イノベーションのヒーローになる

SUSEの企業としての目的は常に明確です。それは、お客様がイノベーションのヒーローになるのを支援することです。最先端の企業がミッション・クリティカルなニーズにSUSEを選んでいる理由をぜひご覧ください。

各業界をリードする多くの企業がミッション・クリティカルなコンピューティングとIT管理のニーズをSUSEで実現しているのも、同じ理由からです。

SUSEのお客様事例とお客様の2/3がSUSEに満点を付けた理由をぜひご覧ください。

事例を見る

SUSEとRancherで企業の未来を宣言する

業界をリードするLinuxオペレーティング・システムは、広く採用されているエンタープライズKubernetes管理プラットフォームに対応しています。SUSEとRancherは1つの企業になりました。

データセンター、クラウド、エッジなど、あらゆる場所でのイノベーションの実現をお手伝いします。

今日のビジネス課題に対応すると同時に未来の戦略を自由に進化させることができます。

SUSEを選ぶ1000の理由

簡素化、モダナイゼーション、加速

SUSEは、クラウド・ネイティブ・ジャーニーの道案内とデジタル・トランスフォーメーションの目標達成をお手伝いします。

簡素化

既存のIT環境を簡素化および最適化

モダナイゼーション

既存のアプリケーションとデータをモダン・コンピューティングに適合

加速

オープン・ソース・ソフトウェアによるビジネスの変革を加速

オープン・ソースのパイオニアとしての豊富な実績

Linuxの黎明期

1992年~2000年

グローバル・エコシステムの拡大

2001年~2010年

常にオープンなデータ・センターの実現

2011年~現在

Linux OSのパイオニアからSoftware-definedインフラストラクチャ、さらにその先へ進化

2017年~現在

SUSEのリーダー

Melissa Di Donato | Chief Executive Officer

Melissa Di Donatoは、SUSEのChief Executive Officerとして、SUSEのビジネスと世界的発展の全責任を担っています。世界中のお客様に革新的で斬新なクラウド・ソリューションとソフトウェア・テクノロジーを提供するリーダーとして、20年以上にわたりテクノロジーに携わってきました。現在はハイ・パフォーマンス・チームの構築、ビジネス全体の多様性の確保、マルチチャネルの市場展開戦略の立案に取り組んでいます。

SUSE入社前には、SAP社のデジタル・コア部門担当Global Chief Operating Officer、salesforce.comのEMEAおよびAPAC担当Area Vice Presidentを務めていました。Melissaは、CEO Today誌のEurope Awards 2020、英国テクノロジー業界において最も影響力のある女性トップ10、Women in the CityのTechnology Woman of Achievementアワードなど、自身のキャリアを通じて数々の栄誉と賞を受賞しています。上場企業Burgundy Technology Corporation社のNon-Executive Director、Notion Capital社のExecutive in Residenceを務めているほか、S&P 100企業の取締役会における女性取締役の割合を2023年までに30%にすることを目標としている30% ClubのChair of the Technology Groupも務めています。MelissaはInner Wingsの創設者でもあります。この慈善団体は、女性が正当な権利を持って自分の意思で生きられる世界を作るという目標のもと、若い女性に自信と勇気を持ってもらうために設立されました。これまでに3冊の児童書を書いています。

MelissaはSUSE初の女性CEOです。アメリカン大学で国際ビジネスのMBAとロシア語の修士号を取得しています。英国に在住しています。

協力により強化されるSUSEのコミュニティ

1人の力で世界を変えることはできませんが、SUSEには多くの人の力が集まっています。世界に限界はなく、素晴らしい人が集まることで素晴らしいことができると思う方は、ぜひSUSEのコミュニティにご参加ください。

開発者として参加

未来のブレークスルーに貢献

詳細情報

従業員として参加

キャリアのレベル・アップ

詳細情報

パートナーとして参加

ビジネスの勢いをさらに促進する

詳細情報

その他のリソース

 イベント 

詳細はこちら ›

Webセミナー

詳細はこちら ›

オープン・ソースへの貢献

詳細はこちら ›

ロゴとブランド

詳細はこちら ›