主な特長

IBM Power Systems向けに最適化された高度なRAS(信頼性、可用性、保守容易性)機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションの信頼性を高め、コストを削減

アプリケーションパフォーマンスの向上とデータへの即時アクセスを実現

イノベーションの加速とデプロイメント時間の短縮により、製品化リードタイムを改善

システム要件

サポートされるサーバー

IBM POWER8/POWER9プロセッサベースシステム、OpenPOWER Abstraction Layer (OPAL)システム(ppc64le「リトルエンディアン」モード)。

サポートされるハイパーバイザー

IBM PowerVM。一部IBMシステムではKVMもサポート(テクニカルプレビュー)。

最小ハードウェア要件

SUSE Linux Enterprise Server for POWERの最小ハードウェア要件は、SUSE Linux Enterprise Server 15 クイックスタートガイドに記載されています。

サポートおよびサービスのご紹介

デジタル経済のニーズに合ったビジネスを支援する会社とのパートナーシップにより、自信を持ってインフラストラクチャを変革できます。
ノンストップITのためのサポート
お客様のITを理解した経験豊富な担当者が、365日24時間対応いたします。
詳細はこちら
IT変革を成功に導くサービス
ビジネス要件の達成に向けて柔軟にサービスを提供し、信頼関係を築きます。
詳細はこちら
デジタル経済に関するトレーニングリソース
オープンソースソリューションについての専門知識を提供するトレーニングです。
詳細はこちら