ビジネスの拡大に応じて、管理上の責任を負い、迅速に進化するイノベーションに後れを取るまいとするITチームに大きな負担がかかることがあります。SUSEのIT管理システムにより、管理を一元化し、イノベーションを簡略化し、お決まりの保守タスクを自動化することで、複雑性の緩和と効率の向上が実現するため、チームはビジネスの推進に注力することができます。

効率と生産性の向上

サーバのアップデート、パッチ適用、構成をすべて手作業で行っていては、生産性の高い作業に費やす時間がなくなってしまいます。SUSE ManagerSUSE Studioでこれらのシステムを自動化すれば、生産性は即座に向上します。実際のところ、これらは生産性を高める一方で運営コストを削減するための方法の一例に過ぎません。

管理の一元化

SUSE Linux Enterpriseで、複数のサーバとシステムを管理できます。相互運用性が必要な 複数のオペレーティングシステムを実行している場合も、SUSE Linux Enterpriseを 別のLinux環境から移行する場合も、SUSEはシステムを 必要な期間だけ統合するための管理とサポートを提供します。

イノベーションの簡略化

SUSEにより、ポータブルおよびクラウド対応のアプリケーションを容易に構築および管理できます。SUSE Studioにはオンラインバージョンとオンサイトバージョンがあります。どちらのバージョンでも、SUSE Linux Enterprise Serverをベースにして独自のアプリケーションイメージまたはアプライアンスを構築できます。

SUSE ManagerでITを簡単管理

データセンターの急速な発達は、新たなチャンスを限りなく生み出しています。しかし、こうした新たなチャンスには、モニタリングや管理をどうするかという、数多くの新たな課題が伴います。最新のForrester調査によると、IT予算の70%が既存環境の維持のためだけに使われているとのことです。