SUSE Studioは、ソフトウェアアプリケーションの構築とテストを目的に設計されています。物理、仮想、またはクラウドベースのアプリケーションの作成をサポートします。SUSE Studioにはオンラインバージョンとオンサイトバージョンがあります。どちらのバージョンでも、SUSE Linux Enterprise Serverをベースにして独自のアプリケーションイメージまたはアプライアンスを構築できます。

IT部門にとっての主な利点:
  • 最適化された一貫性のあるアプリケーションイメージを数分で作成
  • 物理環境、仮想環境、クラウド環境でソリューションを簡単に実行できる柔軟性を獲得
ソフトウェアベンダーにとっての主な利点:
  • ソフトウェア開発サイクルの簡素化
  • 競争上の優位性を維持し、クラウドコンピューティングに迅速に適応

無料のオンラインバージョンをお試し

クリックしてその他の特長を表示
バージョン1.3

システム要件

  • SUSE Studio Onlineは無料のオンラインWebサービスで、susestudio.comからアクセスできます。
SUSE Studioの最小要件:
  • CPU: x86-64のみ、仮想化対応であること
  • メモリ: 8GB以上のRAM (ただし、大きいメモリを推奨)
  • ディスク: 100GB以上の空きディスク容量を推奨
SUSE Lifecycle Management Serverの最小要件:
  • 4GBのRAM、CPUあたり1GB以上
  • 管理対象アプライアンスにつき4GBのディスク容量
  • ネットワークインタフェース(イーサネット)
マニュアル
クリックしてその他の技術仕様を表示
成功事例
クリックしてその他のリソースを表示

簡素化

SUSE Studioは、アプリケーションの構築とデータセンター環境への統合にまつわる複雑性を大幅に緩和します。お決まりの手間のかかる作業を自動化することで、簡単にアプリケーションイメージを作成、展開、管理できます。

詳細はこちら ›

合理化

SUSE Studioは、アプリケーション展開の非効率的な手作業のプロセスを実質的に排除することで、クラウドコンピューティングから多くの問題点を取り除きます。Studioは、物理、仮想、およびクラウド環境向けのアプリケーションを構築するプロセス全体を合理化します。

詳細はこちら ›

ダウンタイムの

SUSE Studioでは、新しいテクノロジを容易に導入し、開発サイクルを短縮して、既存のアプリケーションをクラウドへと拡張すると同時に、サポートコストや開発コストの削減も可能です。市場拡大を促進し、ビジネスパフォーマンスを高め、競合企業との差別化を実現します。

詳細はこちら ›