SUSE Linux Enterprise High Availability Extension

サービス可用性を最大限に高め、ダウンタイムを実質的にゼロにしましょう。SUSE Linux High Availability Extensionは、簡単にセットアップできて使いやすい、業界をリードするオープンソースの成熟した高可用性クラスタリングテクノロジです。物理的な環境にも仮想的な環境にも展開でき、ビジネスのニーズに合わせて、物理サーバ、仮想サーバ、または両方の組み合わせをクラスタ化できます。

主な利点
  • High Availability Web Konsole (Hawk)を使用したPacemaker HAクラスタの管理
  • 簡単で迅速なセットアップ
  • 高性能のOracle Cluster File System 2 (OCFS2)
  • 機能豊富なGFS (Global File System) 2
  • 成熟した第5世代のPacemakerベースHAソリューション
  • HAProxyのサポートによるLinux仮想サーバロードバランサの補完
  • 最新のRelax & Recover(ReaR)バージョンへのアップデート
  • EMC NetWorkerコネクタとbtrfsファイルシステムのサポート
クリックしてその他の特長を表示
バージョン12

システム要件

特定用途での推奨事項
  • 512MiB~4GiBのRAM、1CPUあたり最低256MiB
  • ハードディスク: 4GiB (OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB)
  • ネットワークインタフェース(イーサネット、ワイヤレス、またはモデム)
  • ネットワークの冗長性
  • I/Oフェンシングメカニズム(可能であれば共有ストレージ)
  • Xen仮想ホストサーバの場合、仮想ホストサーバ1台当たり512MiB以上のRAM
  • KVM仮想ホストサーバの場合、KVMの制限はSUSE Linux Enterprise Serverと同等
  • XenまたはKVM仮想マシンの場合、仮想マシン1台当たり256MiB以上のRAMを追加
(続き)
  • プリントサーバの場合は、比較的高速なプロセッサか追加のプロセッサとしてサーバベースの印刷を向上
  • Webサーバの場合は、追加のRAMとしてキャッシングを向上、追加のプロセッサとしてWebアプリケーションのパフォーマンスを向上
  • データベースサーバの場合は、追加のRAMとしてキャッシングを向上、複数のディスクを使用すれば並行I/Oを有効化
  • ファイルサーバの場合は、追加のメモリとディスクとして、またはRAIDシステムとしてI/Oスループットを向上
Linuxサーバの最低システム要件
  • ローカルインストール: 512MiBのRAM (512MiBのスワップを推奨)
  • ハードディスク: 2GiB以上(すべてをインストールする場合8.5GiB以上を推奨)
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB
クリックしてその他の技術仕様を表示

SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionとは何ですか。

SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、業界をリードするオープンソースの成熟した高可用性クラスタリングテクノロジで、簡単にセットアップして使用できます。物理環境と仮想環境の両方に導入可能です。Geo Clustering for SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionと併用することにより、ビジネスの継続性を維持し、データの整合性を確保できるとともに、ローカルエリアで、また、距離の制約なく、ミッションクリティカルなLinuxワークロードのサービスアップタイムを最大化できます。

Linuxクラスタを導入し、サポートも利用したいと考えています。SUSEはどのようなサポートを提供していますか?

SUSEのワールドクラスのサービス部門に支えられたSUSE Linux Enterprise Serverクラスタは、安心して導入および管理できます。企業の規模を問わず、IT環境の構築と管理に必要なリソースをSUSEが提供します。コンサルティングのエキスパートを活用し、業界をリードするトレーニングを受け、定評のあるサポート組織を利用して、IT投資から最大の効果を引き出すことができます。

この製品はなぜ「Extension (拡張版)」と呼ばれているのですか。

この製品はSUSE Linux Enterprise Server 12のアドオン製品であり、サーバOSの機能を拡張するため、「Extension (拡張版)」と呼ばれています。高可用性のLinuxクラスタをセットアップするには、SUSE Linux Enterprise ServerとSUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの両方が必要です。クラスタリングされたLinuxサーバのテクニカルサポートと保守を利用するには、両方の有料サブスクリプションが必要です。

Geo Clusteringには追加サブスクリプションが必要ですか。

はい。地理的に離れていてクラスタ化されたLinuxサーバのテクニカルサポートや保守をご利用いただくには、SUSE Linux Enterprise ServerおよびSUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの有効なサブスクリプションに加えて、Geo Clustering for SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionが別途必要になります。

クリックしてその他の質問を表示

クラスタ化されたLinuxサーバを容易に管理

 

SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの強力な統合コマンドラインインタフェースを使用することで、経験のあるITマネージャは、短時間で簡単に、クラスタ化されたLinuxサーバのインストール、設定、管理することができます。シンプルで使いやすいツールを備えたグラフィカルユーザインタフェースにより、クラスタ化された環境を監視できます。

詳細はこちら ›

サービスの可用性とリソースの使用率が向上

SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、物理/仮想両方のLinuxサーバが共存するクラスタリングをサポートする、数少ないクラスタリングソリューションの1つです。この多機能ソリューションは卓越した柔軟性を備えており、サービスの可用性とリソースの使用率を同時に向上できます。

詳細はこちら ›

データ損失を最小化

 

あらゆる企業が大量のデータを使用しており、企業の機密情報と知的所有権をセキュアに保つことに全力を尽くしています。SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionを使用すれば、既存のITインフラストラクチャを使用してデータアセットを保護し、破損や障害によるデータ損失を最小限に抑えることができます。

詳細はこちら ›