SUSE Linux Enterprise Serverは、ワールドクラスのセキュアなオープンソースサーバOSです。物理、仮想、クラウドベースのミッションクリティカルなワークロードを強力に処理します。Service Pack 2を導入することで、イノベーションの促進、システムの信頼性の向上、厳格なセキュリティ要件への対応、新しいテクノロジへの適応が可能になります。

Service Pack 2の主な特長
  • ソフトウェア定義ネットワーキングとネットワーク機能仮想化を変革
  • 米国連邦政府の厳格なセキュリティ要件(FISMA)に対応
  • ARM AArch64、Raspberry Pi、Omni-Pathなどの新しいテクノロジに適応
  • SUSEカスタマセンター(SCC)に統合されたSUSE Package Hubを使用して、最新のパッケージ/テクノロジを簡単に利用

詳細 ›

クリックしてその他の特長を表示

システム要件

メモリ
  • ローカルインストール: 512MiBのRAM
  • 512MiBのスワップを推奨
ディスク容量
  • 2GiB以上の空きディスク容量
  • すべてをインストールする場合は8.5GiB以上を推奨
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB
サーバ固有
  • Xen仮想ホストサーバ
  • KVM仮想ホストサーバ
  • プリントサーバ
  • Webサーバ
  • データベースサーバ
  • ファイルサーバ
ネットワーク
  • OSA Express Ethernet
  • 10GBE、vSwitch
クリックしてその他の技術仕様を表示

SUSE Linux Enterprise Serverはどのようなものですか?

SUSE Linux Enterprise Server 12は、高度な信頼性、スケーラビリティ、セキュリティを備えたサーバOSです。物理環境、仮想環境、クラウド環境にエンタープライズクラスのITサービスを効率的に導入できます。

SUSE Linux Enterprise Serverはクラウドコンピューティングのインフラでも提供されていますか?

はい。SUSE Linux Enterprise Serverは、Amazon Web Services、Google Compute Engine、Microsoft Azureなど、世界で50を超えるパブリッククラウドサービスプロバイダによって提供されています。このようなクラウドインフラのカスタムOSイメージまたは完全なワークロードやアプライアンスを構築して導入するための非常に迅速で簡単な方法は、SUSE Studioを使用することです。

SUSE Linux Enterprise Serverはどのようなアーキテクチャやハードウェアで動作しますか?

主要なハードウェアベンダはすべてSUSE Linux Enterprise Serverをサポートしています。バージョン12は、Intel 64およびAMD64、IBM POWER、IBM z Systemsの64ビットアーキテクチャで実行できます。

SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2にはどのような新機能がありますか?

Service Pack 2を導入することで、イノベーションの促進、システムの信頼性の向上、厳格なセキュリティ要件への対応、新しいテクノロジへの適応が可能になります。新機能では、ソフトウェア定義ネットワーキングとネットワーク機能仮想化、新しいテクノロジ/アーキテクチャ(ARM AArch64、Raspberry Pi、Intel Omni-Path)、FIPS140-2認証、SUSE Package Hub統合など、さまざまな機能がサポートされています。詳細については、Service Pack 2をご覧ください。

SUSE Linux Enterprise Server 12の主要なイノベーションはどのようなものですか?

SUSE Linux Enterprise Server 12には、Linux kernel 3.12における改善点に加えて、2,000を超える新機能と拡張機能が含まれています。詳細な特長一覧をご覧ください。

クリックしてその他の質問を表示

機敏性に優れたITインフラの構築とサポート

最新のコンテナイノベーションを導入して、新しいハードウェアアーキテクチャに適応し、統合されたPackage Hubを使用して最新のパッケージを容易に入手できます。

詳細 ›

ミッションクリティカルなサービスの展開

SUSE Linux Enterpriseインフラにより、サービスアップタイムの最大化、仮想化の促進、セキュリティの強化、コスト効率に優れたインフラの構築が実現します。

詳細 ›

ITインフラの継続的な改善

すぐに使用できるエンタープライズ対応ソリューションを導入して、実証済みのセキュリティと最適なパフォーマンスを手に入れることができます。

詳細 ›