451 Researchのレポート

SUSEがコンテナ市場により深く浸透

詳細はこちら

ホワイトペーパー

SUSE OpenStack Cloud 7で稼働するKubernetes as a Serviceでデータセンターを変革

詳細はこちら

451 Researchのレポート

コンテナ管理とオーケストレーションの多言語効果に対する態勢は整っているか

詳細はこちら

Kubernetesとは

Kubernetesはコンテナ化したアプリケーションの自動管理とオーケストレーション用のオープンソースシステムです。

オープンソースLinuxコンテナを使用したアプリケーション開発は、プライベートクラウド、パブリッククラウド、またはハイブリッドクラウドでホストするためのクラウドネイティブのアプリケーション構築に理想的なアプローチです。Kubernetesはこれらアプリケーションのデプロイメント、管理および拡張を自動化し、プロセス全体をより容易に、高速に、効率的にします。

現代の企業がイノベーションへの新たなパラダイムを探している中、Kubernetesの人気が急速に高まっているのも当然です。Kubernetesは現在ソフトウェア開発者とITビジネス上の意思決定者の両方から市場リーダーと見なされています。



Kubernetesの由来

元々はGoogleの創作物です。Googleは、10年以上にわたりLinuxコンテナを使用してアプリケーションの開発と管理を行ってきました。本番環境および大規模なクラウドネイティブのワークロード向けコンテナの開発と利用の先駆けでした。KubernetesはGoogleが早期のコンテナ管理システム、BorgとOmegaで獲得した知識と経験で磨かれてきました。

オープンソースプロジェクトとして、Kubernetesは現在CNCF (Cloud Native Computing Foundation)とLinux Foundationの管理下におかれています。これによってプロジェクトが巨大なオープンソースコミュニティの素晴らしいアイデアと実践から恩恵を受け、ベンダーロックインを回避できるように確約されています。



主な機能

  • プライベートクラウド、パブリッククラウド、またはハイブリッドクラウドでアプリケーションを迅速かつ予測可能にデプロイ
  • 業務の中断を伴うことなくアプリケーションを拡張
  • 新機能をシームレスにロールアウト
  • コンピューティングリソースの使用を節約
  • 自己修復型のアーキテクチャで本番アプリケーションの稼働を維持


SUSEとKubernetes

SUSEはKubernetesが未来の企業をサポートするために必要なSoftware Defined Infrastructure (SDI)の要となると確信しています。

SUSE CaaS Platformは、コンテナアプリケーションおよびサービスの開発とホスティング向けにKubernetesを使用して構築された使いやすいソリューションです。DevOpsの取り組みと高度なアプリケーションライフサイクル管理に最適なプラットフォームです。

SUSE OpenStack CloudにはOpenStack Magnumにより提供されるKubernetesの完全なサポートが含まれています。MagnumによってKubernetesクラスタを簡単に用意し、完全なマルチテナント環境を形成して異なるユーザーにそれぞれのKubernetesクラスタを提供できます。Kubernetes-as-a-Serviceの機能で、他のエンタープライズ市場と比較してOpenStackユーザーが3倍の速度でコンテナを採用していることが報告されているのも頷けます。