Vmwareと最適に連携するLinuxをデータセンターで活用。

どのLinuxを選択するかは、アプリケーションのパフォーマンス、ユーザビリティ、可用性に影響します。

10年間以上にわたって、SUSEとVMwareは、データセンター(およびクラウド)を効率的に稼働させ続けるための相互運用可能なソリューションを提供し、共同でサポートしてきました。

SUSE Linux Enterprise Server for VMwareをお使いの場合は、今すぐアップグレードされたSUSE Linux Enterprise Serverサブスクリプションに更新して、保守契約を最新のものにしてください。

パフォーマンスと可用性の最大化
SAP HANA展開の最適化
 OpenStackとNSXで拡張 
パフォーマンスと可用性の最大化

最高のVMwareソリューション。

SUSE Linux Enterprise Serverには、open-vm-toolsが付属しており、VMwareドライバが内蔵されています。これによって、ツールを個別にインストールする必要がなくなり、特別な設定をしなくてもVMwareインフラに仮想マシンを効率的に展開することができます。

SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、vSphere上の仮想マシンで実行されているワークロードとデータに対処でき、VMware HAと組み合わせると、仮想環境でのアップタイムを改善できます。

SAP HANA展開の最適化

SAPをVMwareプラットフォームで実行して簡素化を実現。

SAPをVMwareプラットフォームで実行することで、お客様がミッションクリティカルなエンタープライズ環境に必要とする簡素化、効率、俊敏性を実現できます。SUSE Linux Enterpriseは、Linuxで実行されるSAPソリューションの主要プラットフォームであり、SAP HANAに最適なOSとしても推奨およびサポートされています。

SAP HANAをvSphere 5.5上で運用できるようになりました。これにより、SAP HANAのインメモリプラットフォームの機能とVMware vSphere、さらにはSUSE Linux Enterprise Server for SAPを組み合わせて、運用環境の価値の実現を早期化し、サービスレベルを向上させるとともに、TCOを削減できます。

 OpenStackとNSXで拡張 

IT予算を最大限に活用。

ネットワークの設定と管理は、OpenStackプライベートクラウド展開におけるさまざまな難しい側面の1つです。

SUSE OpenStack Cloudと、VMware NSX仮想化プラットフォームの統合サポートを組み合わせると、マルチハイパーバイザの要件を持つお客様が、Software-Definedデータセンターの可能性を完全に引き出し、仮想ネットワークを必要に応じて作成、保存、削除、復元できるようになります。しかも、物理ネットワークを再設定する必要はありません。