データの爆発的急増に備える
富士通とSUSEが提案する最適なデータ管理とは

変化するニーズに合わせて、コスト効率の高い拡張性に優れた ストレージ・インフラストラクチャへの変革でDXを実現しましょう

最適なデータ管理のあり方とは?
富士通のSUSE Enterprise Storage
ソリューション

DX時代に求められるハイブリッドなインフラを実現するために根本的な刷新を求められているストレージ。データ管理を見直し、ソフトウエアデファインドストレージによる統合管理への動きが加速しています。国内最大手ストレージベンダー富士通がSUSEを採用してグローバルに展開している取り組みとは?

詳しくはTechRepublic 掲載記事で!>

導入事例:エアフルト大学(ドイツ)
富士通・SUSEが実現したシンプルで柔軟なストレージインフラストラクチャ

エアフルト大学は、同学が所有する豊富な書籍、刊行物、手書き原稿からなる豊富なライブラリを学生、研究者、一般向けに提供するために、これらの所蔵物をデジタル化してオンラインで公開する取り組みを開始しました。大量のデータを保管して保護できる強固かつ安全でスケーラブルなプラットフォームを提供するため、同学は入札で SUSE と 富 士 通 を 選 び、SUSE Enterprise Storage を基盤とした低コストの ソフトウェアデファインドストレージ ソリューションを導入しました。

ビデオはこちら 導入事例はこちら

最適なデータ管理のためのヒント

アナリストペーパー

急速に増加するデータの効率的な管理を実現するSUSE Enterprise Storage

ソリューションハンドアウト

SUSE と富士通が実現するストレージ の究極の柔軟性とスケーラビリティ

ホワイトペーパー

ストレージを制限なく拡張できる堅牢かつ柔軟なプラットフォーム

導入事例~バレンシア大学

テラバイト規模のデータを管理するために必要な柔軟性と拡張性を実現するとともに、将来のデータ量の急激な増加に対応できるという確信を得ました

SUSE Blog

富士通とSUSEのストレージソリューションや協業について

富士通のストレージ

クラウド時代に最適なストレージとは?