SUSE Linux Enterprise Serverは、ワールドクラスのセキュアなオープンソースサーバーOSです。物理、仮想、クラウドベースのミッションクリティカルなワークロードを強化します。Service Pack 2を導入することで、イノベーションの促進、システムの信頼性の向上、厳格なセキュリティ要件への対応、新しいテクノロジーへの適応が可能になります。

Service Pack 2の主な特長
  • Software-Defined Networkingとネットワーク機能仮想化を変革
  • 米国連邦政府の厳格なセキュリティ要件(FISMA)に対応
  • ARM AArch64、Raspberry Pi、Omni-Pathなどの新しいテクノロジーに適応
  • SUSEカスタマセンター(SCC)に統合されたSUSE Package Hubを使用して、最新のパッケージ/テクノロジーを簡単に利用

詳細はこちら ›

クリックしてその他の特長を表示

システム要件

メモリ
  • ローカルインストール:512MiBのRAM
  • 512MiBのスワップを推奨
ディスク容量
  • 2GiB以上の空きディスク容量
  • すべてをインストールする場合は8.5GiB以上を推奨
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB
サーバー固有
  • Xen仮想ホストサーバー
  • KVM仮想ホストサーバー
  • プリントサーバー
  • Webサーバー
  • データベースサーバー
  • ファイルサーバー
ネットワーク
  • OSA Express Ethernet
  • 10 GBE、vSwitch
クリックしてその他の技術仕様を表示

SUSE Linux Enterprise Serverとは何ですか?

SUSE Linux Enterprise Server 12は、高度の信頼性、スケーラビリティ、セキュリティを備えたサーバーOSです。物理、仮想、およびクラウド環境に、エンタープライズクラスのITサービスを効率的にデプロイすることができます。

SUSE Linux Enterprise Serverはクラウドコンピューティングのインフラでも提供されていますか?

はい。SUSE Linux Enterprise Serverは、Amazon Web Services、Google Compute Engine、Microsoft Azureなど、世界で50を超えるパブリッククラウドサービスプロバイダーによって提供されています。このようなクラウドインフラのカスタムOSイメージ、完全なワークロードやアプライアンスを構築し、デプロイするための非常に迅速で簡単な方法は、SUSE Studioを使用することです。

SUSE Linux Enterprise Serverはどのようなアーキテクチャやハードウェアで動作しますか?

主要なハードウェアベンダーすべてがSUSE Linux Enterprise Serverをサポートしています。バージョン12は、Intel 64およびAMD64、IBM POWER、IBM z Systemsの64ビットアーキテクチャで実行できます。

SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2にはどのような新機能がありますか?

Service Pack 2を導入することで、イノベーションの促進、システムの信頼性の向上、厳格なセキュリティ要件への対応、新しいテクノロジーへの適応が可能になります。新機能では、Software-Defined Networkingとネットワーク機能仮想化、新しいテクノロジー/アーキテクチャ(ARM AArch64、Raspberry Pi、Intel Omni-Path)、FIPS140-2認証、SUSE Package Hub統合など、さまざまな機能がサポートされています。Service Pack 2の詳細については、こちらをご覧ください。

SUSE Linux Enterprise Server 12の主要なイノベーションはどのようなものですか?

Linux kernel 3.12における改善点に加えて、SUSE Linux Enterprise Server 12には2,000を超える新機能や機能拡張が含まれています。詳細な機能一覧をご覧ください。

クリックしてその他の質問を表示

アジャイルなITインフラの構築とサポート

最新のコンテナイノベーションをデプロイして、新しいハードウェアアーキテクチャに適応し、統合されたPackage Hubを使用して最新のパッケージを容易に入手できます。

詳細はこちら ›

ミッションクリティカルなサービスのデプロイメント

SUSE Linux Enterpriseインフラにより、サービスアップタイムの最大化、仮想化の促進、セキュリティの強化、コスト効率に優れたインフラの構築が実現します。

詳細はこちら ›

ITインフラの継続的な改善

すぐに使用できるエンタープライズ対応ソリューションを導入して、実証済みのセキュリティと最適なパフォーマンスを手に入れることができます。

詳細はこちら ›