主な特長

icon icon

制限なく拡張できる分散型ストレージクラスターは、増大し続けるデータ要件に対応するため、数...

Read More

icon icon

単一の統合Software-Defined Storageクラスターが、アプリケーションにオブジェクトストレージ、ブロッ...

Read More

icon icon

既製のコモディティハードウェアを活用することで、容量最適化された平均的なソリューションと...

Read More

icon

制限なく拡張できる分散型ストレージクラスターは、増大し続けるデータ要件に対応するため、数千のノードと数百ペタバイトの環境へ拡張できるように設計されています。

×
icon

単一の統合Software-Defined Storageクラスターが、アプリケーションにオブジェクトストレージブロックストレージ、およびファイルストレージを提供し、レガシーアプリケーションでもモダンアプリケーションでもユビキタスでユニバーサルなアクセスを実現すると共に、高可用性障害復旧オプションによって、自動的にデータの耐久性を確保します。

×
icon

既製のコモディティハードウェアを活用することで、容量最適化された平均的なソリューションと比べて最大30%コストを抑えることができるため、設備投資の大幅な削減を実現します。

×
icon icon

冗長性の高いストレージインフラストラクチャ設計により、単一障害点(single point of failure)をなくし...

Read More

icon icon

自己修復機能が、ストレージ管理の手間を最小限に抑え、データの配置を最適化し、冗長性の迅速...

Read More

icon icon

リバランシングの自動化とデータ配置の最適化を、データの使用率およびインフラストラクチャを...

Read More

icon

制限なく拡張できる分散型ストレージクラスターは、増大し続けるデータ要件に対応するため、数千のノードと数百ペタバイトの環境へ拡張できるように設計されています。

×
icon

単一の統合Software-Defined Storageクラスターが、アプリケーションにオブジェクトストレージブロックストレージ、およびファイルストレージを提供し、レガシーアプリケーションでもモダンアプリケーションでもユビキタスでユニバーサルなアクセスを実現すると共に、高可用性障害復旧オプションによって、自動的にデータの耐久性を確保します。

×
icon

既製のコモディティハードウェアを活用することで、容量最適化された平均的なソリューションと比べて最大30%コストを抑えることができるため、設備投資の大幅な削減を実現します。

×
icon

冗長性の高いストレージインフラストラクチャ設計により、単一障害点(single point of failure)をなくし、アプリケーションの可用性を最大化します。

×
icon

自己修復機能が、ストレージ管理の手間を最小限に抑え、データの配置を最適化し、冗長性の迅速な再構築を可能にし、耐障害性と可用性を最大化します。

×
icon

リバランシングの自動化とデータ配置の最適化を、データの使用率およびインフラストラクチャを継続的にモニターするインテリジェントな管理しやすいソリューションにより、ITスタッフを増やすことなく手動作業不要で実現できるだけでなく、データセンターとクラウドの間でデータを容易に移動できます。

×
icon

制限なく拡張できる分散型ストレージクラスターは、増大し続けるデータ要件に対応するため、数千のノードと数百ペタバイトの環境へ拡張できるように設計されています。

icon

単一の統合Software-Defined Storageクラスターが、アプリケーションにオブジェクトストレージブロックストレージ、およびファイルストレージを提供し、レガシーアプリケーションでもモダンアプリケーションでもユビキタスでユニバーサルなアクセスを実現すると共に、高可用性障害復旧オプションによって、自動的にデータの耐久性を確保します。

icon

既製のコモディティハードウェアを活用することで、容量最適化された平均的なソリューションと比べて最大30%コストを抑えることができるため、設備投資の大幅な削減を実現します。

icon

冗長性の高いストレージインフラストラクチャ設計により、単一障害点(single point of failure)をなくし、アプリケーションの可用性を最大化します。

icon

自己修復機能が、ストレージ管理の手間を最小限に抑え、データの配置を最適化し、冗長性の迅速な再構築を可能にし、耐障害性と可用性を最大化します。

icon

リバランシングの自動化とデータ配置の最適化を、データの使用率およびインフラストラクチャを継続的にモニターするインテリジェントな管理しやすいソリューションにより、ITスタッフを増やすことなく手動作業不要で実現できるだけでなく、データセンターとクラウドの間でデータを容易に移動できます。

最新のリリースノートで新機能をご確認ください

Reference Architecture

ソリューションでサポートされているプロトコルは次のとおりです。

  • 従来のプロトコル
    • iSCSI
    • NFS
    • CIFS/SMB
    • S3
  • ネイティブプロトコル
    • RBD (ブロック)
    • RADOS (オブジェクト)
    • CephFS (複数のアクティブなMDSサーバーを使用)
    • Swift

パートナーリファレンスアーキテクチャについてはこちら

システム要件

クラスターの最小構成

  • 4つのオブジェクトストレージノード
    • 10GBイーサネット(4インターフェイス)
    • ストレージクラスターあたり32OSD
    • 各オブジェクトストレージノード専用のOSディスク
    • 必要なRAM = OSDカウント数(1GB + OSDメモリターゲット[デフォルトは4GB]) + 16GB
    • Cephモニター、ゲートウェイ、メタデータサーバーは、追加のCPUおよびRAM要件を満たす場合はオブジェクトストレージノードに配置可能
  • 3つのCephモニターノード(専用OSドライブとしてSSDが必要)
  • オブジェクトゲートウェイおよびメタデータサーバーノードに冗長デプロイメントが必要
  • iSCSIゲートウェイ、オブジェクトゲートウェイ、およびメタデータサーバーには、最小4GBの増分RAMと4つのコアが必要
  • 4GBのRAM、4つのコア、1TBのHDDを備えた別個の管理ノード

最小ハードウェア要件

ストレージノードあたりの推奨最小要件は次のとおりです。

  • 必要なRAM = OSDカウント数(1GB + OSDメモリターゲット[デフォルトは4GB]) + 16GB
  • 推奨CPU
    • HDDごとに2GHz CPUスレッド1
    • SSDごとに2GHz CPUスレッド2
    • NVMeごとに2GHz CPUスレッド4
  • 個別の10GbEネットワーク(パブリック、クライアント、バックエンド)
    • 10GbE x4必須、25GbE x2推奨
  • OSDディスクはSUSE Enterprise Storage専用にすること
  • OS専用のディスク/SSD (RAID 1構成推奨)
  • キャッシュ階層化を使用する場合は4GBの追加RAM

モニターノードの推奨最小要件は次のとおりです。

  • 3つのSUSE Enterprise Storageモニターノード必須
  • モニターノードごとに2GBのRAM、Cephダッシュボードを実行する管理ノードごとに2GB
    • モニターおよび管理ノードとOSごとに8GBのRAM推奨
  • RAID 1構成のSSD
  • パフォーマンス上の理由により、モニターノードは仮想ではなく物理構成を推奨
  • OSDまたはモニターノードと他のワークロードを組み合わせた使用はサポート対象外
  • 規模やパフォーマンス上のニーズによっては、推奨を上回る構成が必要
  • 冗長性を確保した結合ネットワークインターフェイス

Peer Insights

同業種のお客様より寄せられたSUSE Enterprise Storageのレビューをご紹介します。すべて、Gartner社により検証されたものです。

quote icon

「セールスやサポートのスタッフが非常に力になってくれました。最初は、製品が私たちに合っているか不安があったのですが、彼らが私たちの視点を180度変えてくれたのです。素晴らしいスタッフと優れたテクノロジーです。」

Read full review ›
quote icon

「複数のファイル、サイズの大きなファイル、シンプルなデータベースのデータを保管するのに最適です。容易に拡張できる構成なので、組織の成長に合わせることができます。」

Read full review ›
quote icon

「SUSE Enterprise Storageは、当社のストレージインフラストラクチャを、大量の情報を保管し、容易に管理できるように変革することを可能にしてくれたソフトウェアソリューションです。」

Read full review ›