SAP S/4 HANAへのマイグレーションをお考えですか? SUSEがお手伝いいたします。

SAP社より、WindowsおよびUNIX向けSAP Business Suiteのサポートが2025年までとなることが公式に発表されました。このため、既存のユーザーは、Linuxベースのプラットフォームへマイグレーションする必要があります。インフラの移行には時間がかかり、慎重なプラニングが必要となります。良いニュースもあります。SUSEは、貴社が最小限のリスクと複雑さで移行を完了できるよう支援いたします。

飛躍する前に実施すべきステップは、次のようになります。

  1. 貴社のビジネスに最適な移行のパスを選びます。何から着手すればよいか不明な場合は、貴社に最善の意思決定ができるよう、SUSEがオプションをご提供します。
  2. 貴社チームのスキルセットを慎重に評価します。Linuxへのマイグレーションに必要となる適切なトレーニングとピープルスキルは備わっていますか?
  3. Linuxはパワフルです。オープン/スケーラブルなインフラを利用するメリットを十分に検討されることをお勧めいたします。潜在的な最適化と効率性向上のチャンスを検討することで、貴社のプロジェクトのROIが向上します。
  4. 組織のリスク分析を実行します。前もってこのステップを実施することで、ビジネスオーナーが情報を得た上での意思決定を行う時間を長くとることができます。

Linuxへの移行は必ずしも複雑ではありません。Transitioning to SAP S/4HANA?をご覧ください。

ForresterによるITインフラストラクチャ変革の課題の検討をお聞きください­­

ビデオ

Play

Digital Transformation and Your SAP Infrastructure

Play

Choose SUSE Solutions to Transition to SAP S/4HANA