主な特長

IBM Power System機能のサポートに最適化された高度なRAS機能により、ミッションクリティカルアプリケーションの信頼性を向上してコストを削減します。

CPU、メモリ、I/Oのリソース割り当てを制御する共有リソースプールの設定機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションの信頼性を向上します。

メモリエラーの回復とメモリの共有により、ハードウェアリソースの使用率を高め、コストを削減します。

CPU、メモリ、I/Oのリソース割り当てを制御してシステムの信頼性を高める共有リソースプール設定機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションの信頼性を向上します。

共通基準(CC) EAL4+認証取得の商用OS最高レベルのセキュリティ、NISTとCSECの暗号化標準のFIPS 140-2認証、セキュア暗号化標準のTPM (Trusted Platform Module) 2.0を使用したハードウェアベースのセキュリティ、Shibbolethの連動型アイデンティティソリューションの導入により、セキュリティ基準に適合したインフラストラクチャを構築できます。

Btrfsファイルシステムのシステムについてカーネルファイルを含めたスナップショットを作成できるフルシステムロールバックにより、構成変更による重大なエラーから迅速に回復し、ロールバックできます。ブートローダーがロールバックプロセスに統合されたため、システム管理者はスナップショットから起動できます。障害からの回復、変更トラッキング、変更比較の各機能が強化され、データの安全性が向上します。

インベントリ収集(VPD)、プラットフォームエラーのレポートと処理、緊急電源オフ警告(EPOW)イベントへの応答などのPower System RAS機能をサポートするため、迅速に問題を解決し、システムの信頼性を高め、サービスコストを削減します。これには、ppc64-diag、サービスログ、lsvpdなどの基本的なPOWERプラットフォーム関連のツールとパッケージが含まれます。

アプリケーションパフォーマンスの改善およびデータの即時アクセスへの要求に応える高パフォーマンスのプラットフォームを提供します。

データへの迅速なアクセス:すべてのシリーズのシステムおよびOpenPOWER Abstraction Layer (OPAL)システムにおいてコアあたり8スレッド同時のマルチスレッディング(SMT8)を使用して、POWER8およびPOWER9 (ppc64le)プロセッサのパフォーマンスを活用できます。

大容量サーバーの再起動時間を短縮(最大57%。構成によって異なります)します。 計画または計画外ダウンタイムのダウンタイム後に迅速にメモリが初期化されます。

OpenFabrics Enterprise Distribution (OFED)でアプリケーションとプラットフォームのパフォーマンスを改善:ワイヤースピードメッセージングから高速I/Oストレージシステムまでのレイテンシを短縮します。

SAP HANA環境の将来のアプリケーションの拡張に対応:IBM PowerVMで最大4PBの仮想アドレス空間をサポートします。

SAP HANAシステムへのデータの再ロード時間を削減:IBM PowerVMのPOWER9プロセッサベースシステムをサポートする仮想PMEMによりLPARが再起動されます。

最新のビジネスデータの可視性を向上:コアあたりのクエリ数を最大化することにより、SAP HANA環境においてほぼリアルタイムの分析結果を得られます。

リモートストレージ機器との通信を高速化:NVMe (Non-volatile Memory Express)を使用します。

システムのI/Oパフォーマンスを向上:IBM PowerVMのSR-IOV IBM vNIC共有アダプターサポートにより、サービス品質を強化し、CPU負荷を軽減します。

オープンソースとパートナーのさまざまなソリューションへの対応によりイノベーションを加速し、デプロイメント時間を短縮します。

アプリケーションとデータの確実な移行:IBM POWER8およびPOWER9 ppc64le (「リトルエンディアン」モード)とPowerVM仮想化テクノロジーをサポートします。

自由な選択が可能:認定ハードウェアおよびソフトウェアパートナーソリューションの幅広いエコシステムから、ニーズに合わせてソリューションを構築できます。オープンソースコミュニティによって構築および管理されているSUSE承認済みのパッケージをPackage Hubで活用しましょう。

インフラストラクチャのアジリティを強化:最新のコンテナイノベーションによってアジリティが向上します。オープンソースのDockerに基づくSUSEのコンテナソリューションにより、チーム間の協業が簡単かつ安全に行えます。最小構成のホストOSを使用して、コンテナにアプリケーションを作成して、コンテナアプリケーションとクラウドを統合し、迅速にアプリケーションをデプロイできます。

アプリケーションのパフォーマンス、チューニング、診断を改善:IBM POWER8およびPOWER9によるトレースツールのサポート、最新のGNUコンパイラコレクション(GCC)のチューニングおよびサポートを使用します。

Power Systemsサーバーのファイルシステムをより迅速に構成:サーバーの主要な機能に特化したシステムロールテンプレートを使用します。これらの定義済みインストールパターンテンプレートは、データベースサーバー、仮想ホスト/ゲスト、インストールオプションなどの設定で利用できます。

Zypperを活用したインストール、設定、デプロイメント、管理の包括的なツールセットにより、ライフサイクル管理を最適化し、時間を節約できます