主な特長

icon icon

IoTエッジデバイスからKubernetes環境まで、ネットワークに接続されたあらゆるLinuxサーバーを簡単に追加および管...

Read More

icon icon

強化されたOSテンプレート(ベアメタル、VM、またはコンテナ)を多数のサーバーやIoTデバイスに1つのツールで自...

Read More

icon icon

自動パッチ管理により、割り当てたソフトウェアチャネルに応じてパッチをデプロイできるため、コストの削減...

Read More

icon

IoTエッジデバイスからKubernetes環境まで、ネットワークに接続されたあらゆるLinuxサーバーを簡単に追加および管理できます。サーバーが自社のデータセンター、サードパーティのデータセンター、パブリッククラウドなどどこにあっても問題ありません。

×
icon

強化されたOSテンプレート(ベアメタル、VM、またはコンテナ)を多数のサーバーやIoTデバイスに1つのツールで自動的にデプロイできます。一貫性のある反復可能なプロビジョニングと設定を迅速に行えます。速度やセキュリティに妥協することはありません。

×
icon

自動パッチ管理により、割り当てたソフトウェアチャネルに応じてパッチをデプロイできるため、コストの削減に貢献します。

×
icon icon

Linuxシステムとその関係性をグラフィカルに表示し、それらをタグごとに論理グループに整理して(たとえば、場...

Read More

icon icon

詳細なコンプライアンス監査とレポート機能で、管理しているLinuxインフラストラクチャのハードウェアとソフ...

Read More

icon icon

社内のセキュリティポリシーに基づいて強化されたプロファイルまたはテンプレートに従っていないハイブリッ...

Read More

icon

IoTエッジデバイスからKubernetes環境まで、ネットワークに接続されたあらゆるLinuxサーバーを簡単に追加および管理できます。サーバーが自社のデータセンター、サードパーティのデータセンター、パブリッククラウドなどどこにあっても問題ありません。

×
icon

強化されたOSテンプレート(ベアメタル、VM、またはコンテナ)を多数のサーバーやIoTデバイスに1つのツールで自動的にデプロイできます。一貫性のある反復可能なプロビジョニングと設定を迅速に行えます。速度やセキュリティに妥協することはありません。

×
icon

自動パッチ管理により、割り当てたソフトウェアチャネルに応じてパッチをデプロイできるため、コストの削減に貢献します。

×
icon

Linuxシステムとその関係性をグラフィカルに表示し、それらをタグごとに論理グループに整理して(たとえば、場所、ラック、ベンダー、CPUアーキテクチャ、RAMなど)、シンプルに管理することができます。

×
icon

詳細なコンプライアンス監査とレポート機能で、管理しているLinuxインフラストラクチャのハードウェアとソフトウェアのすべての変更をトラッキングして、社内のセキュリティポリシーに確実に準拠できます。

×
icon

社内のセキュリティポリシーに基づいて強化されたプロファイルまたはテンプレートに従っていないハイブリッドクラウドやコンテナインフラストラクチャにデプロイされているシステムをすばやく特定して、迅速に修正できます。

×
icon

IoTエッジデバイスからKubernetes環境まで、ネットワークに接続されたあらゆるLinuxサーバーを簡単に追加および管理できます。サーバーが自社のデータセンター、サードパーティのデータセンター、パブリッククラウドなどどこにあっても問題ありません。

icon

強化されたOSテンプレート(ベアメタル、VM、またはコンテナ)を多数のサーバーやIoTデバイスに1つのツールで自動的にデプロイできます。一貫性のある反復可能なプロビジョニングと設定を迅速に行えます。速度やセキュリティに妥協することはありません。

icon

自動パッチ管理により、割り当てたソフトウェアチャネルに応じてパッチをデプロイできるため、コストの削減に貢献します。

icon

Linuxシステムとその関係性をグラフィカルに表示し、それらをタグごとに論理グループに整理して(たとえば、場所、ラック、ベンダー、CPUアーキテクチャ、RAMなど)、シンプルに管理することができます。

icon

詳細なコンプライアンス監査とレポート機能で、管理しているLinuxインフラストラクチャのハードウェアとソフトウェアのすべての変更をトラッキングして、社内のセキュリティポリシーに確実に準拠できます。

icon

社内のセキュリティポリシーに基づいて強化されたプロファイルまたはテンプレートに従っていないハイブリッドクラウドやコンテナインフラストラクチャにデプロイされているシステムをすばやく特定して、迅速に修正できます。

最新のソリューション概要で新機能をご確認ください

システム要件

CPU

必須:Multi-core 64-bit CPU (x86-64, ppc64le, s390)

RAM

テスト/評価サーバーの場合、4GB以上

基本インストールの場合、16GB以上

運用サーバーの場合、32GB以上

空きディスク容量

必須:基本インストールの場合100GB

さらに、リポジトリデータ用に少なくとも130GB

サーバープロセッサプラットフォーム

x86-64 (64-bit)

IBM z Systems LinuxONE

リトルエンディアンモードのIBM POWER8またはPOWER9プロセッサベースのサーバー