AzureマーケットプレイスでNeuVectorとRancherのKubernetesソリューションをリリース | SUSE Communities

AzureマーケットプレイスでNeuVectorとRancherのKubernetesソリューションをリリース

Share
Share

Microsoft Azureユーザーは、Azure MarketplaceでSUSE NeuVectorとRancher製品を利用することができるようになりました。この戦略的な動きは、Azureエコシステムを拡大するだけでなく、ユーザーに強化されたセキュリティとコンテナオーケストレーション機能を提供します。

SUSE NeuVector: コンテナセキュリティの強化

主要なコンテナセキュリティソリューションであるSUSE NeuVector Primeは、マーケットプレイスで収益化された製品として、Azure Marketplaceから直接アクセスできるようになりました。SUSE NeuVectorは、コンテナ環境における脅威の検出と保護に重点を置き、Azureワークロードに包括的なセキュリティブランケットを提供します。

Azure MarketplaceにおけるSUSE NeuVectorのメリット:

  • MACCの利点: Microsoft Azure Committed Consumption(MACC)割引を活用することで、ユーザーは一流のコンテナセキュリティを確保しながらコストを最適化できます。これは、財務効率を高めるだけでなく、柔軟で費用対効果の高いソリューションを提供するというMicrosoftのコミットメントにも合致しています。
  • 承認された購入方法: Azure MarketplaceでSUSE NeuVectorを利用できるため、調達プロセスが合理化されます。ユーザーは、すでに承認された購入方法を利用できるため、複雑さが軽減されます。
  • 価格オプション:Azure Marketplace上のSUSE NeuVectorは、さまざまなユーザーニーズに対応する柔軟な価格オプションを提供しています。中小企業でもエンタープライズでも、要件に沿ったプランを選択できます。

AzureのMarketplace上で、SUSEから直接サポートが提供される、完全にエンタープライズサポートされた最初のNeuVectorです。収益化はAzureを通じて行われ、月額のオンデマンド利用モデルを活用しています。また、利用モデルをクラウドフレンドリーにするため、価格モデルには割引が組み込まれており、利用量の増加に応じて自動的に適用されます。

利用料金の割引を管理する6つの価格段階があります。クラウドフレンドリーでバーストフレンドリーな利用モデルとして維持するため、利用は最大月間カウントではなく、平均月間料金に基づいています。

利用料金は以下の通り:

  • 5~15ノード:1ノードあたり月額112ドル*。
  • 16~50ノード:1ノードあたり月額105ドル
  • 51-100ノード:1ノードあたり月額98ドル
  • 101~250ノード:月額91ドル
  • 251~1000ノード:月額84ドル
  • >1000ノード以上:78ドル/月* 最低5ノードからご利用いただけます。

Azure MarketplaceでSUSE NeuVectorを検索する

AzureマーケットプレイスのNeuVector:  https://azuremarketplace.microsoft.com/en-us/marketplace/apps/suse.neuvector-prime-llc?tab=Overview

EMEAからのNeuVectorのご注文はこちら: https://azuremarketplace.microsoft.com/en-us/marketplace/apps/suseirelandltd1692213356027.neuvector-prime-ltd?tab=Overview

Rancher:コンテナのオーケストレーションを簡素化

広く評価されているコンテナ管理プラットフォームであるRancher Primeが、Azure Marketplaceに加わりました。Rancher Primeは、Azure上でコンテナアプリケーションを効率的にデプロイ、管理、スケーリングするソリューションです。

NeuVectorと同様、RancherもAzure Marketplaceの収益化対象製品としてメリットを享受できます:

  • MACCの効率性: ユーザーはMACCの割引を利用することができ、Microsoft Azure上でコンテナをオーケストレーションする際のコスト効率を確保できます。RancherとMACCの統合は、価値主導型ソリューションの提供というAzureのコミットメントに合致しています。
  • 調達の合理化: Azure MarketplaceからRancherを選択することで、ユーザーは簡素化された調達プロセスの恩恵を受けることができます。すでに承認された購入方法により、コンテナオーケストレーションのためのRancherの取得と実装においてシームレスなエクスペリエンスが保証されます。
  • 価格オプション:Rancherには、クラウドとバーストフレンドリーな属性を提供する6段階の価格モデルもございます。収益化はAzureを通じて行われ、同じ平均ノード数モデルに基づく月次オンデマンド利用モデルを活用可能です。

価格割引の対象となる利用階層は以下の通り:

  • 5~15ノード:1ノードあたり月額450ドル*。
  • 16~50ノード:1ノードあたり月額321ドル
  • 51~100ノード:1ノードあたり月額221ドル
  • 101~250ノード:月額175ドル
  •  251~1000ノード:月額142ドル
  • >1000ノード以上: $100/月* 月額利用には最低5ノードが必要です。

Azureマーケットプレイス上のRancher: https://azuremarketplace.microsoft.com/en-us/marketplace/apps/suse.rancher-prime-llc?tab=Overview

EMEAからのRancherのご注文はこちらから: https://azuremarketplace.microsoft.com/en-us/marketplace/apps/suseirelandltd1692213356027.rancher-prime-ltd?tab=Overview

NeuVectorとRancherの両方におけるデプロイの柔軟性

NeuVectorとRancherの両マーケットプレイスでは、いくつかのデプロイメントオプションがあり、いずれも固有の割引を利用することができます。これは、AKSにインストールされた各製品のコントロールプレーンを活用することで可能になります。AKS内のコントロールプレーンにより、ダウンストリームのKubernetesクラスタを単一の論理デプロイメントとして保護・管理することが可能です。(ダウンストリームクラスターはどこでも実行できますが、AKSに常駐するアプリケーションのコントロールプレーンの論理的な拡張として表示されます)。

これは、ダウンストリームのクラスタがどこにデプロイされているかに関係なく、Azureマーケットプレイスを通じて収益化できることを意味しています。クラスタがすべてAKSにあれば問題ありません。しかし、そうでなくても、論理的に制御されたダウンストリームクラスターがオンプレミスにあれば、ハイブリッドデプロイメントでも問題ありません。要するに、アプリケーションのAKSコントロールプレーンでは、ノード使用量割引を利用して論理デプロイメント全体に適用し、デプロイメントシナリオに関係なくマーケットプレイスを通じて収益化することができます。

SUSE NeuVectorとRancherがAzure Marketplaceで利用可能になったことで、これらの業界をリードするソリューションとMicrosoft Azureのコラボレーションが大きく前進しました。ユーザーは、MACCのメリットと承認された購入方法を保証された上で、コンテナセキュリティを強化し、オーケストレーションを合理化できるようになりました。

今すぐAzure MarketplaceでSUSE NeuVectorとRancherを検討し、Microsoft Azureでのコンテナセキュリティとオーケストレーションの強化に向けてスタートをきりましょう!

Share
Avatar photo
1,188 views