SUSE Rancher

Kubernetesクラスターを導入する組織の目的は、デジタル・トランスフォーメーションの促進です。SUSE Rancherにより、すべてのクラスターを集中的に管理して、コア、クラウド、エッジにおいて一貫した運用、ワークロード管理、エンタープライズ・グレードのセキュリティを実現することができます。

あらゆる場所のマルチクラスターKubernetes管理

Rancherにより、Kubernetesでアプリケーションを実装するDevOpsチームと、エンタープライズ・クリティカルなサービスを提供するIT部門のニーズを満たすことができます。

ガイドのダウンロード
01
すべての認定Kubernetes配布パッケージをサポート

SUSE Rancherは、すべてのCNCF認定Kubernetes配布パッケージをサポートします。オンプレミスのワークロードにはRKEを提供しています。EKS、AKS、GKEを含むすべてのパブリック・クラウド配布パッケージをサポートしています。エッジにはK3sを提供しています。

02
マルチクラスターの操作を簡素化

SUSE Rancherは、プロビジョニング、バージョン管理、表示、診断など、クラスターの操作がシンプルで一貫しています。また、監視とアラートを提供し、監査を一元化します。

03
セキュリティ、ポリシー、ユーザーの管理を統合

SUSE Rancherを使用すると、プロセスを自動化できます。実行している場所に関係なく、すべてのクラスターに一貫したユーザー・アクセス・ポリシーとセキュリティ・ポリシーを適用できます。

04
共有ツールとサービスで導入を促進

SUSE Rancherには、コンテナ化されたアプリケーションの構築、導入、拡張を行うための豊富なサービス・カタログが用意されています。たとえば、アプリケーション・パッケージング、CI/CD、ログ記録、モニタリング、サービス・メッシュなどがあります。

Customer Success Stories

  • Customer Success Story
  • Customer Success Story
  • Customer Success Story
  • Customer Success Story
  • Customer Success Story
  • Customer Success Story
  • Customer Success Story

View all Customer Stories

Steve Elliot氏、Performance & Reliability Specialist | LateRooms.com
仮想マシンからRancherのオーケストレーションに移行したことは、当社にとって大きなメリットでした
SUSE環境のサポートのご紹介
ソフトウェアの複雑さの対処を削減してビジネスを推進
4つの主な特長
エンタープライズKubernetes管理プラットフォーム

Kubernetesの2日目の操作を合理化

SUSE RancherでKubernetesクラスターをプロビジョニングすると、運用が一元化され、管理者は2日目の操作のあらゆる側面に対応できます。管理者は1台のコンソールから、すべての場所にあるすべてのクラスターの監視、Kubernetesのバージョンのアップグレード、etcdのバックアップ、パフォーマンスが低下したクラスターの回復ができます。

ホスト型Kubernetesクラスターの完全なライフサイクル管理

AWSでビジネスクリティカルなワークロードに卓越した信頼性とセキュリティをお求めの場合は、SUSEをご利用ください。ノード管理や自動スケーリングなど、最も一般的なクラウドホスト型配布パッケージのライフサイクル管理を1つの画面から実行できます。SUSE Rancherの新しいユーザー・エクスペリエンスは統合され、直感的になり、Amazon EKSでクラスターのインポート、プロビジョニング、アップグレード、設定、セキュリティ保護を直接実行できます。さらに、SUSE RancherによるAmazon EKSの管理では、CISのテンプレートとスキャンがサポートされ、クラスター間の構成ドリフトが最小限に抑えられます。

Kubernetesセキュリティの一元化

SUSE Rancherの管理者は、セキュリティ・チームと連携して、ユーザーによる管理対象Kubernetesクラスターの操作方法と、コンテナ化されたワークロードの動作を一元的に定義できます。ポリシーは、定義後にKubernetesクラスターに即座に割り当てることができます。

エッジ・クラスター向けの大規模なGitOps

SUSE Rancher Continuous Deliveryにより、コア、クラウド、エッジのクラスターの整合性を最大限確保できます。SUSE Rancherは、セキュリティ機能を内蔵した1台のコンソールで1~100万のクラスターに対応し、CNCF認定Kubernetes配布パッケージを実行します。企業がSUSE Rancherを使用して、あらゆる場所のあらゆるインフラストラクチャでアプリケーション・デリバリーを合理化すれば、真の意味でデジタル・トランスフォーメーションを促進できます。

SUSE RancherとK3sの概要

SUSEコンサルティング

同じ組織が存在しないように、モダナイゼーションの過程にも同じものはありません。お客様のチームと連携して、スタートポイントの特定、ソリューションの設計、ベストプラクティスの実装、継続的な成功に向けた最適化を行います。

詳細はこちら

複合サービス

革新的な技術は競争優位性をもたらしますが、新しいスキルとリソースが必要です。モダナイゼーションの作業を開始するにあたっては、コンサルティングと優れたサポートサービスを含む複合サービスをお選びください。

詳細はこちら

トレーニングサービス

スキルがトランスフォーメーションのネックとなっている場合は、SUSEトレーニングが解決をお手伝いします。包括的なコースと認定パスのポートフォリオにより、お客様の要件、スケジュール、ビジネスに適したトレーニングをご提供します。

詳細はこちら

Premium Supportサービス

SUSEサポートに、お客様、お客様のチーム、お客様のインフラストラクチャを理解した専任の担当者への直接のアクセスを追加できます。日々の業務に対応しながら、変化のスピードや顧客の期待にも対応することができます。

詳細はこちら

クイック・スタート

SUSE Rancherは、世界で最も普及しているKubernetes管理プラットフォームであるRancherをベースにしています。Rancherは、100%オープン・ソースのソフトウェアです。コア、クラウド、エッジに導入できます。

簡単な2ステップでRancherを始める