SAP HANAデータベースは、高パフォーマンスを実現するためにデータをメモリ内に保持していますが、エラー発生時のフォールバックの実行に備えて永続記憶装置も使用しています。たとえば、電源に障害が発生した場合、ディスクベースのデータベースと同様、データベースが再起動され、作業が継続されます。ハードウェアの障害や論理障害からデータを保護するためには、バックアップが必須となります。

長期的なパートナーシップを維持しているSAP、SUSE、およびSEPは、業界をリードするITインフラおよびアプリケーション技術を統合し、SAP HANA環境向けに包括的なデータ保護を提供しています。

高い拡張性と信頼性を備えたバックアップおよびリカバリソリューションのSEP sesam Hybrid Backupは、SAP HANAおよびSUSE Linux Enterprise Server (SLES®) 向けのコスト効率に優れた認定ソリューションであり、SAP HANAをサポートする推奨OSです。

このホワイトペーパーでは、SUSE Linux Enterprise Serverで稼働するSAP HANAのバックアップにSEP sesamを使用する利点について説明しています。