Cloud Foundry

SUSE Cloud Application Platformは、クラウドのスケールとスピードでアプリケーションを提供する、ターンキーアプリケーションプラットフォームであるCloud Foundry Application Runtimeの認定ディストリビューションです。Cloud Foundryは、SUSE Cloud Application Platformの必須コンポーネントです。Cloud FoundryKubernetesのテクノロジーを統合して新たな相乗効果を生み出すSUSE Cloud Application Platformを導入することで、企業の開発チーム、IT運用チーム、DevOpsチームは、アプリケーションデリバリーの変革を加速し、ビジネスのアジリティを向上させることができます。

Cloud Foundryでゲームに先手を打つ

Cloud Foundry

近年ではほとんどの企業が、コンテナを活用してアプリケーションデリバリーの簡素化とサイクル時間の短縮を実現しています。その企業の多くは、Kubernetesなどのコンテナオーケストレーションプラットフォームにより、コンテナのデプロイメント、運用、継続的管理の自動化に着手しています。これまでに得られたメリットは目覚しいものでしたが、多くの企業にとって、今後取るべき道筋についてはまだ手探り状態です。なぜなら企業は、今後実現するテクノロジーと歩調を合わせてプロセス、アーキテクチャ、組織を進化させ、業務の変革を実現していく必要性に迫られていることを、身をもって実感しているからです。

Cloud Foundryは、コンテナテクノロジーのアドホック利用から、最新のコンテナベースアプリケーションのファクトリースケールの本番環境への移行を可能にするシステマチックなアプローチを提供し、企業が重要な成長フェーズを乗り切ることを支援します。Cloud Foundryは、アプリケーションライフサイクルにおいて付加価値の低い業務は自動化し、ベストプラクティスの設計パターンと実装プロセスを採用しています。これにより、開発者の生産性とアプリケーションの品質が劇的に改善します。Cloud Foundryは、これらのパターンとプロセスを多数のチームや組織間で共有することを可能にし、大規模なプロダクションの実現に一貫性を提供して、効率性を向上します。Cloud Foundryを採用した企業は、最終的に、統制の取れた形でより多くのアプリケーションをより早く提供することができます。

Cloud Foundryの具体的な特長

Cloud Foundryでは、効率化および自動化されたアプリケーションライフサイクル管理により、ローアプリケーションのコードを取得し、cf pushコマンドのみで、自動管理されたアプリケーションのコンテナ化とデプロイを完了します。

ライフサイクル管理
  • コンテナレベルの詳細を抽象化:Cloud Foundryでは、コンテナイメージの構築や維持が不要です。コンテナイメージの構築、配布、管理は手動で行うこともできますが、Cloud Foundryに任せることで時間を節約できます。Cloud Foundryは、アプリケーションで必要となる言語ライブラリやその他の依存関係を自動的に特定して引用し、ユーザーのアプリケーションコードを追加し、アセンブリが完了した構成済みアプリケーションを本番環境グレードのSUSE Linux Enterpriseコンテナにデプロイします。
プル型依存関係の特定
  • 課題点を切り分ける: コード、言語、OSレベルの課題点を切り分けるという構造的アプローチを使用することで、Cloud Foundryでのアプリケーションコンテナの維持は時間経過と共に次第に容易になります。OSのアップデートと言語ライブラリの更新を運用チームに任せ、開発者はアプリケーションコードのメンテナンスに注力できます。これらの変更はいずれも独立して適用でき、同一の依存関係を共有するその他のコンテナにも変更内容が自動的に反映されるため、更新ごとにかかる時間をさらに節約できます。
  • ジャストインタイムのコンテナを構築:Cloud Foundryでは、コンテナの構築とアクションの実行を単一のデプロイメントステップに統合しています。注意して管理しないと期限切れになってしまう事前設定コンテナイメージに依存しません。Cloud Foundryでは、コンテナが自動的に最新の状態に更新されます。古いイメージを溜めることがなくなります。
  • ブローカーによるサードパーティサービスとの接続:組込みのサービスブローカーにより、Cloud Foundryのアプリケーションをサードパーティサービスに簡単に接続できます。また、ユーザーの任意のカスタムブローカーをサポートするため、柔軟性も確保されています。サービスブローカーにより、データおよびアプリケーションサービスに容易にアクセスでき、簡単なコマンドでサービスを作成してアプリケーションにバインドすることができます。Cloud Foundryは、ユーザーのコードに必要なサービスのインスタンスを作成し、コンテナからネットワークへの接続を設定し、アプリケーションに資格情報を提供します。
  • アプリケーションのライフサイクル管理を自動化:Cloud Foundryは、アプリケーションのライフサイクル全体の運用管理も自動化します。Cloud Foundryは、アプリケーションのコンテナを適切なリソースに自動的に配置し、コンテナのネットワーク接続と必要なルーティングを管理し、負荷分散とスケーリングに対応し、組込みのヘルスモニタリングとロギングを提供し、アプリケーションのローリングアップデートをサポートするほかさまざまな処理に対応しており、これらはすべて、cf pushコマンドだけで実行できます。

Cloud Foundryは、プラットフォームと、そのプラットフォームでホスティングされているアプリケーションとサービスへの安全なアクセスに不可欠な制御機能も提供します。Cloud Foundryは企業向けに設計されているため、アイデンティティ管理システムと統合し、詳細な役割ベースのアクセス制御に基づいてユーザーと組織を管理するように設定できます。

SUSEの特長:Cloud FoundryとKubernetesを企業向けに統合する

チェック

コンテナ
で動作

チェック


Kubernetesで動作

チェック

100%オープン
ソースのソフトウェア

チェック

実績のある
エンタープライズグレードのLinux上に構築

Kubernetesで動作するCloud Foundry Application Runtimeに特化することで、SUSE Cloud Application Platformは、急速にデファクトスタンダード化しつつある最新のコンテナインフラストラクチャに、Cloud Foundryモデルの高い生産性をもたらします。認定済みCloud Foundryソフトウェア製品の1つであり、SUSE Enterpriseサポートが付属し、かつ100%のオープンソースとして配布される唯一のソフトウェアです。本番環境グレードのアプリケーションデリバリーの変革を可能にするエンジニアリング主導のアプローチを追求する企業に、現実的なソリューションを提供します。

SUSE Cloud Application Platformは、他のどのCloud Foundryとも違い、仮想マシンではなくコンテナで動作するため、無駄がなく、より迅速な復元と拡張が可能です。Kubernetes上で動作するため、Kubernetesユーザーに、Cloud Foundryの強力な自動化機能をスムーズに利用する道を開きます。実績のある、エンタープライズグレードのLinux上に構築された唯一のCloud FoundryディストリビューションであるSUSE Cloud Application Platformが、現代企業が本番環境に求める要件を満たす唯一のCloud Foundryです。

認定済みのCloud Foundryでベンダーロックインを回避

2018年Cloud Foundry認定済み

SUSE Cloud Application Platformは、Cloud Foundry Application Runtimeディストリビューションの準拠について、Cloud Foundry Foundationから認定を受けています。この認定は、すべてのCloud Foundry製品でAPIと機能が整合していることを保証するものです。つまり、SUSE Cloud Application Platformで動作するように構築したアプリケーションは、その他の認定製品でも動作します(その逆の場合も同様です)。

デメリットなしに、生産性の向上というメリットを得られます。SUSE Cloud Application PlatformとCloud Foundryをぜひお試しください。