数百ノードから数万ノードまで、エッジインフラの導入と管理を容易にします。
  • エンタープライズグレードのセキュリティ: エッジデバイスがどこに設置されていても、すべてのエッジデバイスにフルプラットフォーム、データセンター級のセキュリティを提供します。

SUSE Edge 3.0の新機能は次の3つのキー領域に焦点を当てています:

  1. 高度に実証され、信頼性が高く、エッジに最適化されたスタックにより、オープンソースのフルパワーをエッジにもたらします。

なぜ実証済みのエッジスタックが重要なのか? 企業が必要としているのは、自由にダウンロードできるテクノロジーコンポーネントのスタックだけではありません。必要なのは、ビジネス環境でシームレスに動作する、規格化され、検証された構成です。統合、カスタマイズ、トラブルシューティングに時間を費やす代わりに、ビジネス価値の構築に集中することができます。

SUSE Edge 3.0を使用すると、企業は推測を排除し、代わりに業界のユースケースで徹底的に検証され、緻密に統合された構成で検証済みの設計を使用できます。
SUSE Edge 3.0スタックは、リソースに制約があり、インターネット接続が断続的なリモートロケーションで実行できるように設計されています(組み込みデバイスに最適)。Edge 3.0はSUSE Linux Enterprise(SLE)Microを基盤としており、CNCF認定のKubernetesディストリビューションであるK3s/RKE2を活用して、コンテナ、仮想マシン、マイクロサービスの管理と実行をサポートします。

     2. 導入が容易な専用エッジスタックで、分散エッジ環境を大規模に管理

スケーリングはすべてを増幅させる—規模が拡大すると、設定の余分な手順、導入時のエラー、セキュリティ上の欠陥など、あらゆるものが増幅されます。SUSE Edge 3.0では、オンボーディングプロセスをさらに簡素化し、ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)のメリットを最大限に活用できます。

  • Edge 3.0スタックの中核をなすRancher Primeにより、お客様はエッジインフラストラクチャのゼロタッチプロビジョニングとマルチクラスタ管理を実行できます。KubernetesのGitOpsベースの管理など、API駆動型のインフラストラクチャは、人手を介さずに何千ものデバイスやサービスの頻繁な追加、変更、削除をサポートします。
  • Edge Image Builderのようなコンポーネントにより、完全にカスタマイズされたデプロイメントアーティファクトを構築し、接続性が担保できない遠隔地であっても、エッジクラスタを大規模にブートストラップすることができます。完全なオペレーティングシステムのカスタマイズ、包括的なネットワーク管理、Kubernetesリソースと顧客のワークロードのエアギャップは、顧客が信頼できる機能の一部です。

      3. エンタープライズグレードのセキュリティ機能でエッジを保護

Edge3.0プラットフォームは、ビルド、デプロイ、ランタイムの各フェーズでセキュリティと信頼性を保証します。NeuVectorは、脆弱性スキャンとランタイムスキャンによるセキュリティポリシーの実装により、ゼロトラストのクラウドネイティブセキュリティをサポートします。SLE Microは、プリインストールされたSELinuxセキュリティフレームワーク、イミュータブルファイルシステム、FIPSモードを有効にする機能を備え、NISTが検証した暗号モジュールへの厳格な準拠を保証し、システムハードニングのベストプラクティスを実施する、信頼性と安全性を兼ね備えたエッジ向けオペレーティングシステムです。

エッジソリューションを導入するには?何から始めればいいのか、どうすれば最初からうまくいくのか。

エッジソリューションの導入は戦略的な決断です。エッジインフラストラクチャの導入が成功すれば、ほとんどの企業にとって望ましいゴールである、非常に優れた顧客体験を実現することができます。エッジの事例を紹介しましょう。
国際海事機関(IMO)は、2050年までに業界がネットゼロ排出量を達成することを目指しており、2030年までに排出量を30%削減するという重要なマイルストーンが設定されています。これらの目標を達成するためには、クリーンテクノロジー、代替燃料、二元燃料船が必要となります。しかし、商業船隊の平均船齢は21.9年であり、世界の船隊が更新されるまでには少なくとも30年かかることになります。その結果、海運業界は、効率をさらに最適化し、海上輸送が環境に与える影響を文書化するデジタルソリューションを模索しています。

このような背景から、ある大手海運会社は、航海最適化アプリケーションをホスティングするための手間のかからないソリューションを探して、Danelec社に問い合わせました。

社内にKubernetesの専門知識がなく、洗練されていながら管理しやすいソリューションの必要性を認識していたDanelec社は、包括的なKubernetesエッジソリューションを求めて市場に目を向けました。

同社は当初、既存のAzureサービス内でのなじみの深さと統合の可能性に惹かれ、Microsoft Azureのエコシステムでソリューションを模索していました。しかし、研究開発チームは、概念実証(POC)中にAzure AKS Edge Essentialの制限にすぐに直面したため、より適切なパートナーを探すことになりました。その結果、SUSE Edgeを見つけたのです。

これは、典型的な導入の流れを要約したものです。ある組織がエッジソリューションを検討し、調査した結果、目的に合わせて構築されたオープンソースソリューションがビジネス目標に最適であることを発見したのです。

戦略的基盤

「私たちがSUSE Edgeで構築したソリューションは、2つの成長が期待できます。1つは、より多くの船主が私たちのようなソリューションを探しているという業界のトレンドです。もうひとつは、レガシーワークロードをこのプラットフォームに移行し、その価値と有用性を高める計画です」

Danelec社は、このソリューションの実現可能性に自信を持ち、公海でのオペレーションを再定義し、より環境に優しい未来と企業の成長に向けて船出する準備が整いました。

お客様にとって最適なエッジソリューションの導入に向けて、SUSEがどのようなお手伝いができるかをご検討ください。ぜひご連絡ください

もっと知りたいですか?

SUSE Edgeを完全に理解するには、以下の資料をダウンロードすることをお勧めします:

Share
(Visited 1 times, 1 visits today)
Avatar photo
2,183 views