SQL Server on Linuxの力

オンプレミスにもクラウドにも対応するデータインテリジェンスのための
最新プラットフォーム

今すぐAzureで起動

Microsoft SQL Serverにより、開発者と企業は、オンプレミス、クラウド、エッジのシナリオおよびコンテナデプロイメントを含めたLinuxを含む任意の言語と環境でデータの力をフルに引き出すことができます。SUSEのお客様は、SQL Server on Windowsと同等の、妥協のないエンタープライズグレードのセキュリティ機能にすべてアクセスできます。

SUSE LinuxのAzure VMでのSQL Server実行

オンプレミスでもクラウドでも同一のエクスペリエンス

SQL Server 2019により、すべての構造化データや非構造化データにインテリジェンスを適用できます。

Linuxは、SQL Server 2017からサポートされているプラットフォームです。SUSEは、スループットの最適化とレイテンシの短縮を実現するAzure向けのカーネルのチューニングなど、Microsoftとの共同開発を進めています。

SUSE LinuxのAzure VMでSQL Serverを実行することにより、データをクラウドに移動するメリットを享受できるベストプラクティスを実践できます。

SQL Server on Linuxの導入

SUSEとMicrosoftの相互対応によりSQL Server on Linuxのオンプレミスでの成功やAzureオプションなどが実現した経緯をご紹介します。

ブログシリーズを読む

Azure Marketplaceの新製品、高可用性のベストプラクティス、コンテナデプロイメントなど、SQL Server on Linuxについて詳しくはSUSEにお問い合わせください。

エンタープライズレベルのパフォーマンスと真の柔軟性を備え、良質の知見をもたらす業界で最もセキュアなデータベース
Microsoftのブログで最新情報を読む

総所有コスト(TCO)の削減と機密データの保護を両立

SQL Serverは、過去9年間にわたってNational Institute of Standards and Technologyから最も脆弱性の少ないデータベースプラットフォームとして評価されています。従来のデータベースソリューションと比べてTCOを12分の1に削減できます。

SUSE Linux Enterprise Serverのお客様は、Transparent Data Encryption、Backup Encryption、Always Encrypted、Cell-Level Encryptionなど、SQL Server on Windowsと同等の妥協のないエンタープライズグレードのセキュリティ機能にすべてアクセスできます。

ハイパフォーマンスの高可用性アプリケーションの構築

SQL Serverは、統一されたプログラミングインターフェイスを維持しながらエディション間のスケーリングが可能です。インメモリOLTPにより、トランザクションの速度を最大30倍、インメモリカラムストアによる分析クエリの速度を最大100倍にスピードアップできます。

SUSE Linux Enterprise ServerのHigh Availability Extensionにより、AzureでのSQL Serverの高可用性に必要なAlways On可用性グループ(AG)の容易な設定、ミッションクリティカルなシステムのアップタイム、高速なフェイルオーバー、管理性の向上を実現できます。

任意の言語と環境であらゆるタイプのデータを分析

SQL Serverにより、開発者と企業は、オンプレミス、クラウド、エッジのシナリオおよびコンテナデプロイメントを含めたLinuxを含む任意の言語と環境でデータの力をフルに引き出すことができます。

SQL Server 2019には、リレーショナルデータ、非リレーショナルデータ、構造化データ、非構造化データに対して横断的にクエリを実行することでビジネスの全体像を容易に把握できるビッグデータクラスターが追加されました。KubernetesクラスターでLinuxコンテナを使用することにより、データレイクの重要な要素であるHadoop Distributed File System (HDFS)、Apache Spark、分析ツールをデプロイして、ビッグデータ環境を容易に管理できるようになりました。

エンタープライズクラスのパフォーマンスと真の柔軟性を備え、良質の知見をもたらす業界で最もセキュアなデータベース