ダウンタイムとの決別

SAP S/4HANAを始めとするミッションクリティカルなSAPシステムは、ビジネスとお客様のイノベーションを推進する重要な存在です。もし、この重要なシステムが停止したらどうなるでしょうか?

セキュリティリスクを修正するための計画的なシステム停止でも予定外のシステム停止でも、生産性だけでなく収益や顧客満足度も低下し、コストが増加する可能性があります。

SUSEソリューションがもたらすメリット

生産性の向上によるイノベーションの推進

予定外のシステム停止と手動フェールオーバープロセスは混乱をもたらし、手間と時間を要します。複雑さを増すITアーキテクチャではなおさらです。SAP HANA、SAP NetWeaver、SAP S/4HANAソリューション向けの主要なLinuxプラットフォームにSUSE Enterprise Server for SAP Applicationsがもたらすメリットをご紹介します。

  • 繰り返し発生する手動タスクを自動化
  • 管理業務を削減し、管理を簡略化
  • ITスタッフへのプレッシャーを軽減
  • 革新的なソリューションの提供を支援
  • システム停止の解決に要する時間を短縮

重要な業務を継続させ、収益を維持

ミッションクリティカルな事業部門は、SAP S/4HANAシステムによりお客様データおよび経営データからサプライチェーンに関する実践的な知見を得ています。システムの停止時間は、収益の減少とコストの増加を意味することになります。SUSE Linux Enterprise Live Patchingにより、Linuxセキュリティパッチの適用中もSAPを中断なく稼働する方法をご紹介します。SUSEの高度な高可用性ソリューションは以下のメリットをもたらします。

  • アップタイムを中断させないことでビジネスクリティカルな事業部門の生産性を維持
  • サービスを中断することなくセキュリティの脆弱性から保護
  • コストの増加やお客様の不満を回避して収益の保持を支援

サービスの運用効率を改善

ITシステムを継続的に保守することで、ビジネス要件を満たし、最適なパフォーマンスを確保することができます。これにはソフトウェアの更新や設定の変更が必要になりますが、ここでエラーが生じると、ダウンタイムが長期化し、組織とコンプライアンスがリスクにさらされる可能性があります。SUSE Managerのメリットは次のとおりです。

  • SAPサービスの設定を事前予防的に管理
  • 重大なエラー修正のために計画的または予定外のダウンタイムが必要になる前に、問題の可能性を検知
  • SAPシステムのステータスを監視して表示し、トラブルシューティングに要する時間を短縮
  • 設定管理を自動化し、コンプライアンスレポートの簡略化により運用効率を向上