数日かかっていたサーバーの新規立ち上げが、仮想化によって、数分で完了するようになりました。さらに現在では、コンテナを利用することで、わずか数秒で完了するようになったのです。

Linuxコンテナテクノロジーは、高効率および低オーバーヘッドでOSレベルの仮想化を実現します。また、Linuxディストリビューションがサポートするその他の仮想化テクノロジーともスムーズに連動します。

「重複を排除することによって、サーバーだけでなく、その他のリソースも解放できます。企業の ITにコンテナを導入する主な理由は、オーバーヘッドの削減と効率性の向上です」(出典:451 Research)

Containers: economically, they appear to be a better option than hardware virtualization.(出典:451 Research)

アジャイル
セキュア、スケーラブル
アジャイル

コンテナにより、アジャイル開発環境を実現し、ビジネスアプリケーションを複数のクラウド環境および非クラウド環境に迅速かつ信頼性の高い方法で提供できます。しかも、こうした複雑なアーキテクチャの環境設定と管理を高度に自動化できます。

アジャイル環境には、コンテナアプリケーションの動的なニーズに対応できるプラットフォームが必要です。Linuxコンテナ(LXC)、 DockerオープンソースソフトウェアKubernetesなどの各種コンテナテクノロジー向けに調整されたOSが出発点となります。


セキュア、スケーラブル

コンテナテクノロジーそのものに加え、コンテナを実行、作成、保守するためのツールセットも必要です。これらのツールにより、「コンテナライフサイクル」が形成され、運用効率が向上し、コンテナ分野のイノベーションを簡単かつ最大限に活用できます。通常、次のものが必要になります。

  • 信頼できる構築済みのコンテナイメージ
  • 認証機能を備えたオンプレミスレジストリ
  • コンプライアンス要件を満たし、監査を実施し、コンテナイメージ(実行中のコンテナを含む)のインスペクションを行う機能
  • 大規模コンテナの管理