SUSEは、Linux OSのITセキュリティに関して長年の経験を有し、SUSE Linux Enterprise Serverをあらゆる種類のセキュリティインシデントから保護するための包括的なセキュリティパッケージを提供しています。

HANAデータベースのセキュリティと同等以上に重要となるのが、基盤となるOSのセキュリティです。ハッカーの多くは、データベースそのものではなく、OSをターゲットとして攻撃を仕掛けてきます。OSにアクセスし、必要な権限を獲得できれば、ハッカーはそのOS上で実行されているデータベースアプリケーションを攻撃することが可能になります。

SUSEのセールスエンジニアでありSAPチャンピオンのCameron Seaderが、SAP HANAデータベースが実行されているSUSE Linux Enterprise Serverのセキュリティ強化について、SUSEが開発したこの専用ガイドを使ってご説明します。