将来と現在のためのプライベートクラウド

パブリッククラウドとそのメリットは、広く多くの人に知られています。ただし、どのアプリケーションやシステムでもパブリッククラウドに移してよいとは限りません。データのセキュリティと紛失に関して懸念がある場合や、既存データの所在地や従来のアプリケーションの仕様がクラウド環境に向いていない場合は、プライベートクラウドが適しています。プライベートクラウドでは、お客様独自のインフラストラクチャがサービス環境として提供されるため、自社データセンター内でデータを完全にコントロールしながら、ビジネスの機敏性向上、新しいテクノロジートレンドの活用、競争優位性の獲得を実現できます。

OpenStackは、世界中の企業においてビジネスの変革に活用されている、業界トップクラスのオープンソースクラウド管理プラットフォームです。OpenStackソフトウェアは、企業の課題への対処と新たな市場機会のフル活用に必要な機敏性とスピードおよび優れたコスト効率を備えたITインフラストラクチャをビジネス部門に構築する、オープンソースのクラウドコンピューティングソリューションを提供します。OpenStackはデータセンターの変革を支援するプライベートクラウドプラットフォームです。商用ソフトウェアにありがちなベンダーの囲い込みや高コストに陥るリスクを回避しながら、次のレベルの効率性とイノベーションを提供します。

クラウドコンピューティングの基礎

主な特長

KVMおよびVMwareなどを含めたハイパーバイザーの選択肢が最も広いため、Ironicによるベアメタルプロビジョニングと併用することで、既存のワークロードのモダナイズや移行が容易
幅広いハードウェア認定で、既存のITインフラストラクチャと投資の価値を最大化
重要なクラウドサービス向けのさらなる高可用性を目的としたデプロイメントの自動化により、計画外のダウンタイムを回避
テンプレートベースの反復可能で柔軟性の高いデプロイメントにより、ベストプラクティスを確実に実践
MonascaをベースとしたSUSE OpenStack Cloud Monitoringにより、OpenStackクラウド環境をモニター、管理、および最適化
直感的なグラフィカルインターフェイスによりクラウド運用を簡素化

リファレンスアーキテクチャ:

インフォグラフィック

SUSE OpenStack Cloudには、次のOpenStackサービスが含まれています。

  • コンピュート(Nova)
  • セルフサービスダッシュボード(Horizon)
  • オブジェクトストレージ(Swift)
  • ブロックストレージ(Cinder)
  • Software-Definedネットワーク(Neutron)
  • テンプレートとイメージリポジトリ(Glance)
  • アイデンティティ管理サービス(Keystone)
  • オーケストレーション(Heat)
  • ベアメタルプロビジョニング(Ironic)
  • コンテナオーケストレーションエンジンおよびプロビジョニング(Magnum)
  • モニタリング(Monasca)
  • キー管理(Barbican)
  • メータリングとデータ収集(Ceilometer)
  • 共有ファイルシステム(Manila)*
  • DNSサービス(Designate)**
  • ロードバランサー(Octapia)

* Crowbarデプロイメントでのみサポートされます

** Cloud Lifecycle Managerデプロイメントでのみサポートされます

ブログ

詳細はこちら

SUSE in the News 日本版

最近のSUSE関連記事をご紹介します。随時更新していきますのでブックマークをお願いします。 尚プレス発表記事に…

詳細はこちら

プライベートクラウドは複雑すぎる?

以前、プライベートクラウドのコストが高すぎるかどうかを見てきました(ヒント:一般的には、一定サイズを超えると高…

詳細はこちら

SUSE OpenStack Cloud – 目に見える以上の価値

競争優位性を実現する、よりアジャイルなIT インフラを模索する組織は、変革の出発点としてOpenStack プ…