SUSE Linux Enterprise Server for ARM

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは、初の商用エンタープライズグレードLinux配布パッケージです。64ビットArmv8-Aアーキテクチャをベースとしたサーバー向けに最適化されており、エンタープライズクラスのセキュリティを備え、優れたサポートが用意されています。ハードウェア/ソフトウェアソリューションプロバイダーやArmサーバーのアーリーアダプターは、定評あるLinux配布パッケージで最新世代のArmベースの機能を活用できます。

主な機能
  • Armv8-Aプロセッサの幅広いサポート
  • 64ビットArmソリューションの開発とパッケージングに使用できる高度なツール
  • ストレージ、ネットワーキング、HPCなどのArm System-on-a-Chip (SoC)機能の最適化
  • Armエコシステムセキュリティメカニズム対応
  • Raspberry Piの商用利用のためのイメージ
  • SUSEサポートサブスクリプションオプション
Raspberry Pi

システム要件

メモリ
  • ローカルインストール:512MiBのRAM
  • 512MiBのスワップを推奨
ディスク容量
  • 2GiB以上の空きディスク容量
  • すべてをインストールする場合は8.5GiB以上を推奨
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB
サーバー固有
  • ストレージサーバー
  • KVM仮想ホストサーバー
  • ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)サーバー
  • ネットワークサーバー

SUSE Linux Enterprise Server for ARMはどのようなものですか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは、SUSEの新しいLinuxサーバープラットフォームです。Armv8-Aアーキテクチャサーバー向けに最適化された初の商用エンタープライズグレードLinux配布パッケージを、ソリューションプロバイダーに提供します。

SUSE Linux Enterprise Server for ARMでは仮想イメージはサポートされますか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは、KVMによって仮想化のフルエンタープライズサポートに対応しています。

どのようなサポートオプションがありますか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMには、すぐにアクセス可能なソフトウェアアップデートと、業界トップクラスのテクニカルサポートが用意されています。サブスクリプションのオプションには、スタンダードサポート(1日12時間、週5日間対応で、重大度1の問題に最長2時間で応答)と、プライオリティサポート(1日24時間、週7日間対応で、重大度1の問題に最長1時間で応答)があります。SUSE Linux Enterprise Serverサポートサブスクリプションの詳細はこちら。

SUSEではどの64ビットArmプロセッサシステムがサポートされていますか?

SUSEは、次のArmプロセッサプロバイダーと提携して、独自のArmv8-A機能の活用とテストを行っています。

  • Advanced Micro Devices (AMD):Opteron A1100
  • Cavium:ThunderX
  • Cavium:ThunderX2 CN99xx *
  • Cavium:Octeon TX *
  • HiSilicon:Hi1616 *
  • NXP:QorIQ LS2085A/LS2045A、LS2080A/LS2040A
  • NXP:QorIQ LS1043A *
  • MACOM/Applied Micro:X-Gene 1、X-Gene 2
  • MACOM/Applied Micro:X-Gene 3 *
  • Marvell:Armada 7040/8040 *
  • Rockchip:RK3399 *
  • Qualcomm:Centriq 2400 *
  • Xilinx:Zynq UltraScale+ MPSoC

* SUSE Linux Enterprise Server for ARM 12 SP3で新たにサポートされたプロセッサ。

注記:Armプロセッサについては、SUSE YES認証を受けた特定のハードウェアベンダーにお問い合わせください。利用可能なArm System on a Chipハードウェアは変化が著しいため、すべてのプラットフォームに同程度のハードウェアテストを実施しているわけではありません。

SUSE Linux Enterprise Server for ARMはどのようなワークロードに対応できますか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは、Armv8-Aプロセッサとオープンソースコミュニティベースソリューション(ストレージ、ネットワーキング、ハイパフォーマンスコンピューティング)の高度な機能を幅広く柔軟にサポートします。主に次のようなことが可能です。

  • NUMAで95個以上のプロセッサコアをサポートできる機能を使用して、革新的で大規模なハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、ストレージ、ネットワーキングソリューションを開発できます。
  • HPCモジュールを使用して、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の最新機能をすばやく簡単にデプロイできます。このモジュールはベースOSよりも頻繁に更新されるため、ベースOSを変更することなく、急速に進化するHPCに対応可能です。これにより、ソリューションの製品化リードタイム要件を満たせます。プラットフォームの広範な再テストは不要です。
  • 組み込みのCephクライアント対応機能により、Software-Definedストレージが実現します。
  • Open Build Service (OBS)とSUSEのPackage Hubの追加ソフトウェアを使用して構築された、コミュニティソースかつSUSE検証済みのArmベースパッケージで、オープンソースのイノベーションを活用、貢献できます。

ソリューションプロバイダーにとってSUSE Linux Enterprise Server for ARMの利点は何ですか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMにより、ハードウェア/ソフトウェアソリューションプロバイダーは次のことが可能になります。

  • 革新的なソリューションを提供する:強固なOS基盤を持つソリューションにより、Armv8-Aプロセッサとオープンソースコミュニティベースソリューション(ストレージ、ネットワーキング、ハイパフォーマンスコンピューティング)の高度な機能を幅広く柔軟にサポートできます。
  • 製品化リードタイムを短縮する:多数の高度なツールを使用して、64ビットArmシステム向けのLinuxソリューションのコンパイル、パッケージング、デプロイメントを迅速に行えます。
  • Arm System-on-a-Chip (SoC)の独自の機能を活用する:ストレージの最適化、ネットワーク統合基盤、暗号化および圧縮エンジンのサポート、カスタムFPGA機能などを活用できます。
  • 商用ワークロードのセキュリティを強化する:共通基準(CC) EAL4+をサポートするように設計され、Armエコシステムセキュリティメカニズムに対応する、商用OS向け最高レベルのセキュリティを使用します。
  • 短時間で問題を解決し、安心感を高める:すぐに利用できるSUSE Premium Supportサービスには、最長1時間の応答や24時間365日対応などのオプションがあります。
  • アプリケーションのパフォーマンスを最適化する:SUSE Linux Enterprise Serverのツールチェーンモジュールで提供されている最新コンパイラテクノロジーでコンパイルすることにより、最適化が可能です。

Armサーバーの早期導入企業にとって、SUSE Linux Enterprise Server for ARMの利点は何ですか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMにより、ハードウェア/ソフトウェアソリューションプロバイダーは次のことが可能になります。

  • 革新的なソリューションを提供する:強固なOS基盤を持つソリューションにより、Armv8-Aプロセッサとオープンソースコミュニティベースソリューション(ストレージ、ネットワーキング、ハイパフォーマンスコンピューティング)の高度な機能を幅広く柔軟にサポートできます。
  • Arm System-on-a-Chip固有の機能をデプロイする:Cephサポートなどのストレージの最適化や、ネットワーキングソリューションをデプロイできます。
  • 商用ワークロードのセキュリティを強化する:共通基準(CC) EAL4+をサポートするように設計され、Armエコシステムセキュリティメカニズムに対応する、商用OS向け最高レベルのセキュリティを使用します。
  • 短時間で問題を解決し、Linus OSを保守する時間と労力を減らす:1時間内という短時間の応答や24時間365日対応など、SUSEサポートサブスクリプションのオプションをすぐに利用できます。

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは企業のIT部門向けですか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは、ハードウェア/ソフトウェアソリューションプロバイダー向けです。エンタープライズクラスのセキュリティと優れたサポートを利用して、定評あるオープンソースの業界標準OS配布パッケージでArmv8-Aプロセッサ機能を活用することにより、革新的なソリューションを提供し、製品化リードタイムを短縮できます。アーリーアダプター企業にはSUSE Linux Enterprise Server for ARMの評価を推奨していますが、SUSEでは現在のところ、企業のIT部門向けの直接サブスクリプションモデルは提供していません。

SUSE Linux Enterprise Server for ARMはRaspberry Pi上で実行できますか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMには、SDカードに保存可能なRaspberry Pi用のイメージが含まれています。これにより、Raspberry Piを産業用オートメーションのためのIoTデバイスとして使用する組織は、OSのイネーブルメントや保守ではなくソリューションのデリバリーに専念できます。64ビットArmプロセッサとSUSE Linux OSを低コストで試したい開発者向けに、SUSE Linux Enterprise Serverを紹介する60日間無料評価版も用意しています。Raspberry Pi 3 Model Bをサポートし、使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスでブートできます。また、コンパイラや人気の高い開発ツールもダウンロードできます。

SUSE Linux Enterprise Server for the Raspberry Piの入手方法を教えてください。

本番環境用のSUSE Linux Enterprise Server for ARM for the Raspberry Piは、SUSE Linux Enterprise Serverのダウンロードページ(www.suse.com/download-linux)で入手できます。非本番環境での教育および検証を目的に、無料のパッチおよびアップデート付きの評価版として60日間使用できます。

イメージ(最大650MB)をダウンロードしたら、解凍して、容量8GB以上のSDカードに保存してください。

クイックスタートガイドはwww.suse.com/documentation/suse-best-practices/sles-for-arm-raspberry-pi/data/sles-for-arm-raspberry-pi.htmlでご覧いただけます。

どのRaspberry Piオプションがサポートされていますか?

次のI/Oオプションがサポートされています。

  • HDMI
  • USBキーボード
  • USBマウス
  • Ethernet
  • Bluetooth
  • GPIO

bluetoothctlおよび関連アプリケーションでBluetoothコントローラーを使用するには、次のコマンドを実行します。

hciattach /dev/ttyAMA0 bcm43xx 921600

ハードウェアドライバーについては、ソースコードが上流のオープンソースコミュニティで公開後、SUSE Linux Enterprise製品に含まれます。そのため、Raspberry Pi 3の次の機能は使用できません。

  • オーディオ(ジャック経由)
  • カメラ
  • Raspberry Piタッチスクリーン
  • HATS
  • HDMIオーディオ
  • H.264 MPEG

旧バージョンのRaspberry Piは使用できますか?

SUSE Linux Enterprise Server for ARMは、Raspberry Pi 3 Model Bを含む64ビットのハードウェアのみサポートしています。現在、Raspberry Pi 3 Model B+はサポートされていません。3 Model Bより前のRaspberry Piはいずれも32ビットです。

Armv8-A機能の優れたサポート

ストレージ、ネットワーク統合基盤、暗号化および圧縮エンジンのサポート、カスタムFPGA機能など、Armv8-Aプロセッサの最適化機能を活用できます。

詳細 >

高度なデプロイメントツール

多数の高度なツールで製品化リードタイムを短縮し、Armサーバーシステム向けのLinuxソリューションのコンパイル、パッケージング、デプロイメントを迅速に行うことができます。

詳細 >

Armv8-Aプロセッサの幅広いサポート

強固なOS基盤を持つ革新的で高性能なソリューションを提供して、Armv8-Aプロセッサとオープンソースコミュニティベースソリューションの高度な機能を幅広く柔軟にサポートできます。

詳細 >