NUREMBERG, Germany


SUSE®は本日、ITインフラストラクチャ管理の複雑性軽減で顧客を支援する「SUSE Manager 3」の提供開始を発表しました。本製品は、DevOpsやハイブリッドクラウド型ソリューションを採用することで、コスト削減や応答性の向上を必要とする顧客に大きな利点をもたらします。俊敏性とイノベーションの向上を理由に企業の77%がプライベートクラウドを採用している中、これに伴ってITの複雑化が進み、管理、自動化、監視機能の強化がSUSE Managerに求められています。

Linuxサーバ管理ソリューションの最新版のSUSE Manager 3は、ディストリビューション、ハードウェアアーキテクチャ、仮想プラットフォーム、クラウド環境にわたって、Linuxサーバの包括的なライフサイクル管理/監視を実現します。SUSE Manager 3にはSalt自動化ソフトウェアが搭載されているだけでなく、構成管理機能が向上し、より使いやすいサブスクリプション管理機能、強力になった監視機能が備わっています。

「SUSE Managerは、ビジネスニーズの変化に対するITの応答性を向上できるよう開発されており、Saltの統合により、構成自動化機能が強化されています。管理の容易さと拡張性、パフォーマンス、高可用性が極めて重要な意味を持つ、大規模かつ非常に複雑なデータセンター環境にとって、SUSE Manager 3はこれまで以上に有益な製品です。お客様もご存知の通り、サーバのアップデート、パッチ適用、構成を手作業で行なうのは困難で時間を要するものですが、SUSE Managerでは、Linuxシステムの集中管理を自動化することで、こうした問題を解消しコストも削減します。」と、SUSEの戦略・アライアンス・マーケティング担当プレジデントであるマイケル・ミラー(Michael Miller)は述べています。

IDCのエンタープライズシステム管理ソフトウェア担当リサーチバイスプレジデントであるマリー・ジョンストン・ターナー(Mary Johnston Turner)氏は、次のように述べています。「SUSE Manager 3は、今日のDevOpsやハイブリッドクラウドの管理チームが持つニーズに直接応える、重要な機能拡張をもたらします。SUSE ManagerとSaltの新たな統合により、従来型Linuxサーバのプロビジョニング機能や電源管理機能の枠組みを超えた単一の統合ツールを、顧客は手にすることができます。この結果、物理、仮想、クラウドのインフラストラクチャで導入される混合型のLinuxプラットフォームでは、構成、プロビジョニング、パッチ管理、監視、レポーティングといった機能の自動化と拡張性が大幅に向上します。」

SUSE Manager 3は、オープンソースによる最高のIT管理ソリューションであり、複数のLinuxディストリビューション、x86、IBM Power Systems、z Systemsといったハードウェアプラットフォームのほか、物理環境、仮想環境、クラウド環境のすべてを、中央集中型のコンソールから管理できます。主要な新しいメリットは以下の通りです。

  • Saltによる構成管理機能の向上により、ITの効率化が実現:
    Saltベースの構成管理機能を活用することで、顧客は速度やセキュリティを損なうことなく、数万台ものシステムを展開できます。リアルタイムの構成機能と監視機能により、数百台あるいは数千台ものサーバをもつ大規模な環境で、パッチ適用に要する時間が大幅に短縮されます。
  • SUSEサブスクリプションの使用と管理の最適化:
    SUSE Managerの新たなサブスクリプション管理ツールは、SUSE製品の使用に関し、詳細な洞察をもたらすことで、サブスクリプションの利用状況の過不足を特定します。これにより、顧客は必要なサブスクリプションのみを、必要な時に支払うことが可能です。
  • Nagios互換のIcinga監視サーバを通じて監視機能を強化、ITの複雑性を軽減:
    Icingaの監視機能の統合により、レポート機能が向上し、使い勝手に優れた監視ソリューションが実現しており、アドオンの管理機能も柔軟に導入できます。SUSE Managerの顧客は、社内にある既存の監視ソリューションも柔軟に使用でき、IT資産をより効果的に制御・管理できます。

SaltStackのCEOであるマーク・チェン(Mark Chenn)氏は、次のように述べています。「SUSE Manager 3でSaltが使用されることで、構成管理機能のみならず、最新のエンタープライズLinux環境で必要となる、予測に基づくオーケストレーション機能も強化されます。Salt自動化ソフトウェアの優れた拡張性、柔軟性、リアルタイム性により、SUSEのお客様は今後、クラウド、仮想、ベアメタルのLinuxインフラストラクチャとアプリケーション環境をより効率的に管理できます。その結果、管理の手間が軽減され、ITの生産性やセキュリティ、信頼性が向上します。」

価格と提供時期を含むSUSE Manager 3についての詳細は、suse.com/products/suse-managerをご覧ください。

<SUSEについて>
SUSEは、オープンソースソフトウェアのパイオニア企業であり、信頼性と相互運用性に優れたLinuxおよびクラウドインフラソリューションを提供することで、企業のコントロール能力と柔軟性を高めています。その卓越したエンジニアリング能力、圧倒的品質のサービス、他の追随を許さないパートナーエコシステムは、20年以上の歴史を誇り、これに裏打ちされた製品とサポートは、顧客企業が複雑な要素を管理し、コストを削減し、自信を持ってミッションクリティカルサービスを提供できるよう支援しています。また、長期的な関係を構築することで、現在および将来にわたり、顧客が成功する上で欠くことのできない、より高度なイノベーションの開発・提供を実現しています。詳細については、https://www.suse.com/ja-jp/ をご覧ください。

■ノベル株式会社について
ノベル株式会社は、Micro Focus Internationalの日本法人です。詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。
http://www.novell.com/ja-jp

(Visited 1 times, 1 visits today)

Category: 未分類
You can follow any responses to this entry via RSS.