主な特長

icon icon

ワークロードスケジューリングが、リソースの使用率を改善させつつ、ニーズに従ってコンテナを配置...

Read More

icon icon

サービスの検出と負荷分散が、サービスのIPアドレスを提供し、バックグラウンドで負荷の分散を実行...

Read More

icon icon

状況のモニタリングと管理がアプリケーションの自己修復と可用性をサポート...

Read More

icon

ワークロードスケジューリングが、リソースの使用率を改善させつつ、ニーズに従ってコンテナを配置

×
icon

サービスの検出と負荷分散が、サービスのIPアドレスを提供し、バックグラウンドで負荷の分散を実行

×
icon

状況のモニタリングと管理がアプリケーションの自己修復と可用性をサポート

×
icon icon

新しいアプリケーションとアップデートのロールアウト/ロールバックを業務の中断なしに実施し、ダウン ...

Read More

icon icon

アプリケーションのスケールアップとスケールダウンにより、負荷の変化に対応...

Read More

icon

ワークロードスケジューリングが、リソースの使用率を改善させつつ、ニーズに従ってコンテナを配置

×
icon

サービスの検出と負荷分散が、サービスのIPアドレスを提供し、バックグラウンドで負荷の分散を実行

×
icon

状況のモニタリングと管理がアプリケーションの自己修復と可用性をサポート

×
icon

新しいアプリケーションとアップデートのロールアウト/ロールバックを業務の中断なしに実施し、ダウン タイムなしに頻繁な変更が可能

×
icon

アプリケーションのスケールアップとスケールダウンにより、負荷の変化に対応

×
icon

ワークロードスケジューリングが、リソースの使用率を改善させつつ、ニーズに従ってコンテナを配置

icon

サービスの検出と負荷分散が、サービスのIPアドレスを提供し、バックグラウンドで負荷の分散を実行

icon

状況のモニタリングと管理がアプリケーションの自己修復と可用性をサポート

icon

新しいアプリケーションとアップデートのロールアウト/ロールバックを業務の中断なしに実施し、ダウン タイムなしに頻繁な変更が可能

icon

アプリケーションのスケールアップとスケールダウンにより、負荷の変化に対応

最新のリリースで新機能をご確認ください

Reference Architecture

さらに、SUSE CaaS Platformは、起動の高速化と、本番環境の効率的な管理に必要な機能をすべて備え、プラットフォームオペレーターの業務を簡素化します。利点:

  • CaaS PlatformパートナーとKubernetesコミュニティ向けにSUSE Readyが提供するツールおよびサービスへのアクセス、およびSUSE Linuxコンテナベースイメージといったアプリケーションエコシステムサポート
  • 高度なデータセンター統合機能により、新規または既存のインフラストラクチャ、システム、およびプロセスにKubernetesを追加可能
  • 用途別コンテナホストOS、コンテナランタイム、およびコンテナイメージレジストリを備えた完全なコンテナ実行環境
  • スタック全体にわたって実装されたエンドツーエンドセキュリティ
  • 高度なプラットフォーム管理により、プラットフォームのインストール、構成、再構成、モニタリング、保守、アップデート、復旧作業を簡素化
  • 包括的な相互運用性テスト、数千のプラットフォームのサポート、ワールドクラスの保守およびテクニカルサポートを含むエンタープライズハードニング

システム要件

最小システム要件

SUSE CaaS Platformは、複数のコンテナをワークロードとしてホストするためのサーバーノードのクラスターとしてデプロイされます。したがって、各ノードはCaaS Platformソフトウェアを実行するための最小要件を満たす必要があり、また、ノード上で同時実行するコンテナの追加メモリおよびディスク要件も満たす必要があります。

SUSE CaaS Platformクラスターの各物理サーバーは、少なくとも以下のシステム要件を満たす必要があります。

  • プロセッサ:AMD64/Intel EM64Tプロセッサのいずれか
    クアッドコアプロセッサ推奨。32-bitプロセッサはサポートされていません
  • メモリ:マスターノードあたり4GBの物理RAM、ワーカーノードあたり2GB
    追加メモリ要件はノード上で実行されるコンテナによって決まります
  • ディスク:ノードあたり50 GBの空きディスク容量
    追加ディスク容量要件はノード上で実行するコンテナイメージの数とサイズによって決まります

対応環境

SUSE CaaS Platformは、ベアメタルサーバーとプライベートクラウドのインフラストラクチャリソースで実行できます。

  • ベアメタル:サポート対象ハードウェアプラットフォームの最新リストはこちら
    SUSE CaaS Platformは、SUSE Linux Enterprise Server (SLES)で動作します。つまり、SUSE認定ハードウェアプラットフォームと同一の組み合わせであれば、SUSE CaaS PlatformとSLEも必ずサポートされます。
  • プライベート VMware vSphere/ESXi
    パブリッククラウドインフラストラクチャのサポートを近日追加予定です。