ホワイトペーパー

『The Future of the SAP Data Center is Linux (SAPデータセンターの未来はLinux)』

詳細はこちら

『Drive Digital Transformation (デジタル変革の促進)』

Gartner社ニュースレター

今すぐ読む

IDC社アナリストのホワイトペー⁠パ⁠ー

『A Move to HANA Means a Move to Linux—But Not All Linux is Created Equal (HANAへの移行はLinuxへの移行—ただし、すべてのLinuxが等しく作られているわけではない)』

詳細はこちら

SAP S/4HANAはデジタル変革への最適な選択

SAP S/4HANAは、SAP HANAを基盤として構築されたSAPの次世代ビジネススイートであり、社内運用型環境とクラウド環境の両方に導入が可能です。SAPは、SAPアプリケーションのLinuxおよびクラウドへの移行と、顧客企業を真のデジタル企業へと変革する支援に重点を置いたデジタル変革に取り組んでいます。

SUSE Linux Enterprise ServerはSAP HANA向けに推奨、サポートされているOSです。このプラットフォームを用いることで、組織はビジネスとその周辺で起こっているあらゆるものをリアルタイムで吸収できます。SUSE Linux Enterpriseで稼働するSAP HANAは、SAP S/4HANA向けのデジタルプラットフォームを提供し、SAPユーザが真のデジタル企業になるために必要とするセキュアで安定性と柔軟性に優れたプラットフォームとして機能します。

後援メンバー

SAP S/4HANA導入に向けた⁠準⁠備
SUSEで稼働するSAP S/4HANA
社内運用かクラウ⁠ド⁠か⁠?
信頼性、可用性、スケーラビリティ(RAS)
SAP S/4HANA導入に向けた⁠準⁠備

Linuxで稼働するSAP S/4HANA

SAPデータセンターの未来を一言で表すなら「シンプル」です。SAP S/4HANAはLinuxでのみ稼働するため、次世代サービスの革新と提供に極めて大きな可能性が生まれます。

クラウドコンピューティング、デジタルビジネス、分析、およびモビリティを組み合わせると、新しい技術要件が発生し、新たなビジネスモデルが推進されます。SAPシステムは分離環境として存在する必要がなくなります。SAPユーザは自社の未来のロードマップにクラウドコンピューティングを組み込み、未来の新技術に向けてインフラを整える必要があります。

SUSEはSAPアプリケーションの社内運用向けにもクラウド運用向けにも最新のLinuxディストリビューションを提供しているため、未来のSAP S/4HANAデータセンターに向けて今日から準備を開始できます。

SUSEで稼働するSAP S/4HANA

迅速に価値を生み出すSAP S/4HANAとSUSE

SAP S/4HANAはミッションクリティカルなアプリケーションを1つのOS、1つのデータベース、そして1つのユーザインタフェースの効率化されたインフラで提供することで、「シンプルな運用」を支援します。

効率化されたITによって時間とコストの削減が可能な上、チームはメンテナンスよりもサービスの提供に重点を置くことができます。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP ApplicationsはSAP環境向けに多様なサーバプラットフォームをサポートしており、既存システムの置換ではなく移行というオプションを提供します。Linuxで稼働するS/4HANAにSAPアプリケーションを容易にマイグレートするためのツールが用意されているので、SAP環境の導入を自動化できます。この結果、維持管理総経費を削減し、ビジネスとIT戦略の実行における完全な柔軟性を手に入れることが可能です。

社内運用かクラウ⁠ド⁠か⁠?

ビジネスに最適なSAP S/4HANA環境を⁠選⁠択

SAP S/4HANAは社内運用環境とクラウド環境のいずれにも導入可能です。しかし、自社のビジネスに適している環境を判断するにはどうすればよいのでしょうか?

より高い俊敏性とビジネスの成長に対応する拡張性を備えたインフラをお探しなら、パブリッククラウドまたはプライベートクラウドの導入を検討すべきです。

一方、システムを社内に置くことでビジネスニーズに応じて適切に制御およびカスタマイズしたい場合は、社内運用環境での導入が適しているかもしれません。

SUSEはSAPアプリケーションの社内運用向けにもクラウド運用向けにも最新のLinuxディストリビューションを提供しているため、未来のSAP S/4HANAデータセンターに向けて今日から準備を開始できます。

信頼性、可用性、スケーラビリティ(RAS)

SAP S/4HANAとSUSEでアップタイムと効率を⁠改⁠善

エンタープライズレベルの信頼性、可用性、スケーラビリティ(RAS)を備えた基盤OSで、アップタイム、管理性、セキュリティを実現したSAP S/4HANAを運用することで、次のことが可能になります。

  • アップタイムを確約するSUSE対応の高可用性SAP環境を定義
  • ビジネスの成長とともに拡張可能なインフラを構築
  • ミッションクリティカルなSAPアプリケーションの導入時間を短縮し、市場投入を早期化
  • SAPシステムとデータへのセキュアなアクセス
  • ルーチンシステム管理に要する時間と手間を排除

SUSE Linux Enterprise Server for SAP ApplicationsはSAP HANAで推奨、サポートされている最適なOSであり、現在95%以上のSAP HANAインストール環境で実行されています。