SUSE Linux Enterprise Real Time

ビジネスの成功を左右するのは、エンタープライズITシステムの可用性と応答性です。SUSE Linux Enterprise Real Timeは、オープンソースのリアルタイムOSです。一刻を争うビジネスクリティカルなアプリケーションにおいて、レイテンシを短縮し、予測可能性と信頼性を高めることを目的に設計されています。新しい情報と変化する市場の状況に迅速に対応できる機敏な企業は、それができない企業よりも明らかに有利です。SUSE Linux Enterprise Real Timeで、機敏性が重視されるビジネスクリティカルなアプリケーションを実行すると、プロセスディスパッチのレイテンシが短縮されるため、競合他社よりも早く収益の向上や財政的損失の回避をはかることができます。

主な機能
  • 高度なアプリケーションワークロードのためのプリエンプティブリアルタイムカーネルで、正確なタイミングと同期を実現。
  • プロセス/タスクの優先順位を設定し、プロセスに高い優先順位を割り当てることで、ミッションクリティカルなワークロードの信頼性を強化。
  • 仮想化およびボトルネックを特定/解決するためのトレースおよびデバッグツールにより、レイテンシを短縮し、アプリケーションパフォーマンスを最大化。
  • リアルタイムのスケジューラ分類と階層型の優先順位スキームにより、重要なビジネスプロセスのレスポンスタイムの予測可能性が向上するため、常に定められた期限内にプロジェクトを完了可能。
  • リアルタイムワークロードと非リアルタイムワークロードを単一の仮想マシンにインストールできるため、効率性が向上。
バージョン12

システム要件

推奨システム要件
  • マルチコア/マルチプロセッサシステム
  • 1GBの物理RAM
  • 10GBの空きディスク容量
最低システム要件
  • 512MBの物理RAM
  • 5GBの空きディスク容量
サポートされるプロセッサ
  • x86_64
クリックしてその他の技術仕様を表示

新機能

将来のテクノロジーの変更にも対応可能なエンタープライズ品質のオープンなプラットフォームに、組み込み式商用リアルタイムOSの予測可能性。

詳細 ›

レイテンシの低減

変化する市場の状況とビジネスニーズへの対応速度を上げ、収益機会を最大化します。

詳細 ›

予測可能性の向上

システム負荷が高い場合でも、毎回、重要なビジネスプロセスを期限内に確実に完了させ、高品質のサービスを提供します。

詳細 ›

信頼性の向上

ミッションクリティカルなアプリケーションの可用性を向上させ、サービスレベル契約の条件を満たします。

詳細 ›

可視性の向上

機敏性が重視されるビジネスにおいて、アプリケーションの動作を容易に分析し、ボトルネックを特定してシステムパフォーマンスを改善できます。

詳細 ›

インフラコストの削減

オープンプラットフォーム上で、同じサービスを少数のハードウェアで予測どおり確実に実行することにより、今すぐ、そして継続的にコストを削減します。

詳細 ›