ドイツ、ニュルンベルク


ノベル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 河合 哲也、以下ノベル)は本日、エンタープライズ向けIaaS(Infrastructure-as-a-Service)プライベートクラウドソリューションの最新版、「SUSE Cloud 4」の提供を開始しました。SUSE Cloud 4は、最新版のOpenStack(Icehouse)をベースとしており、分散ストレージシステムCephを完全サポートします。また先進のVMware機能に加え、拡張性、自動化、可用性の機能を強化することで、企業におけるOpenStack導入を容易にし、既存のIT投資を最大限に活用できるよう支援します。

SUSE Cloudの機能とサポートによって、企業はOpenStackというオープンな標準を使ったプライベートクラウドをシームレスに構築することができます。SUSE Cloudのインストールフレームワークにより、OpenStackのインストールと管理が容易になります。またSUSE Cloudは、HA(高可用性)構成を自動で行える、初のOpenStackディストリビューションです。これにより、プライベートクラウド環境の継続的な運用と、エンタープライズ・グレードのSLA(サービス水準合意)が保証されます。さらに、SUSE Cloudは複数のハイパーバイザの混在環境をサポートしているため、クラウド設計においてより豊富な選択肢と相互運用性を企業に提供します。対応ハイパーバイザは、KVM、Xen、Microsoft Hyper-V、VMware vSphereです。

SUSE Cloud 4は、以下のメリットを顧客企業にもたらします。

  • Cephをベースとした、ソフトウェア定義型ストレージの導入によりコストが削減されます。SUSE Cloudのインストールフレームワークにより、Cephクラスタの自動的な構成・設定が可能です。Cephは一般的なハードウェアを使用した単一のソリューションとして、仮想マシンレベルで持続的なブロックストレージのプロビジョニングを行うことができます。これにより検索と処理を迅速に行いつつ、極めて拡張性が高く、復旧性に優れたイメージとオブジェクトのクラウドストレージを構築可能です。
  • VMware vSphere環境とOpenStackの連携強化により、VMwareへの既存投資を最大限活用できます。SUSE Cloudは既にサポートしているVMware vSphere® コンピュート・ノード、VMware NSX™ネットワーク仮想化、ブロックストレージ用のvSphereドライバに加えて、今回新たにVMwareのイメージ管理機能と VMware Virtual SAN™をサポートします。
  • スケーラビリティと自動化をさらに強化するのと同時に、ワークロード導入の簡素化を実現しました。SUSE Cloudは、データベース、ロードバランサ、ファイアウォールをサービス形態(-as-a-service)で提供します。これらのサービスが標準化されたことで、ユーザー自身でこれらのサービスの管理・構成をする作業が不要となります。さらに、SUSE Cloudでは、定義済みテンプレートセットを基に、複数の仮想マシンの制御・調整を自動化するオーケストレーションサービスと、コンピュート、ストレージ、ネットワーキングなど、その他のクラウドサービス間でより緊密な連携が実現され、アプリケーションのスケーラビリティが向上しています。

OpenStack Foundationのエグゼクティブディレクターであるジョナサン・ブライス(Jonathan Bryce)氏は、次のように述べています。「OpenStackは、エンタープライズのお客様でも広く採用されるようになってきています。エンタープライズユーザからは、HA機能、自社の環境にある既存のツールやプラットフォームとの連携、上流における技術革新の活用が重要であるとの声が寄せられています。これはまさに、SUSEが訴求している市場にほかなりません。」

米IDCのストレージ担当プログラムバイスプレジデントのローラ・デュボイス(Laura DuBois)氏は、次のように述べています。「ソフトウェア定義型ストレージは、IaaSクラウドの一要素として、重要性が高まっています。CephとOpenStackは、相互補完性の高いソリューションであり、ビジネス目標の達成に向けて、より柔軟性・応答性の高いインフラの実現を模索する企業にとっては、これまで以上に重要視されています。SUSE Cloud上でCephをインストールすることで、企業ユーザーは導入プロセスを簡素化でき、かつOpenStackクラウドの一部としてストレージのスケーラビリティを得ることができます。」

独SUSEのグローバルアライアンス&マーケティング担当バイスプレジデントのマイケル・ミラー(Michael Miller)は、次のように述べています。「SUSEはこれまで、標準化されたOpenStackディストリビューションをエンタープライズ向けデータセンターに導入可能にする上で主導的な役割を果たしてきました。SUSE Cloudを使用することで、優れた高可用性と、ハイパーバイザ混在環境を、簡単に、そして高いコストパフォーマンスで実装できます。さらに今回、Cephの分散ストレージ機能が加わったことで、すべてのエンタープライズ環境で、SUSE Cloudが提供する価値と柔軟性が高まります。

SUSE Cloudのパートナー各社のコメント
米Cisco社のクラウドコンピューティング担当バイスプレジデント兼最高技術責任者のルー・タッカー(Lew Tucker)氏は、次のように述べています。「企業が求めているのは、OpenStackとクラウドコンピューティングに対する統合的かつ柔軟なアプローチです。UCS ManagerとSUSE Cloudのインストールフレームワークを連携させると共に、OpenStack Networking用のNexus ML2ドライバをフルサポートすることで、CiscoとSUSEは、お客様がオープンなプライベートクラウドを容易に導入できるよう、そのサポートに取り組んでいます。」

仏Hedera Technology社のCEOであるジェレミー・ボドーン(Jérémie Bourdoncle)氏は、次のように述べています。「Hedera Cloud Managerは、プライベート、ハイブリッド、パブリックのクラウドを対象に、リソースの導入・管理を自動的に行います。SUSE CloudのHA機能や自動化機能が、Hedera Cloud Managerの最適化機能や統合サービス管理機能と一つになることで、お客様は、持続可能なクラウドインフラを構築し、自社のビジネス環境の変化に対し、迅速に対応・適応できます。」

米Intel社のバイスプレジデント兼オープンソーステクノロジーセンターのコアシステムソフトウェア担当ディレクターであるマウリ・ウェイレン(Mauri Whalen)氏は、次のように述べています。「企業によるプライベートクラウドの採用を後押しする活動を中心とし、OpenStackコミュニティは現在、その勢いを増しています。一方、オープンソース技術のメリットを企業にお届けするため、IntelとSUSEはこれまで18年間にわたり、協力を行ってきました。HA機能など、必要不可欠な要件を特定・実現し、Intelアーキテクチャをベースとした導入環境の推進をサポートするため、両社は今後も、共通のお客様との間で緊密な協業を行っていきます。」

仏UShareSoft社のCEOであるアルバン・リチャード(Alban Richard)氏は、次のように述べています。「UForge for SUSE Cloudによって、お客様には、SUSE Cloud OpenStackプラットフォームと、セルフサービス型のシンプルなソフトウェアのテンプレート作成・移行ツールを連携させた、初期設定不要のハイブリッド型ソリューションをご利用いただけます。SUSE CloudとUForgeの組み合わせにより、エンタープライズのお客様は、初期設定なしにハイブリッドクラウドを実装し、既存の仮想データセンターや新しいパブリック/プライベートクラウド環境において、効率的なリソースのスケーリングや、高速で簡単かつ一貫したワークロードを導入することができます。

米VMwareのOpenStack製品管理担当ディレクターのダン・ウェンドランド(Dan Wendlandt)氏は、次のように述べています。「VMwareとSUSEは、お客様に豊富な選択肢をもたらし、柔軟性を高めるべく、これまで長きにわたって協力してきました。OpenStack内での、コンピュート、ネットワーク、ストレージ、管理に関するVMwareのエンタープライズ仕様の技術については、お客様から引き続き高い需要が寄せられています。私たちはこれまで、こうしたVMware技術の連携機能を、OpenStackコミュニティに無償公開してきました。SUSE Cloud 4は、このようなコミュニティへの貢献を、製品の形で実現したものであり、お客様にとっては、OpenStackクラウドの構成要素として、VMwareの各種技術を最善の形で選択することが、これまで以上に簡単になります。」

SUSE Cloud 4の価格に関する詳細は、suse.com/products/suse-cloud/how-to-buyをご覧ください。

SUSEについて
SUSEは、オープンソースソフトウェアのパイオニア企業であり、信頼性と相互運用性に優れたLinuxおよびクラウドインフラソリューションを提供することで、企業のコントロール能力と柔軟性を高めています。その卓越したエンジニアリング能力、圧倒的品質のサービス、他の追随を許さないパートナーエコシステムは、20年以上の歴史を誇り、これに裏打ちされた製品とサポートは、顧客企業が複雑な要素を管理し、コストを削減し、自信を持ってミッションクリティカルサービスを提供できるよう支援しています。また、長期的な関係を構築することで、現在および将来にわたり、顧客が成功する上で欠くことのできない、より高度なイノベーションの開発・提供を実現しています。詳細についてはsuse.comをご覧ください。

◇ノベルおよびネットアイキューについて
ノベル株式会社とネットアイキュー株式会社は、The Attachmate Groupの日本法人です。The Attachmate Groupは、Attachmate、NetIQ、ノベル、SUSEの4事業部を統括しています。

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。
Novell, Inc. http://www.novell.com/ ノベル株式会社 http://www.novell.com/ja-jp
NetIQ Corporation http://www.netiq.com/ ネットアイキュー株式会社 http://www.netiq.com/ja-jp

(Visited 1 times, 1 visits today)

Category: 未分類
You can follow any responses to this entry via RSS.