主な特長

icon icon

IT環境を簡素化します。ハイブリッドITの分断を解消することにより、システム管理を改善し、運用...

Read More

icon icon

ITインフラストラクチャをモダナイズします。Modular+アーキテクチャによりITインフラストラクチャ...

Read More

icon icon

イノベーションを加速します。オープンソースを容易に採用できるだけでなく、自動化、プロジェ...

Read More

icon

IT環境を簡素化します。ハイブリッドITの分断を解消することにより、システム管理を改善し、運用を効率化して運用コストを削減します。SUSE Linux Enterpriseの「コモンコードベース」プラットフォームは、これまでのインフラストラクチャとSoftware-Definedインフラストラクチャを橋渡ししながら、ITシステムのサイロ化の解消を支援します。アプリケーションワークロードのマイグレーションを容易にし、システム管理を改善し、コンテナの採用を容易にします。

コストをかけて廃棄と交換を行うのではなく、従来型のインフラストラクチャとSoftware-Definedインフラストラクチャをつなぐことにより、既存のインフラストラクチャへの投資を保護します。現在のITインフラストラクチャを活用しながら新しい技術を自社のペースで取り入れることにより、ITインフラストラクチャを変革することができます。

×
icon

ITインフラストラクチャをモダナイズします。Modular+アーキテクチャによりITインフラストラクチャの効率を改善することで、従来型のITインフラストラクチャの柱である安定性、セキュリティ、実証済みの標準に影響を与えることなく、効率化とイノベーションを促進します。

クラウドおよびマルチクラウドへの移行が簡素化されるため、ハイパースケーラーのメリットを得られます。クラウドに依存しないSUSE Linux Enterpriseの設計とBring-Your-Own-Subscription (サブスクリプション持ち込み)により、Alibaba、Azure、AWS、Google、IBM、Oracleのパブリッククラウドへの移行や活用が容易です。

×
icon

イノベーションを加速します。オープンソースを容易に採用できるだけでなく、自動化、プロジェクトのビルド、メッセージ指向のミドルウェアをサポートすることにより、DevOpsチームを支援します。SUSE Package Hubの開発者コミュニティとつながることにより、オープンソースのイノベーションの採用を加速できます。OpsからDevサンドボックスへの移行の準備ができたら、数回のクリックでコミュニティ版LinuxディストリビューションのopenSUSE LeapからSUSE Linux Enterpriseに容易に移行できます。

RabbitMQ、Prometheus、Mavenなどの管理およびモニタリング機能により、変化の激しい今日の開発およびDevOpsチームの要件に対応できます。また、どこでもワークロードを実行できる柔軟性を得られます。SUSE Linux Enterpriseのマルチモーダルアーキテクチャにより従来型のインフラストラクチャとSoftware-Definedインフラストラクチャをつなぐことができるため、自由なイノベーションが可能になります。オンプレミスとパブリッククラウド環境を横断するビジネスクリティカルなワークロードを容易に導入または移行することができます。

×
icon

IT環境を簡素化します。ハイブリッドITの分断を解消することにより、システム管理を改善し、運用を効率化して運用コストを削減します。SUSE Linux Enterpriseの「コモンコードベース」プラットフォームは、これまでのインフラストラクチャとSoftware-Definedインフラストラクチャを橋渡ししながら、ITシステムのサイロ化の解消を支援します。アプリケーションワークロードのマイグレーションを容易にし、システム管理を改善し、コンテナの採用を容易にします。

コストをかけて廃棄と交換を行うのではなく、従来型のインフラストラクチャとSoftware-Definedインフラストラクチャをつなぐことにより、既存のインフラストラクチャへの投資を保護します。現在のITインフラストラクチャを活用しながら新しい技術を自社のペースで取り入れることにより、ITインフラストラクチャを変革することができます。

icon

ITインフラストラクチャをモダナイズします。Modular+アーキテクチャによりITインフラストラクチャの効率を改善することで、従来型のITインフラストラクチャの柱である安定性、セキュリティ、実証済みの標準に影響を与えることなく、効率化とイノベーションを促進します。

クラウドおよびマルチクラウドへの移行が簡素化されるため、ハイパースケーラーのメリットを得られます。クラウドに依存しないSUSE Linux Enterpriseの設計とBring-Your-Own-Subscription (サブスクリプション持ち込み)により、Alibaba、Azure、AWS、Google、IBM、Oracleのパブリッククラウドへの移行や活用が容易です。

icon

イノベーションを加速します。オープンソースを容易に採用できるだけでなく、自動化、プロジェクトのビルド、メッセージ指向のミドルウェアをサポートすることにより、DevOpsチームを支援します。SUSE Package Hubの開発者コミュニティとつながることにより、オープンソースのイノベーションの採用を加速できます。OpsからDevサンドボックスへの移行の準備ができたら、数回のクリックでコミュニティ版LinuxディストリビューションのopenSUSE LeapからSUSE Linux Enterpriseに容易に移行できます。

RabbitMQ、Prometheus、Mavenなどの管理およびモニタリング機能により、変化の激しい今日の開発およびDevOpsチームの要件に対応できます。また、どこでもワークロードを実行できる柔軟性を得られます。SUSE Linux Enterpriseのマルチモーダルアーキテクチャにより従来型のインフラストラクチャとSoftware-Definedインフラストラクチャをつなぐことができるため、自由なイノベーションが可能になります。オンプレミスとパブリッククラウド環境を横断するビジネスクリティカルなワークロードを容易に導入または移行することができます。

最新のリリースノートで新機能をご確認ください

システム要件

インストールに必要なLinuxサーバーの最小システム要件

  • ローカルインストール:512MiBのRAM (512MiBのスワップを推奨)
  • ハードディスク:2GiB以上(すべてをインストールする場合は8.5GiB以上)
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB

特定用途での推奨事項

  • 512MiB~4GiBのRAM、1CPUあたり最低256MiB
  • 空きディスク容量:4GiB、OSのスナップショット/ロールバック:16GiB
  • ネットワークインターフェイス(イーサネット、ワイヤレス、またはモデム)
  • Xen仮想ホストサーバー – 仮想ホストサーバー1台当たり512MiB以上のRAM

Peer Insights

同業種のお客様より寄せられたSUSE Linux Enterprise Serverのレビューをご紹介します。すべて、Gartner社により検証されたものです。

quote icon

「安定性、信頼性、コスト効率、スピード。これらの点でLinuxは非常に成熟しています。さらに、世界中に優れたナレッジワーカーがいます」

Read full review ›
quote icon

「SUSE Linux Enterprise Serverは、セキュリティ、堅牢なストレージ、ソフトウェア開発、サポートといったあらゆる面において、私たちの期待に応えるものでした」

Read full review ›
quote icon

「極めて優れたLinuxディストリビューションです。異なるタイプのシステムへの移行を検討し、アプリケーションの互換性を検証するにあたって、アプリケーション開発に不可欠な安全な環境を構築することができました。

Read full review ›