コスト削減、簡素化、効率化

アプリケーションのLinuxへのマイグレーションは、ITインフラ、テクノロジ、プロセスの継続的な改善の一環で、専有プラットフォームやソフトウェア更新(Windows、UNIX、S/390)のコストの高さに対処するためや、データセンターのコストパフォーマンスメトリクスを向上させたい場合、クリティカルなアプリケーションがサポートされなくなる場合などに行われます。

コストの削減とROIの促進
簡素化とアップタイムの増大
リソース使用率とアプリ―ケーション効率の⁠向⁠上
コストの削減とROIの促進

アプリケーションとワークロードをSUSEに統合

LinuxはUNIXと同等の信頼性と可用性を発揮し、維持管理総経費(TCO)を大幅に削減します。

SUSEが提供する業界標準のLinuxソリューションは柔軟なため、ワークロードに最適なサーバプラットフォームで統合できます。このソリューションは、専有プラットフォームに導入されることが多いミッションクリティカルなデータベースとアプリケーションに、必要な信頼性、スケーラビリティ、可用性、セキュリティを提供します。

SUSE Linux Enterpriseでは、独自仕様のサーバを購入する必要がありません。データセンターで、コモディティ化されたプラットフォームやオープンソースのプラットフォームのみを利用できます。ITインフラをエンタプライズクラスのプラットフォームに統合しながら、新しワークロードへの展開が加速されます。

簡素化とアップタイムの増大

SUSEによって、データベースを統合してデータセンターを変革

データベースを統合し、データベース環境を見直して可用性を向上させ、簡素化します。

SUSE Linux Enterprise Serverをデータベース統合プラットフォームとして導入すると、オープンシステムのメリットと高可用性によって、データセンターを簡素化してコストを削減できます。

リソース使用率とアプリ―ケーション効率の⁠向⁠上

SUSE Linuxでリソースを統合

エネルギー消費を削減して、ソフトウェアコストを節約します。

維持管理総経費は、ハードウェアとソフトウェアの購入コストだけではありません。リソースの統合によって、フロアスペースの有効利用、消費電力の削減、ソフトウェアライセンスコストの削減ができます。