データセンターとインフラの急速な進化は、新たなチャンスを限りなく生み出しています。しかし、こうした新たなチャンスには、管理に関する数多くの新たな課題も伴います。最新のForrester調査によると、IT予算の70%が既存環境の管理のためだけに使われているとのことです。こうした複雑な環境を簡素化していくためには、どうしたらよいでしょうか。多様なリソースを管理するという課題を抱えている企業は、どこに助けを求めるべきでしょうか。SUSE Managerがその答えです。

Linux専用に開発されたSUSE Managerは、クラス最高のオープンソースインフラ管理機能を提供します。これらの機能により、単一の一元化されたソリューションでLinuxシステムを総合的に管理できるようになり、IT部門はITアセットの簡素化と制御を実現できます。SUSE Managerには、自動化されたコスト効率の高いソフトウェア、アセット、パッチ、および環境設定管理機能、システムプロビジョニング機能、モニタリング機能があります。これらの機能により、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境にまたがるエンタープライズLinuxシステムの導入を簡単に管理できます。その結果、維持管理総経費が削減されるだけでなく、エンタープライズシステムが保護され、コンプライアンス状況やサービス品質が改善されます。

主な利点
  • 複数のLinux配布パッケージ(SUSEおよびRed Hat)を単一の一元化されたコンソールから管理
  • 物理、仮想、クラウドの各環境にわたって、多種多様なハードウェアと互換性あり
  • 社内のセキュリティポリシーおよび社外の規制に対するコンプライアンスを容易に確保および実証
  • Linuxのセキュリティを確保するための標準的なアプローチ
  • 高度なレポート機能を備えた、シンプルな自動化されたハードウェアおよびソフトウェアインベントリ
クリックしてその他の特長を表示

システム要件

CPU
  • 必須: マルチコア64ビットCPU (x86-64)
RAM
  • テスト/評価サーバの場合、4 GB以上
  • ベースインストールの場合、16 GB以上
  • 運用サーバの場合、32 GB以上
サーバプロセッサプラットフォーム
  • x86-64 (64ビット)
  • IBM z Systems
空きディスク容量
  • 必須: 100 GB (基本インストール用)
  • さらに、リポジトリデータ用に少なくとも130 GB
  • サポートされるクライアントシステム
クリックしてその他の技術仕様を表示

ITアセットの簡素化と制御

SUSE Managerにより、幅広いハードウェアアーキテクチャ、ハイパーバイザ、クラウドプラットフォームにわたって、単一のツールでLinuxシステムを管理できます。Linuxサーバを論理的にグループ化し、管理を簡素化して複雑性を緩和できます。また、SUSE Managerには、ITアセットを制御するために注目すべきLinuxアセットを表示および特定する機能もあります。

コンプライアンスの実現

 

SUSE Managerを使用して自動モニタリング、トラッキング、監査、レポーティングをセットアップすると、Linux環境を常に適切な状態にすることができます。社内のセキュリティポリシーに基づいてシステムコンプライアンスを確保することで、会社のポリシーに違反しているシステムを迅速に特定して修正することができます。

業務の最適化とコストの削減

 

SUSE Manager Serverサブスクリプションの一機能として、IT管理者はLinuxサーバのプロビジョニング、パッチ適用、環境設定を自動化できるため、より迅速に一貫性をもって、サーバの展開を繰り返し行うことができます。SUSEサブスクリプションの使用状況を簡単に管理して最適化できるため、不要なサブスクリプションの購入を回避するのに役立ちます。