SUSE Manager Management Pack for Microsoft System Center Operations Manager

WindowsサーバーとLinuxサーバーのシステムの保守やパッチの適用、コンプライアンス状況のモニター、必要なアップデートのデプロイメントに別々のツールを使っていると、コストと時間が無駄にかかってしまう場合があります。Windowsのシステム管理者がサーバーヘルス情報を確認したり、WindowsとLinux両方にパッチを適用したりする作業が、すべて1つのコンソールで実行できるようになりました。

主な利点
  • すべてのLinuxサーバーのアップデート、ヘルス、セキュリティの状態を素早く確認
  • 重要な(またはオプションの)アップデートやパッチを適用可能なすべてのLinuxサーバーのリストを表示
  • 個別のLinuxサーバーまたはLinuxサーバーグループに保守時間を設定
  • SUSE Linux Enterprise Server with Expanded Supportと併用する場合、Red Hat Enterprise Linuxサーバーにパッチを適用

システム要件

デプロイメント
  • SUSE ManagerとMicrosoft System Center Operations Manager 2007 R2以降(System Center 2016もサポート)をインストール。
  • 管理対象のLinuxシステムごとにSUSE Manager Lifecycle Managementエンタイトルメントが必要。
  • Red Hat Enterprise Linuxサーバーの管理には、SUSE Linux Enterprise Server with Expanded Supportが必要。
最低システム要件
  • SUSE Managerバージョン1.7以上
  • SUSE Manager Lifecycle Managementエンタイトルメント
  • System Center Operations Manager 2007 R2以降

コスト削減

ソフトウェア、ハードウェア、専門知識など、既存のインフラに対する投資を活用できます。

時間短縮

WindowsとLinuxのパッチ管理を同一コンソールから行えるため、個別に管理する必要がありません。

リスクの最小化

パッチやアップデート関連の効率が改善すれば、パッチ適用のミスに起因する障害リスクも軽減します。