成功事例

SAPシステムのパフォーマンスを最大で60%改善

詳細情報

ホワイトペーパー

SAPアプリケーションにおける高可用性のベストプラクティス

詳細はこちら

クイックガイド

プライベートクラウドに移行する5つの理由

詳細情報

Gartner社ニュースレター

SUSEソリューションを使用したデジタル変革の促進

詳細はこちら

Linux上のSAPソリューションを最大限⁠に⁠活⁠用

多額のコストを投入したり、複雑なビジネス継続性ソリューションに大きな投資をしたりせずに、ビジネスに必要なレベルのアップタイムとパフォーマンスを手に入れるにはどうすればよいでしょうか。数万ものSAPとSAP HANAのお客様にとって、その答えはSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsです。これは、Linuxで実行されるSAPソリューションの主要なプラットフォームであり、SAP HANAに最適なOSとして推奨されサポートされています。

言葉をそのまま受け止めずに、 SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsで実在の企業が実現している成果を見てみま⁠し⁠ょ⁠う⁠。

パフォーマンスの向上
ダウンタイムの削減
クラウドへの導入
パフォーマンスの向上

価値を実現する時間⁠の⁠短⁠縮

パフォーマンスと拡張性は、ミッションクリティカルなアプリケーションの基本要件です。本番環境のシステムにおけるパフォーマンスの問題は、生産性と顧客満足度の低下につながりかねません。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、CPUとメモリの負荷が高い状態でも、常に極めて高いアップタイムとパフォーマンスを実現することを実証しています。ページキャッシュ制限やインストールウィザードなどの機能で、これが可能にな⁠り⁠ま⁠す⁠。

ダウンタイムの削減

ビジネスの継続性を確保し、重要な業務⁠を⁠保⁠護

SAPワークロードは、SAPサービスの最高水準の可用性に対応する必要がありますか。ミッションクリティカルなSAPワークロードには、信頼性の高い基盤を選択してください。SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsには、以下の高可用性コンポーネントが搭載されています。これらのコンポーネントは、物理および仮想のLinux導入のための統合クラスタリングソリューションを提供するので、可用性の高いLinuxクラスタを作成して、SPOF (single point of failure)を排除で⁠き⁠ま⁠す⁠。

  • ビルトインクラスタリングソリューション
  • SAP HANAリソースエージェント
  • 完全なシステムのロールバック

SUSE Linux Enterprise Live Patching Extensionは、セキュリティ修正によるダウンタイムを削減するためのオプション機⁠能⁠で⁠す⁠。

クラウドへの導入

ビジネスニーズを満たすための機敏性⁠を⁠提⁠供

投資を行う際には、早期に価値を実現すると同時に、将来的に生じる問題からその投資を保護したいものです。クラウドコンピューティングは急速に成長しており、ビジネス環境の変化に対応するには、より機敏なクラウドシステムが最適だと考えられています。SUSE Linux Enterprise for SAP Applicationsは、SUSE Linux Enterpriseを基盤としています。これは、以下のような理由からクラウドで実証済みのLinuxプラットフォームです。

  • SAP HANA Enterprise Cloud、SAP HANA One、SAP HANA Cloud Platform、SAP認定Amazon EC2インスタンスなどのSAPクラウドソリューションと併用可能
  • VMware社、マイクロソフト、Amazon EC2社などの仮想化およびクラウド市場をリードする企業との強力な関係
  • 世界中のクラウドプロバイダの広範なエコシステム
  • 企業向けのOpenStackベースのクラウドインフラとサービス