SUSE Linux Enterpriseをベースとするサーバは、現在販売されている中で最も信頼性が高く効率的で、コスト効率も高いソフトウェアインフラシステムであると言えます。SUSE Linux Enterprise Serverには、優秀なサポートと広範なオープンソーステクノロジネットワークというメリットがあります。

SUSE Linux Enterprise Serverはマルチプラットフォーム環境向けに設計されており、Microsoft社SAP社VMware社から推奨されています。

アップタイムの向上

複数の新機能により、そもそも優れているSUSE Linux Enterprise Serverの信頼性、可用性、保守の容易性がさらに向上します。サービスレベル契約に従い、ビジネスをスムーズに継続しましょう。

詳細はこちら ›

イノベーションの加速

SUSE Linux Enterprise Serverなら、新しいオープンソースやパートナーのテクノロジに素早くアクセスできます。SUSEのソフトウェアは質が高く、統合が容易であるため、価値を得るまでの期間も短縮されます。

詳細はこちら ›

運用効率の向上

IT管理を簡素化および自動化する新しいツールで、業務効率を改善できます。SUSE Linux Enterprise Serverの 柔軟な展開オプションにより、時間とコストを節約しましょう。

詳細はこちら ›

ミッションクリティカルなコンピューティング

SUSEを使用して、生産性と競争力を次のレベルに引き上げましょう。SUSE Linux Enterpriseは、Service Pack 1により機能を拡張することで、物理環境、仮想環境、クラウド環境のすべてにわたってミッションクリティカルなコンピューティングに対応する、非常に相互運用性の高いプラットフォームとなります。

Linux上でSAPソリューションを実行

多額のコストを投入したり、複雑なビジネス継続性ソリューションに大きな投資をしたりせずに、ビジネスに必要なレベルのアップタイムとパフォーマンスを手に入れるにはどうすればよいでしょうか。数万ものSAPとSAP HANAのお客様にとって、その答えはSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsです。これは、Linuxで実行されるSAPソリューションの主要なプラットフォームであり、SAP HANAに最適なOSとして推奨されサポートされています。

アプリケーションのSUSEへのマイグレーション

アプリケーションのLinuxへのマイグレーションは、ITインフラ、テクノロジ、プロセスの継続的な改善の一環で、専有プラットフォームやソフトウェア更新(Windows、UNIX、S/390)のコストの高さに対処するためや、データセンターのコストパフォーマンスメトリクスを向上させたい場合、クリティカルなアプリケーションがサポートされなくなる場合などに行われます。