主な特長

強制排除可能なリアルタイムカーネルがプロセスの優先度が高いアプリケーションスレッドを識別して、高度なアプリケーションワークロードのレイテンシを低減することにより、正確なタイミングと同期性を提供します。

  • リアルタイムカーネルに組み込まれた高分解能タイマーが、詳細にタイムスライスを測定します。
  • ユーザーが指定したプロセスに最高の優先度を割り当てることで、他のシステムプロセスよりもそのプロセスを優先して、遅延なく実行することができます。汎用OSでプロセスが一旦開始されると割り込みが不可能なため、スピンロックやハード割り込みまたはソフト割り込みなどの他のシステムプロセスによって割り込まれることはありません。
  • デバイスレベルの割り込み処理によりパフォーマンスを最適化します。デバイスレベルのきめ細かな制御によって柔軟性が向上するため、システム管理者はより簡単かつ効率的にシステムのレイテンシを低減し、予測可能性を実現し、パフォーマンスを最適化できます。
  • カーネルロックのアダプティブロックアルゴリズムにより、競合リソースの待機時にCPUを即時解放するのでなく、プリエンプティブにタスクを待機状態にすることができます。これにより、システムのコンテキストスイッチ回数を効果的に削減し、スループットを向上させると同時に、特定のアプリケーションのレイテンシを短縮できます。

リアルタイムスケジューラーの区分と階層型の優先度スキームにより、重要なビジネスプロセスの応答時間の予測可能性が向上し、システムの負荷が高い場合でも、常にタイムリーに完了できます。

  • 場合によっては、レスポンスタイムの予測可能性が、単なる速度やプロセス/アプリケーションスレッドの実行速度よりも重要なこともあります。特定のプロセス制御アプリケーション、コンピューターシミュレーション、およびハイパフォーマンスリスク管理アルゴリズムでは、システム全体を適切に機能させるために、中間実行スレッドを正確に同期する必要があります。
  • 優先度の高いプロセス用に主要システムリソースを「予約」する機能とプリエンプティブなリアルタイムカーネルにより、機敏性が重視されるミッションクリティカルなアプリケーションの予測可能性を確実に高めます。これにより、タイムクリティカルなアプリケーションにおいて、プロセスの割り込みによって、リソースの競合や応答時間および実行時間のばらつきが生じるのを防ぐことができます。
  • リアルタイムスケジューラーとロックメカニズムにより、予測可能性を維持しながらパフォーマンスを高めることが可能です。スピンロックが改良され、OSのコンテキストスイッチ時間が短縮されたため、スループットが重要なワークロードのパフォーマンスが大幅に向上します。

タイムクリティカルなアプリケーションの可視性を向上することにより、アプリケーションの動作の分析、ボトルネックの発見、システムパフォーマンスの向上が可能になります。

  • アプリケーションの記述方法に起因するパフォーマンスのボトルネックや、アプリケーションのアーキテクチャの限界によって、システムのレイテンシを低減できないというケースがあります。しかも、こうしたパフォーマンスのボトルネックや制約を正確に特定するのは困難なため、低レイテンシのシステムの全体的な応答性を最大限に引き上げることができません。
  • 付属のトレースおよびデバッグツールにより、機敏性が重視されるミッションクリティカルなアプリケーションの実行時の動作を簡単に分析することが可能です。これらのツールで、リソースのボトルネックをすばやく特定し、改善すべきターゲットを絞ることができます。
  • ハードウェアレイテンシの検知ツールとレポート機能により、可視性が向上します。ハードウェアBIOS (システム管理の割り込みなど)が原因となっているレイテンシのボトルネックを容易に特定できると同時に、ヒストグラムでレイテンシ短縮の優先度を設定し、ハードウェアおよびソフトウェアスタック全体のパフォーマンスを最適化できます。

リアルタイムワークロードと非リアルタイムワークロードを単一の仮想マシンにインストールできるため、効率性が向上します。

  • 個別のシステムコンポーネントに最適な仮想化を実施して、高密度のシステムを構築できます。リアルタイム性が要求されるワークロードもそうでないワークロードも仮想マシンをサポートしており、互いに干渉したり影響したりすることなく、1 台のマシンに共存します。
  • Real Timeの拡張機能には、最新の安定版PREEMPT_RTカーネル、最新のPrecision Time Protocolバージョン、SCHED-DEADLINEスケジュールクラスが含まれます。このカーネルはハードウェア対応を継承しているため、新しいハードウェアプラットフォームでもワークロードを実行できます。スケジューラーは、アプリケーションの期限に基づいてタスクのスケジューリングを予測するため、リアルタイムワークロードで特に効果を発揮します。
  • リアルタイムアプリケーションの信頼性と予測可能性が向上するため、過剰にプロビジョニングされたシステムを安全に運用することも平均使用率が上げることも可能で、処理能力を効果的に向上させることもサービスごとのハードウェアコストを削減することも可能になります。
  • SUSE Linux Enterprise Real Timeは仮想化をサポートしているため、リアルタイムマシンと仮想マシンが混在する環境のサポートや、単一サーバー上のリアルタイムインスタンスの密度引き上げを通じて、ハードウェアコストを削減できます。
  • 多くの取引および市場のデータサーバーは、現在5~20%の能力で動作しています。これは、1日の間で平均15倍にも達するピーク時の取引量に対応するためです。Real Timeなら、同じシステムを10~40%の平均使用率でプロビジョニングし、半分のハードウェアで、同じサービス品質の目標やサービスレベル契約の条件を満たすことが可能です。

プロセスとタスクの優先度を設定し、プロセスに高い優先順位を割り当てることができるため、タイムクリティカルまたはミッションクリティカルなワークロードの信頼性が向上します。

  • リアルタイム環境で実行されるアプリケーションの信頼性を、同じアプリケーションを汎用的なOSで実行した場合よりも高めることができます。これは特に、システムの負荷が高い場合や、システムの要求の変動が激しく予測不可能である場合に当てはまります。
  • 無関係なスレッドやプロセスから主要なハードウェアリソースを保護し、そのリソースを優先度の高い重要なプロセスにのみ割り当てることで、システム全体の負荷や保護されていない残りのリソースに関係なく、優先度の高いプロセスを常に予測可能なパフォーマンスで実行することができます。

システム要件

システム要件

SUSE Linux Enterprise Real Timeはシングルプロセッサのシステムでも実行できますが、マルチプロセッサシステムで最大の効果を発揮します。最小システム要件および推奨システム要件は、次のとおりです。

最小システム要件

512MBの物理RAM

5GBの空きディスク容量

サポートされるプロセッサ

x86_64

推奨システム要件

マルチコア/マルチプロセッサシステム

1GBの物理RAM

10GBの空きディスク容量