自動化されたプロビジョニング、パッチ適用、設定で運用を最適化

人工知能と機械学習がすべてを変えつつあります。オンラインまたは店舗での小売業者とのパーソナライズされたやり取りや、自立走行車といった新しいワークロードが、すべての人に影響を与えています。しかし、最も困難な課題を抱えているのはITです。インフラストラクチャの変革は続いています。IT資産は、IoTデバイスから、データセンター、クラウド、その他の周辺環境で稼働するサーバーおよびワークステーションまでわたり、IT資産の拡大とともにインフラストラクチャも拡大しています。さらに、新しいワークロードがコンテナやVM、またはサーバーに直接デプロイされることも、インフラストラクチャの管理を難しくしています。さらに多様化するSoftware-Defined Infrastructure (SDI)と新しいアプリケーションデリバリーモデルにより、IT環境の管理はかつてないほど困難になっています。どのようにすれば、そのような複雑な環境のすべてを管理しながら、ITの効率を向上させることができるのでしょうか。

答えは簡単です。SUSE Infrastructure Managementソリューションです。周辺環境からコア、そしてクラウドまでのITインフラストラクチャを管理するために必要なものがすべて揃っています。次のような作業に役立ちます。

  • Linuxシステムの導入方法や場所に関わらず、単一のLinuxシステム管理ツールで複雑な環境を管理
  • 自動化されたプロビジョニング、パッチ適用、設定で運用を最適化
  • システムにおけるセキュリティポリシーの遵守を保証

SUSEのエンタープライズ向けソリューションは、オープンソーステクノロジーによって構築されています。さらに、経験豊富で常時対応可能な、親身なSUSEサポートによって支えられています。

SUSE Managerのご紹介