SUSE Linux Enterprise Real Time

新しい情報と変化する市場の状況により迅速に対応できる機敏性を備えた企業は、それができない企業よりも明らかに有利です。SUSE Linux Enterprise Real Timeを使用して、機敏性が重視されるミッションクリティカルなアプリケーションを実行すると、プロセスディスパッチのレイテンシを短縮し、競合他社よりも早く収益向上や財政的損失回避を実現できます。

主な特長
  • プリエンテプティブなリアルタイムのカーネル
  • プロセスに高い優先順位を割り当て可能
  • 予測可能性を高め、クリティカルなプロセスを毎回スケジュール通りに完了
  • 信頼性の向上
  • インフラコストの削減
  • ミッションクリティカルなアプリケーションのボトルネックの分析と特定を可能にするトレースとデバッグツール
クリックしてその他の特長を表示
バージョン12

システム要件

推奨システム要件
  • マルチコア/マルチプロセッサシステム
  • 1GBの物理RAM
  • 10GBの空きディスク容量
最低システム要件
  • 512MBの物理RAM
  • 5GBの空きディスク容量
サポートされるプロセッサ
  • x86_64
クリックしてその他の技術仕様を表示

信頼性の向上

SUSE Linux Enterprise Real Timeを使用してアプリケーションを実行すると、汎用OSで実行した場合よりも高い信頼性が得られます。システム負荷が高い場合は特にその傾向が顕著になります。Real Timeは、システムの需要が変動的で予測不可能な場合でも、ミッションクリティカルなアプリケーションの可用性を高めます。

詳細はこちら ›

インフラコストの削減

SUSE Linux Enterprise Real Timeを使用して実行されているアプリケーションは、システム負荷が高い場合でも優れた信頼性と予測可能性を発揮するため、過剰にプロビジョニングされたシステムのセキュリティを確保した上で平均使用率を向上させることができます。これにより処理能力の向上あるいはサービスごとのハードウェアコストの削減が実現します。

詳細はこちら ›

可視性の向上

SUSE Linux Enterprise Real Timeなら、トレースおよびデバッグツールが組み込まれているため、機敏性が重視されるミッションクリティカルなアプリケーションのランタイム動作を簡単に分析することが可能です。これらのツールを使用して、リソースのボトルネックを簡単に特定し、改善すべきターゲットを絞ることができます。

詳細はこちら ›