Linux上でSAPソリューションを実行

多額のコストを投入したり、複雑なビジネス継続性ソリューションに大きな投資をしたりせずに、ビジネスに必要なレベルのアップタイムとパフォーマンスを手に入れるにはどうすればよいでしょうか。数万ものSAPとSAP HANAのお客様にとって、その答えはSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsです。SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、Linux上のSAPソリューション(エンタープライズリソースプラニング(ERP)やビジネスプロセス管理(BPM)など)向けの先進的なプラットフォームであり、SAP HANA向けに推奨およびサポートされているOSです。

言葉をそのまま受け止めずに、 SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsで実在の企業が実現している成果を見てみましょう。

後援メンバー

SAP環境
SAP HANA
SAP S/4HANA
クラウドへの導入
SAP HANAの詳細情報
SAP環境

成功事例

SAPシステムのパフォーマンスを最大で60%改善

詳細情報

ホワイトペーパー

SAPアプリケーションにおける高可用性のベストプラクティス

詳細はこちら

クイックガイド

プライベートクラウドに移行する5つの理由

詳細情報

Gartner社ニュースレター

SUSEソリューションを使用したデジタル変革の促進

詳細はこちら

パフォーマンスの向上

高パフォーマンスは、ミッションクリティカルなアプリケーションには不可欠の要件です。トランザクションデータや分析データをタイムリーに配信できない本番システムを使用していると、生産性や顧客満足度が低下する可能性があります。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、CPUとメモリの負荷が高い状態でも、常に極めて高いパフォーマンスを実現することが実証されています。SUSE Linux Enterprise ServerはSAPソフトウェアのリファレンス開発プラットフォームであるため、SUSEはSAPと連携し、このLinux OSが最高のパフォーマンスを発揮するよう最適化しています。インストールウィザードのチューニングオプションやページキャッシュ制限機能により、高パフォーマンスのSAP運用が実現します。

ダウンタイムの削減

SAPワークロードは、サービスデリバリーの最高水準の可用性に対応する必要がありますか。ミッションクリティカルなSAPワークロードには、信頼性の高い基盤を選択してください。SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsには、ビジネス継続性のための機能が組み込まれています。物理/仮想Linuxシステム用のクラスタリングソリューション、SAP HANAデータベース用の自動回復機能、および変更エラーを軽減するためのフルシステムロールバック機能が統合されています。

  • SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionでは、グラフィカルユーザーインターフェイスを使用して高可用性クラスタを容易に設定できます。
  • システムレプリケーションリソースエージェントにより、SAP HANAの自動回復を数時間ではなく、数分で完了できます。
  • フルシステムロールバックにより、構成の変更やサービスパックのアップデートに起因する予期せぬエラーから1クリックで回復できます。

SUSE Linux Enterprise Live Patching Extensionは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、セキュリティ修正によるダウンタイムを解消するためのオプション機能です。

アプリケーションの迅速なデプロイ

競合他社に後れを取ることなく、顧客に適切な製品を適切なタイミングで提供するためには、新ソリューションの製品化リードタイムが非常に重要です。OSだけでなく、SAP BPM、ERP、SAP HANA、完全高可用性スタック、およびその他のアプリケーションの環境設定とインストールをすばやく実行できる唯一のLinuxプラットフォームをお選びください。完全LinuxのSAP S/4HANA環境をデプロイする際、SUSEのS/4HANAマイグレーション機能を使用すれば、Linuxに不慣れなWindows管理者であっても容易に移行できます。

SAP HANA

テックキャスト

SAP HANAシステムの自動化

テックキャストを見る

ソリューションガイド

SAP HANA向けOSセキュリティ強化ガイド

詳細情報

セットアップガイド

SUSE Managerを使用したSAP HANAスケールアウト

詳細情報

成功事例

SAP IT、SUSEを導入してTCOを削減

詳細はこちら

No.1のSAP HANA向けプラットフォームをデプロイ

SAPの次世代インメモリコンピューティングテクノロジーであるSAP HANAを実行する場合、選択する基盤OSに、ニーズに合ったエンタープライズクラスの信頼性、可用性、スケーラビリティ、管理性、セキュリティが備わっていることを確認したいとお考えのことでしょう。

SUSE Linux Enterprise Serverは、SAPがSAP HANAやS/4HANAを開発する際に使用するリファレンス開発プラットフォームです。SAP HANAデータベースのダウンタイムやセキュリティリスクを軽減する機能が組み込まれているSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、No.1のSAP HANA向けプラットフォームであり、現在95%以上のSAP HANA上で実行されています。

フェールオーバー自動化により高可用性を実現

お客様がデプロイメントを拡張し、複数のノードや真のビッグデータ環境に対応できるよう、SUSEとSAPは2011年以降、SAP HANAのスケーラビリティと可用性の向上に継続的に取り組んできました。SAP HANAは、高可用性とディザスタリカバリを実現するため、同一データセンター内や2カ所のデータセンター間でSAP HANAシステムを複製できます。この機能は、「SAP HANAシステムレプリケーション」と呼ばれています。SUSEはこの機能をサポートするために、お客様に2つのリソースエージェントを提供し、SAP HANAシステムの高可用性と迅速な回復(数時間ではなく数分)を実現しています。

OSによるセキュリティ強化

SAP HANAデータベースのセキュリティと同等以上に重要となるのが、基盤となるOSのセキュリティです。ハッカーの多くは、データベースそのものではなく、OSをターゲットとして攻撃を仕掛けてきます。OSにアクセスし、必要な権限を獲得できれば、ハッカーはそのOS上で実行されているデータベースアプリケーションを攻撃することが可能になります。

SUSEは、Linux OSのITセキュリティに関して長年の経験を有し、SUSE Linux Enterprise Serverをあらゆる種類のセキュリティインシデントから保護するための包括的なセキュリティパッケージを提供しています。SAP HANAのセキュリティ基準を強化することを目的として、SUSEはSAP HANAのOSセキュリティ強化ガイドテックキャストを作成しました。

SUSE Managerによるシンプルな管理

SUSE Managerを通じて、Linuxシステムセットを効率よく管理し、常に最新の状態に保つことが可能です。この目的を達成するために、SUSE Managerを接続し、リポジトリとして整備されたソースをパッケージ化してアップデートします。SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsを使用すれば、SAP環境のインストールウィザードをSUSE Managerと統合し、SAP環境のデプロイメントを簡素化できます。SUSE Managerを利用して単一の画面でSAPシステムの環境設定、インストール、モニターを実行できるということです。SUSE Managerサーバーのインストール方法や、SUSE Managerサーバーを使用してSAP HANAスケールアウトシナリオを更新する方法については、SUSEが提供するテクニカルリソース「SAP HANAスケールアウトシナリオに向けたSUSE Managerのセットアップ」で説明しています。SUSE ManagerでIT環境を容易に管理する方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

卓越したパフォーマンス

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、SAP HANAの推奨OSで、CPUとメモリの負荷が高い状態でも、一貫して優れたアップタイムとパフォーマンスを実現します。詳しくは、SAPソリューションまたはSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications製品ページをご覧ください。

SAP S/4HANA

デジタル変革に向け、SUSEソリューションでビジネスのアジリティを改善

SUSE Software-Defined Infrastructureソリューション上でSAP HANAおよびSAP BPM/ERPソフトウェアを実行することで、S/4HANA向けのデジタル変革プラットフォームを獲得し、真のデジタル企業になる上で必要な安定性、セキュリティ、柔軟性に優れたインフラを実現できます。Gartnerグループのニュースレター「SUSEソリューションを使用したデジタル変革の促進」では、SAP HANAの使用事例やデジタル化に関するSUSEの知見を無料で紹介しています。

クラウドへの導入

ビジネスニーズを満たすための機敏性を提供

投資を行う際には、現在の要件に対応しながら早期に価値を実現すると同時に、将来の要件にも備えなければなりません。クラウドコンピューティングは急速に成長しており、ビジネス環境の変化に対応するには、よりアジャイルなクラウドシステムが望ましいと考えられています。SUSE Linux Enterprise for SAP Applicationsは、SUSE Linux Enterpriseを基盤としており、クラウド環境に最適なLinuxプラットフォームであることが実証されています。理由は以下のとおりです。

  • SUSE Linux Enterprise ServerはSAPクラウドソリューション(SAP HANA Enterprise Cloud、SAP HANA One、SAP HANA Cloud Platform、SAP認定Amazon Ec2インスタンスなど)向けに選ばれている
  • SUSEはVMware、マイクロソフト、Amazon (Amazon EC2を提供)といった仮想化およびクラウド市場をリードする企業と強力な関係を構築している
  • SUSEは世界中のクラウドプロバイダーを含む広範なエコシステムを展開している
  • SUSEはエンタープライズ対応のOpenStackベースクラウドインフラ/サービスを提供している

Amazon Web Services (AWS)上のSAP HANA

Amazon EC2上でSUSE Linux Enterprise Serverを実行する完全なSAP HANAインスタンスを実行できるよう、AWSは1~5個のノードで構成されるSAP HANAクラスタを起動し、必要な労力を最小限に抑えるクイックスタートリファレンス導入ガイドを提供しています。AWS SAP HANAリファレンス導入ガイドを使用して、このアーキテクチャの概要を確認し、インストールを自動化するAWS CloudFormationテンプレートへのリンクをご活用ください。詳しくは、AWS Marketplaceをご覧ください。

Microsoft Azure上のSAP HANA

SUSEとマイクロソフトの協業により、クラス最高のサポートと高可用性を提供する専用クラウドインフラにSAP HANAを円滑に導入できます。Microsoft Azureを使用すれば、必要な信頼性とスケーラビリティを獲得しながら、最大規模のSAP HANAワークロードをクラウド上で実行することが可能です。詳しくはAzure Marketplaceをご覧ください。また、Azure上のSAPアプリケーション向けSUSE VMのデプロイメントガイドについては、こちらをお読みください。

SAP HANAの詳細情報

開発者とスタートアップ企業

SAP HANAの詳細情報

その他のリソース