エンタープライズストレージをソフトウェアに変えましょう

Software-definedという方法は初めての方もいるかと思いますが、エンタープライズストレージデバイスのロジックは常にソフトウェアに記述されてきました。ここ数年でハードウェアが進歩したため、エンタープライズストレージソフトウェアとハードウェアを分離できるようになりました。Software-defined Storageは新しい概念ではありませんが、ストレージソフトウェアをストレージハードウェアから分離することは、新しい価値として有効です。

Software-defined Storageを適切に導入することで、設備投資や運営経費といったストレージコストを大幅に削減する高スケーラブルなソリューションが手に入ります。また、簡素性、堅牢性、柔軟性を備え、業界をリードする機能を活用できます。

オープンソースSoftware-defined Storageの使用を開始するための5つのステップ

オープンソースSoftware-defined Storageの紹介とSUSEを選択する理由

今すぐ読む

製品の注目記事

SUSE Enterprise Storage 4

今すぐ読む

テクニカルガイド

SUSE Enterprise Storage 4

詳細はこちら
拡張と管理が容易
低コストのストレージ
堅牢性、信頼性、災害耐性に優れたストレージ
拡張と管理が容易

無制限のスケーラビリティを提供するストレージクラスタ

Cephテクノロジーは、オープンソースのCephプロジェクトをベースとしたSoftware-defined Storageソリューションで、分散ストレージクラスタとして設計されており、数テラバイトから数ペタバイトまでの事実上無制限のスケーラビリティを備えています。真のブロック/オブジェクト/ファイル統合ソリューションなので、「大量データ」、「大容量データ」、「アクティブアーカイブ」向けアプリケーションに最適です。

Cephは、自己管理型かつ自己修復型テクノロジーです。インテリジェントなアルゴリズムにより、高度に分散化された方法でデータを保存します。データの使用状況を継続的にモニターして、データの保存先を調整します。これにより、複数の管理者がストレージを常にモニターおよび管理することなく、システムのパフォーマンスを最適化できます。


低コストのストレージ

予算を維持しながら、ストレージの拡張に対応

SAN、NAS、商用ストレージアレイなど、従来のエンタープライズストレージハードウェアは取得コストが高く、拡張コストはさらに高額です。

一方、SUSE Enterprise Storageはコモディティ化した既製のサーバーおよびストレージハードウェアで構築されたSoftware-defined Storageです。オープンソースソフトウェアによって高度な機能も提供されます。そのため、初期設備投資コストを大幅に削減できるだけでなく、エンタープライズクラスのストレージを導入する際のGBあたりコストを最大50%削減できる場合もあります。また、ストレージのライフサイクルを通じた所有、管理、拡張、アップグレードの継続的なコストも削減できます。

その結果、必要なストレージ容量の絶え間ない増加に対応しながら、IT予算を厳密に管理できます。

堅牢性、信頼性、災害耐性に優れたストレージ

データへのすばやく簡単なアクセス

今日の企業にとっては、スケーラビリティやコスト削減だけでなく、迅速で簡単なデータアクセスも不可欠な要素となります。つまり、適切なストレージソリューションを選択する際には、信頼性や災害耐性も重要な判断材料になります。Software-defined Storageソリューションは、SPOF (single point of failure)を排除するために、冗長性が高いアーキテクチャを備えている必要があります。また、データの複製、リモートレプリケーションおよびイレージャーコーディングによる高度で堅牢なデータ保護、効率性に優れたリカバリ、迅速な再構築などの機能を備えている必要があります。

年間最優秀製品(Product of the Year)
年間最優秀ストレージ製品(Storage Product of the Year)
年間最優秀ストレージ製品(Storage Product of the Year)
Storage Magazine編集者賞(Storage Magazine Editors Choice)
年間最優秀クラウドイネーブラー(Cloud Enabler of the Year)

当社にとって、SUSE社は常に業界をリードしてきた存在であり、SUSE社の製品は常に他社の製品よりも抜きん出ていました。

そしてついに今、自己修復・管理機能を備えた、分散型ソフトウェアベースのエンタープライズストレージが登場しました。企業に必須の製品で、SUSE社が提供しています。この製品への乗り換えは、あらゆるエンタープライズビジネスを視野に入れる企業にとってまたとない好機になるでしょう。

SUSE社は、オープンソーステクノロジーとその関連コンポーネントのすべてを使って、その製品をインストールしやすく、使いやすく、サポートを受けやすい形でお客様に提供しており、これが同社の高い評判に大きく寄与しています。