後援メンバー

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsを使用すれば、S/4HANAにスムーズに移行して、パフォーマンスの最適化、ダウンタイムの短縮、デプロイメントの迅速化、SAP ERP/BPMアプリケーションのLinux変換を実現できます。SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、SAP環境向けの優れた運用基盤であり、SAP HANA向けにIntel/AMD x86-64プロセッサベースとIBM POWERプロセッサベースの両方のサーバーをサポートする初のソリューションです。

主な機能
  • SAP HANA向けの組み込みの高可用性(HA)クラスタリングと自動フェールオーバーおよび回復機能がダウンタイムを短縮
  • SUSE Managerと統合されたインストールウィザードでSAP HANA、S/4HANA、NetWeaverのインストール設定とチューニングを完全自動化
  • Microsoft Windows ServerベースのSAP環境からLinuxベースのS/4HANAへの移行をサポート
  • ページキャッシュ制限により、SAPアプリケーションのパフォーマンスを維持
  • SAP社とSUSEによるシームレスな24時間365日対応のプライオリティサポート

SUSE Connect SAP HANA
S/4HANA
バージョン12

システム要件

インストール
  • ローカルインストール:512MBのRAM (スワップに512MB使用を推奨)
  • 空きディスク容量:2GB以上(すべてをインストールする場合は8.5GB以上を推奨)
  • OSのスナップショット/ロールバック:16GB
  • Secure Shell (SSH)ベースのネットワークインストール(グラフィカル):512MBのRAM
  • FTP (File Transfer Protocol)を使用したVirtual Network Computing (VNC)ベースのネットワークインストール:512MBのRAM
動作
  • 512MiB~4GiBのRAM、1CPUあたり最低256MiB
  • 空きディスク容量:4GiB、OSのスナップショット/ロールバック:16GiB
  • ソフトウェア用の空きディスク容量:750MB
  • ユーザーデータ用の空きディスク容量:750MB
サポートされるプロセッサプラットフォーム
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 SP3:x86-64、IBM Power Systems (ppc64le「リトルエンディアン」)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 SP2:x86-64、IBM Power Systems (ppc64le「リトルエンディアン」)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 SP1:x86-64 (64ビット)、IBM Power Systems (ppc64le「リトルエンディアン」)
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 11 SP4:x86-64 (64ビット)、IBM Power Systems (ppc64「ビッグエンディアン」)
特定用途での推奨事項
  • SAPサーバーおよびストレージのサイジングについては、ハードウェアベンダーにお問い合わせください。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsとは何ですか?

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、すべてのSAP HANA、S/4HANA、およびSAP NetWeaverソリューション向けに最適化され、SAP社による検証と認定を受けたOSプラットフォームです。SAPソフトウェアソリューションの実行に推奨されるLinux OSプラットフォームとして独自の地位を獲得しています。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは仮想化できますか?

はい。SUSE Linux Enterprise Serverをベースとしており、すべての仮想化機能とサポート機能が継承されています。NetWeaverなどのSAPアプリケーションについてSAP社にサポートおよび認定されているSUSE、VMware、Citrixの仮想化ソリューションを使用して仮想化できます。VMwareとPowerVMは、SAP HANAインメモリシステムでサポートおよび認定されています。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsにはどのようなものが含まれていますか?

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、ミッションクリティカルなSAPソフトウェアソリューション特有のニーズに対応するよう最適化されているOSプラットフォームです。この製品には次のものが含まれます。

ソフトウェア
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3
  • SUSE Linux Enterprise High Availability Extension 12 SP3
  • 自動フェールオーバー用のSAP HANAリソースエージェント(SAPHanaおよびSAPHanaTopology)
  • SAP HANAシステムファイアウォール
  • ページキャッシュ管理(メモリ管理用に最適化したカーネル設定を含む)
  • インストールウィザード(OSの設定とチューニングを含め、SUSE Linux Enterprise ServerとSAPアプリケーション内でインストールワークフローを自動化)
  • 専用ストレージボリュームの拡張暗号化管理機能(Key Management Interoperability Protocol (KMIP)をサポート)
  • SUSE Manager統合オプション
  • Microsoft WindowsベースのSAPアプリケーションからLinuxベースのS/4HANAへの管理の移行を容易にする環境
  • パブリッククラウド用のSAP HANAおよびアプリケーションプラットフォームイメージ(Amazon Web Services、Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azureから利用可能)

サービス
  • SUSE Connectプログラム - SUSEパートナーエコシステムの補完的なSAP製品/サービスにアクセスし、それらをダウンロードして評価することが可能
  • 延長サポートパック - 最新バージョンから1つ前のサービスパックを利用できる重複サポート期間を6カ月から18カ月に延長
  • SUSE Linux Enterpriseプライオリティサポート - 24時間365日対応のサポートをSAP Solution Managerを通じてSAP社とSUSEからシームレスに利用可能、SUSEレベル3エンジニアリングサポートを直接利用可能
  • 専用SUSEアップデートチャネル - SAPアプリケーション特有の機能にパッチ、修正プログラム、アップデートを提供

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 12 SP3の新機能にはどのようなものがありますか?

SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3をベースとしたこのOSでは、マルチプラットフォーム環境に可用性の高いエンタープライズクラスのITサービスをデプロイでき、最善のパフォーマンスとリスク軽減が実現します。SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3の新機能をご覧ください

SAPユーザーはこの保守リリースでのService Pack 2の修正と次のような新機能および更新機能により、S/4HANAへのマイグレーションの簡素化、SAPアプリケーションデプロイメントの高速化、パフォーマンス向上を目的としたSAP HANAのチューニング、災害耐性とセキュリティが強化されたSAP環境の構築が可能です。このリリースの概要は次のとおりです。

  • SAP環境をより迅速かつ簡単にインストールして設定
    • インストールウィザードでのSAP Adaptive Server EnterpriseとSAP Business Objectsのサポート
    • インストールウィザードでの複数データベースコンテナ対応SAP HANAのサポート
    • 新規および更新された文書
      • SAP HANA Tailored Datacenter Integration (TDI)インストール環境
      • 設定およびチューニングパッケージの無効化
      • CLAMSAPウィルス対策インターフェイスのセットアップと使用
    • SAP HANA Tailored Datacenter Integration (TDI)インストール環境
    • sapconf/saptune設定およびチューニングパッケージの無効化
    • CLAMSAPウィルス対策ソフトウェアのセットアップと使用
  • 離れた場所にあるデータセンターのデータボリュームを保護する拡張暗号化管理機能が、サードパーティのキーサーバー向けにKey Management Interoperability Protocol (KMIP)業界標準に対応

SAP固有の機能の詳細

クリックしてその他の質問を表示
クリックしてその他のリソースを表示

サービス可用性の向上

SAP HANAの自動データ復旧に対応した高度な高可用性ソリューション、インメモリシステムとストレージの保護機能といった組み込みのビジネス継続性機能によって、重要な業務のダウンタイムを短縮します。

詳細 ›

全体的なパフォーマンスの改善

パフォーマンス最適化機能を持ち、SAPアプリケーションの高パフォーマンスを維持するように設定可能なLinux OSにより、SAP NetWeaver ERP/BPMなどのミッションクリティカルなアプリケーションのパフォーマンスを改善します。SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、SAPアプリケーション開発に使用されるリファレンスプラットフォームであり、SAPアプリケーションの更新時にパフォーマンスを最適化するように更新されます。

詳細 ›

デプロイメント時間の短縮

アプリケーション自動インストール機能、パブリッククラウドプラットフォームイメージ、Linux環境での作業を容易にする機能、優れたOSサポートを提供する統合ソリューションにより、S/4HANAに移行してSAPシステムをデプロイする時間と労力を最小限に抑えます。

詳細 ›