主な特長

IBM Power Systems向けに最適化された高度なRAS(信頼性、可用性、保守容易性)機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションの信頼性を高め、コストを削減

共有リソースプール:CPU、メモリ、I/Oのリソース割り当てを管理して、システムの信頼性を強化できます。

メモリエラーの復旧とメモリ共有:メモリエラーからの復旧をサポートします。ワークロード間でのメモリ共有を通じてハードウェアリソースを最大限活用することで、コストを削減できます。

Power System RASの活用:インベントリ収集(VPD)、プラットフォームエラーレポーティングおよび処理、Emergency Power Off Warning (EPOW)イベントへの応答などのRAS機能を活用できます。POWERプラットフォーム関連の基本的なツールやパッケージ(ppc64-diag、servicelog、lsvpdなど)が含まれているため、迅速な解決、システム信頼性の強化、サービスコストの削減が実現します。

セキュリティ基準への適合:共通基準(CC) EAL4+認証取得の商用OS最高レベルのセキュリティ、NISTとCSECの暗号化標準のFIPS 140-2認証、セキュア暗号化標準のTPM (Trusted Platform Module) 2.0によるハードウェアベースのセキュリティ、Shibbolethの連動型アイデンティティソリューションの実装を使用して、セキュリティを最大限に強化できます。

フルシステムロールバック:btrfsファイルシステムでシステムのスナップショット(カーネルファイルなど)を取得して、ロールバックできます。ブートローダがロールバックプロセスに統合されたため、システム管理者はスナップショットから起動できます。障害からの回復、変更トラッキング、変更比較の各機能が強化され、データの安全性が向上します。

アプリケーションパフォーマンスの向上とデータへの即時アクセスを実現

同時マルチスレッディング(SMT8):コアあたり8スレッドをサポートして、POWER8システム、POWER9 (ppc64le)システム、OpenPOWER Abstraction Layer (OPAL)システムでの即時データアクセスを可能にします。

メモリ初期化の高速化:計画的および計画外のダウンタイム後のメモリ初期化を高速化することで、大容量メモリサーバーの再起動時間を設定に応じて最大57%短縮します。

OpenFabrics Enterprise Distribution (OFED):ワイヤースピードメッセージングから高速I/Oストレージシステムまでのレイテンシを短縮して、アプリケーションとプラットフォームのパフォーマンスを向上させます。

最大4 PBの仮想アドレススペースのサポート:IBM PowerVM使用時に限られます。将来的にSAP HANA環境のアプリケーションが増えてもインフラストラクチャとして対応します。

NVMe (Non-Volatile Memory Express)のサポート:リモートストレージデバイスの通信を高速化できます。

SR-IOV IBM vNIC共有アダプターのサポート:IBM PowerVM使用時に限られます。CPU負荷の軽減、システムI/Oパフォーマンスの向上、サービス品質の向上を実現できます。

イノベーションの加速とデプロイメント時間の短縮により、製品化リードタイムを改善

IBM Power Systems (ppc64le「リトルエンディアン」)のサポート:IBM PowerVMハイパーバイザー搭載のPOWER8/POWER9プロセッサベースシステムに対応します。Power Systems S822LCサーバー向けのKVMサポートは、テクニカルプレビューとして提供されます。

オープンソースDockerに基づくコンテナーのサポートDevOps環境で簡単かつ安全にコラボレーションを実行して、コンテナーでアプリケーションを作成し、オンプレミスまたはクラウドに迅速にデプロイできます。

インストール、設定、デプロイメント、管理の包括的なツール:Zypperを活用して、ライフサイクル管理を最適化し、時間を節約できます。

最新のGNU Compiler Collection (GCC):IBM POWER8/POWER9プロセッサベースシステムのトレースツール、チューニング、サポートにより、アプリケーションのパフォーマンス、チューニング、診断を強化できます。

Open vSwitch:ハイパーバイザー向けの仮想スイッチにより、仮想マシンをネットワーク接続できます。仮想環境内のネットワーキングを、Software-Definedネットワーキング(SDN)の構成要素として最適化します。

システムロール:システム管理者はサーバーの主要機能に合ったテンプレートを利用してPower Systemsサーバーファイルシステムを迅速に設定できます。これらの定義済みインストールパターンテンプレートは、データベースサーバー、仮想ホスト/ゲスト、インストールオプションなどの設定で利用できます。

SUSE Package Hub:オープンソースコミュニティがサポートする、SUSE検証済みのIBM Powerサーバー向けパッケージを、Open Build Service (OBS)を使用してダウンロードまたはアップロードできます。